【6/30 ポートFC戦】Match Review

《思わぬ形で失点も、途中出場の坂元達裕が同点ゴール。勝点1を獲得し、首位の座はキープ》


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2021-06-30/


連勝で迎えたAFCチャンピオンズリーグ・グループJ第3節のポートFC戦。中2日での3連戦目とあって、第2節の傑志戦から先発10人を入れ替えたレヴィー クルピ監督。「フィジカル的なことも考えながら、選手たちのパフォーマンスを最大限に引き出すという意味で、今日の先発メンバーを選びました」と試合後に起用の意図を明かしたが、セレッソ大阪加入後初出場となった鳥海晃司らフレッシュなメンバーがピッチに並んだ。


そうした選手たちの気持ちが表れるように、勢いよく試合に入ったのはセレッソ。開始早々、左サイドで為田大貴のパスに抜け出した小池裕太がクロス。DFのクリアを拾った松本泰志が思い切りよくシュートを放った。その後はポートFCにボールを握られる時間もあったが、すぐに主導権を奪い返すと、19分に決定機。藤田直之のパスに抜け出した加藤陸次樹がGKと1対1を迎えたが、コースを狙ったシュートは枠を外れた。23分にも大久保嘉人が遠めからミドルシュートを狙ってゴールに迫ると、29分にも決定機。中島元彦の鋭いクロスが逆サイドへ流れ、左サイドの小池が再びクロス。飛び込んだ喜田陽のヘディングはDFに防がれたが、そのこぼれ球に反応した加藤がシュート。ただし、ここは惜しくもクロスバーを直撃した。


セレッソがチャンスを仕留め切れずにいると、前半の終盤はポートFCの反撃を受ける。クロスからのヘディングなどいくつか危ない場面はあったが、何とか無失点で終えようとした前半アディショナルタイム。試合は思わぬ形で動いた。ポートFCのパコーン プレムパックが遠めから前線目掛けて蹴ったロングフィードがゴール手前で高くバウンド。すると、前に出てきたGK松井謙弥の頭上を越えて、そのままゴールイン。セレッソとしては悔やまれる形で前半を折り返すことになった。


後半、レヴィー クルピ監督は為田に代えて高木俊幸、西尾隆矢に代えて瀬古歩夢を投入。左サイドの高木、右サイドの中島とサイドを起点にゴールへ迫るが、クロスははね返され、シュートまで持ち込めない。停滞する状況を変えるべく、67分、指揮官はさらに動く。大久保に代えて清武弘嗣、中島に代えて坂元達裕と主力をピッチへ送り、布陣も[4-2-3-1]にシフトした。すると、この交代策がズバリ的中。79分、右サイドで藤田直之のパスを受けた坂元が清武へパスを付けて前へ出ると、清武がヒールでリターンパス。ゴール前に進入した坂元が左足を振り抜くと、このシュートがGKの手をはじいてゴールに吸い込まれ、セレッソが同点に追いついた。


その後は、同点ゴールが決まる前に頭を強く打ってピッチの外に出ていた鳥海が交代に。奥埜博亮がボランチに入り、松本がCBへ下がった。そうしたアクシデントこそあったが、最後まで逆転目指して戦ったセレッソは、90分にビッグチャンス。清武のFKに瀬古がDFのマークを外して飛び込んだが、あと一歩、届かず。最後はポートFCの攻撃も受けたセレッソだが、失点はまぬがれ、1-1で試合は終了。グループステージ開幕3連勝こそならなかったが、勝点1を獲得し、グループ首位の座はキープした。


AFCチャンピオンズリーグ2021 グループステージ(グループJ)第3節 ポートFC(タイ) AFCチャンピオンズリーグ2021 グループステージ(グループJ)第3節