トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染症の陽性診断について

4月21日(水)、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けましたのでお知らせいたします。

■トップチーム選手1名の経過、症状
4/20(火)に検体採取したPCR検査で4/21(水)の朝に陽性判定を受け、同日に病院にて陽性診断を受けました。当該選手は4/19(月) の夕方より発熱の症状がありましたが、昨日の朝以降発熱の症状は確認されておりません。現在、当該選手は自宅で静養し体調回復に努めています。

4/15(木) チーム活動参加(体温36.5℃) ※PCR検査(Jリーグ公式検査)→4/19陰性判定
4/16(金) OFF(体温36.4℃)
4/17(土) チーム活動参加(体温36.5℃)
4/18(日) J1リーグホームゲーム浦和戦メンバー外(体温 36.5℃)
4/19(月) チーム活動参加(体温:朝/36.5℃、夕方/37.1℃、夜/39.0℃) 
4/20(火) 自宅待機(体温38.5℃) ※PCR検査→4/21陽性判定
4/21(水) 自宅待機(体温36.6℃)

■判明後の対応
4/21(水)は午前にトップチーム全選手及びチーム関係者を対象にPCR検査を実施し、予定していた練習は中止、各自自宅待機としました。なお、実施したPCR検査については同日夕方に全員陰性であることの確認がとれたこと、およびJリーグのガイドラインで定められた基準により濃厚接触疑い者はなしと判断したことから、本日4/22(木)はチーム活動を実施しています。

当クラブとしましては、引き続き、感染対策の徹底をはかって参ります。