【3/6 FC東京戦】Match Preview

≪昨季のルヴァンカップ王者との対峙。カウンターに警戒し、主導権を握って勝利を目指す≫


AFCチャンピオンズリーグ出場による前倒し開催として行われた明治安田生命J1第11節・川崎フロンターレ戦から中2日。再びアウェイ戦となる今節、セレッソ大阪は、FC東京のホームに乗り込み、J1第2節に挑む。

連勝を目指して臨んだ川崎戦は、開始早々、大久保嘉人のミドルシュートで先制するも、直後に同点に追いつかれた。その後、再び大久保のゴールで勝ち越しに成功したが、後半に2失点を喫して逆転負け。収穫と課題が見えた一戦となった。開幕戦に続いて複数得点を記録した攻撃は、今季の特長である縦に速い推進力を発揮。後半もカウンターから何度もゴールに迫るなど、鋭さは出せていた。その上で、ボール保持の時間も増やし、ゲームをコントロールしていきたい。

3失点を喫した守備は、全体をコンパクトにうまく守れていた時間帯もあったが、失点場面では、マークの受け渡しやクロス対応で後手を踏んだ。瀬古歩夢と西尾隆矢の若きCBコンビも、リーグ最強クラスの攻撃陣と対峙して得た課題を今後に生かしていきたい。

昨季のリーグ王者から受けた刺激を早速、力に変えていきたい今節だが、今節の相手もチャンピオンチーム。昨季のJリーグYBCルヴァンカップで優勝したFC東京だ。リーグ開幕戦では、新体制の浦和レッズに押し込まれる展開が続いたが、終了間際にセットプレーから同点ゴールをもぎとり、勝点1を得ている。その最大の武器は、長谷川健太監督が「ファストブレイク」と呼ぶカウンター。ディエゴ オリヴェイラ、レアンドロ、アダイウトン、永井謙佑らで構成される3トップの破壊力はリーグ屈指であり、セレッソとしては、彼らを勢いに乗らせない試合の運び方や守備を心がけていきたい。

川崎戦に続き古巣戦となる大久保の開幕3戦連発にも期待が懸かる今節は、チームとしても連敗は避けたい一戦。中2日でのアウェイ連戦ということで、レヴィー クルピ監督のマネジメントも注目される。開幕早々、過酷な日程だが、「選手たちとコミュニケーションを取りながら、全選手にいい準備をしてもらい、力を合わせて乗り越えていきたい」と指揮官は語る。開幕2戦を終えて、監督や選手の気持ちの中には、「もっとできる」という思いが強い。シーズンは始まったばかり。1戦1戦、課題とも向き合いながら、チームの力を高めていきたい。

≪前日コメント≫

■レヴィー クルピ監督

Q:中2日でのアウェイ連戦。選手起用も含めたマネジメントをどう考えていますか?
「シーズンが始まってすぐの連戦なので、キツイ部分もあるかと思います。練習とは違い、公式戦は体力的な負荷や疲れは出てくる。選手たちとコミュニケーションを取りながら、全選手にいい準備をしてもらい、それぞれの試合に臨むことを考えています。試合に出られる選手にとってはチャンス。全選手の力を合わせて乗り越えていきたいと思います」

Q:FC東京の印象について
「日本国民に格差があまりないのと同じで、日本はサッカー界も、チーム間にそれほど格差はないと見ています。その中で、明日の試合も含めて、細かい部分で相手に隙を与えてしまったチームが結果として負ける。細かい部分が結果につながるのではないと思っています」

Q:開幕から2戦3発と好調な大久保嘉人選手について
「開幕2試合で3ゴールを決めたことで、本人も気持ちが乗っていると思います。得点王も狙っているのではいかと思います。選手の頭の中にいいイメージがある時は、痛みや疲れもそれほど感じないのではないかと思っています」

Q:大久保選手は得点王を取れる可能性もあると見ていますか?
「十分あると思います。選手としても、当然ナンバー1になりたい気持ちは持っています。ただ、一番大事なことは、勝利であり、チームの結果。彼はそういうことも意識してプレーしているので、そういう部分も見てもらいたいと思います」

■原川力

Q:開幕から2試合を戦ったことで見えてきた収穫や修正点は?
「川崎戦に関しては、失点の時間帯が悪かった。得点を取った直後と、後半開始すぐ。それが試合を難しくした。前後半の締め方や、試合の始め方は、より意識していきたい。守備では、ブロックを作ったところから、押し返す守備、人に行く守備も必要なので、川崎戦でも、僕のところ、ボランチでもっとボールを奪い切れれば良かった。攻撃に関しては、川崎戦では何もできなかった印象。僕自身、あまりボールに触れなかったので、もっともっとプレーに関わりながら、押し込む時間を作っていきたい」

Q:開幕2試合を終えて、自身のチームへの適応具合は?
「まだまだ。もっとできると思う。ボールに触る回数も少ないので、もっと色んな局面に顔を出して、ボールを付けてもらいながら、ボールを触ったところで違いを出していきたい。守備でも、ボールを奪う回数もまだ少ない。試合を重ねていくうちにコンディションも良くなると思うし、徐々に自分のプレーを出していきたいです」

Q:大久保選手が開幕から2戦3発と好調です。今後、彼がさらに点を取っていくために、ボランチから心がけたいことは?
「前線の選手は、嘉人さんに限らず、キヨ(清武)もタツ(坂元)もボールに触ってリズムを作る選手だと思うので、どんどん(パスを)当てて、うまく使いながら、攻撃のリズムを作っていきたい。そうして試合を運んでいけば、より得点のシーンは増えると思います」

Q:FC東京の特長も踏まえて、今節のポイントは?
「FC東京はカウンターが得意なチーム。前線3人の特長をフルに出してくるので、リスク管理しながらバランスを取って、全体を見ながら、うまく試合を運んでいきたいです。攻守においてセットプレーもカギになると思います」

Q:中2日でのアウェイ連戦になるが?
「僕自身は連戦の方がリズムを作りやすくて好き。試合をどんどんやっていく方が見えてくるモノもあるので、連戦は苦になりません」

2021明治安田生命J1リーグ 第2節 FC東京 2 - 3 2021明治安田生命J1リーグ 第2節