【Match Preview 湘南戦】ここで変えたい流れ。連敗ストップへ、チーム全体で掴み取りたい勝点3

10月唯一の水曜開催となる明治安田生命J1リーグ第22節。セレッソ大阪は、ホーム・ヤンマースタジアム長居に湘南ベルマーレを迎える。

名古屋グランパスとの上位対決となった前節は、前半から拮抗した展開で試合が進んだ中、スコアレスドローで終了かと思われた後半アディショナルタイムに痛恨の失点。前々節、川崎フロンターレに敗れたショックを払拭すべく臨んだ一戦で、勝点1が目の前ですり抜ける、再び悔しい結果を味わった。この試合では、1失点こそ喫したが、安定した守備を披露した一方で、シュート4本に終わった攻撃面では課題も残った。試合後は、「ゴールに向かう部分を修正して、次のゲームに臨みたい」とロティーナ監督も話した。

連敗から脱出すべく、ホームに戻って迎える今節。相手の湘南ベルマーレは、現在5連敗中だが、直近の4試合はいずれも1点差。簡単には屈しない粘り強い戦いを披露している。鹿島アントラーズに川崎F、FC東京といった、セレッソも直近の5試合で対戦し、敗れている相手に対しても、0-1と最少失点でしのいでいるだけに、最下位に沈むとは言え、決して油断できない相手だ。1-0で勝利した第8節での対戦時も、決定機らしい決定機は作られなかった反面、攻撃でチャンスの数は多くなく、坂元達裕が獲得したPKを決めた清武弘嗣のゴールが決勝点となった。


今回の試合でも、相手の長所であるカウンターを発揮させないよう、しっかりと自分たちでボールを握ってゲームをコントロールしつつ、いかに相手のゴールをこじ開けていくか。そのあたりがポイントになりそうだ。両サイドハーフが起点となり、2トップも絡めた攻撃を繰り出しつつ、チャンスの場面ではチーム全体が押し上げ、相手に圧力を与えていきたい。

現在、首位を走る川崎Fを除く上位陣は拮抗した状態にある。セレッソとしても、「一つでも上の順位でシーズンを終える」(ロティーナ監督)ため、ここから1試合1試合の重要性は増していく。まずは今節。負けが続く流れを変える1勝を何としても掴みたい。「今の雰囲気を変えるために、今節、勝って、切り替えたい。キヨ(清武弘嗣)やナオ(藤田直之)といったベテランの選手たちが、まずは練習から雰囲気を明るくして、変えてくれている」とGKキム ジンヒョン。この先、重要なことは「団結」だとロティーナ監督も話す。今週のホーム2連戦。サポーターも含めたチームが一体となって、勝点3を奪いにいきたい。
■ロティーナ監督

Q:相手も状況も異なるが、前節から修正を加えたいところは?
「仰るように、名古屋と湘南ではまた特長も違うが、どの試合からも修正する点はあり、修正すべきところは修正していく必要があると思っています。よくできている部分は強調して、課題の部分は良くしていくこと。それはいつもと変わりません」

Q:ここから再び盛り返していくために必要なことは?
「確かに最近の結果は良くないが、いい戦いができているとも思っています。細かい流れの中で、自分たちでコントロールできない側面で相手に流れが行っている部分もあります。チームはいい戦いをしていますし、その中では勝つことも負けることもあります。6連勝している時は、試合の流れがウチに来て、それが結果につながった部分もありました。しっかりとチームがプランと意図を持って戦っていることが重要で、それができているかどうかが重要です。結果は、天候や選手のミス、コントロールできない方の決断で変わることもありますが、我々ができることは、意図したプランで戦うことです」

Q:今節の相手、湘南ベルマーレは5連敗中ですが、上位相手にも競った試合をしています。どう相手を分析されていますか?
「難しい相手だと思っています。確かに、最近、結果は得られていませんが、我々も、相手のホームで戦った試合では、とても苦しみました。明日の試合がどういった試合になるかということは、我々全員が分かっています」

Q:最近は負けが続いている中で、今週のホーム連戦から流れを変えていきたいところです。入場者数も少しずつ緩和されてきた中で、サポーターに対するメッセージをお願いします。
「ファン、サポーターの支えはとても重要で、我々にとって大きな力になります。最近の試合では、皆さんが望んでいた結果を得ることができていませんが、だからこそ、皆さんのサポートが必要です。上位争いは拮抗していて、素晴らしい選手を揃えている相手と戦っています。フロンターレを除く、上位10チームほどは拮抗しています。その中で上位争いすることは簡単なことではありません。我々も素晴らしい選手たちを擁しており、自分たちのチームに自信を持って戦っていますが、サポーターの皆さんの支えも不可欠です。我々がこれから先、できるだけ上位で終わって、何かを得ていくために、団結することがカギになってきます。その中で、サポーターの皆さんの存在も重要になります」

■キム ジンヒョン

Q:前々節、首位に敗れて現実的に優勝は難しくなったが、気持ちの切り替えはできている?
「川崎戦に向けて、みんながいい準備をしていました。2-1になるまではいいサッカーもできていたし、自分たちが準備していたことは出せました。それを考えると、まだまだチームは成長できると思っています。負けたことで優勝は難しくなりましたが、それで終わりではありません。今シーズン、最後までリーグ戦をしっかりと戦って、今までで一番いい順位で終えることも大事です。最近は負けが続いていますが、今の雰囲気を変えるため、今節、勝って、切り替えたいと思います」

Q:今週は2試合ともホーム。ここから流れを変えていきたいが、勝つために必要なことは?
「これまでの経験上、良くない時はそのままの流れが続いていくのですが、今は、キヨ(清武弘嗣)やナオ(藤田直之)といったベテランの選手たちが、まずは練習から雰囲気を明るくして、変えてくれています。僕らはまだ、2位やACLに出られる3位以内に入るチャンスも十分にありますし、焦らず、これまでやってきたことを試合で見せることが大事。戦う姿勢をいつも通りに出していきたいです」

Q:直近の敗戦にも関連しているが、失点も増えています。ここからもう一度、減らしていくために変えていきたいところは?
「最近は失点が増えていることは間違いなく、無失点で終われていません。細かい部分ですが、自分たちのミスから失点することも続いています。ただ、ミスはサッカーの一部なので、後ろがミスを予測して準備することや、カバーすることも大事。そういったことにチーム全体で取り組みながら、最後は自分が止めることが必要です。そうやって全員で戦っていけば、また失点は減っていくと思います」

■鈴木孝司

Q:湘南ベルマーレ戦は、第8節の対戦時に先発で出ているが、その試合も踏まえて湘南に対する印象は?
「規律のあるチームだと思います。個人で、というよりチームで戦ってくる相手だと思っています」

Q:そういったチーム全体で戦ってくる相手の粘り強い守備をどう打ち破るか、ということが今節のポイントになりそうだが、打開していくために必要だと思うことは?
「外から見ていて、最近はゴール前にボールが行くことが少ない。チャンス自体も少ないので、ボールを握った中で、もう少し、勝負のパスや、リスクを冒すパスにチャレンジしてもいいのかなと思います。ボールを持っているだけでは点は入らないので、ゴールに向かっていかにプレーするかが大事になると思います」

Q:崩しの局面では縦に入れたり、全体を押し上げたり、前節の課題も踏まえて、攻撃に厚みを加えていきたい?
「そうですね。厚みを加えるためには、後ろからの押し上げも重要になり、そのためには前の選手が溜めを作る必要もあります。そうした連動した動きは、やろうとすればできることなので、そこをチームとして目指していきたいと思います」

Q:現在の自身の状態はいかがですか?
「常にいける準備はしています。チャンスがいつ来るか分からないので、毎日、毎日、いい準備をして、チャンスが来た時に100%でプレーできるようにトレーニングしています」

2020明治安田生命J1リーグ 第22節 湘南ベルマーレ 1 - 0 2020明治安田生命J1リーグ 第22節