【Match Preview 川崎戦】今季の運命を分ける大一番。培ってきた全ての力を発揮し、“打倒・首位”を果たす

今季の運命を分ける大一番がやってきた。明治安田生命J1リーグ第20節。セレッソ大阪が、ホームに首位の川崎フロンターレを迎え撃つ。

今季の目標を「リーグ優勝」に定めてきたセレッソにとって、首位との直接対決となる今節が持つ意味は極めて大きい。「引き分けでは意味がない。我々としては、勝つことだけを考えて臨む」と勝利の重要性を語ったのはロティーナ監督だが、その意識は選手全員に浸透。「この試合を勝たないと上にはいけない」(瀬古歩夢)「優勝に向けて今節は勝たないといけない試合」(松田陸)と選手たちは想いを一つにしている。

もっとも、ここまでリーグ戦20試合を戦って勝点『53』、59得点を奪っている川崎との対戦が簡単にはいかないことも、誰もが分かっている。前回対戦時の第11節では2-5で大敗を喫し、改めてその強さを思い知らされた。「他のチームとは、個のレベルも攻撃のテンポも違った」(瀬古)「前回対戦時は、実力の差、サッカーの質の差を感じた」(松田)と率直な言葉が並ぶ。ただし、実際に肌を合わせて感じた思いは、今節に向けて確実に生きてくる。


壮絶な逆転勝利を収めた前節・ベガルタ仙台との試合後、今節に向けて、「アウェイで対戦した試合から、自分たちも修正するところは修正して、次はホームなので、勝ちにいきたい」と話したのはマテイ ヨニッチだが、前回対戦時で一つのミスが失点に直結する怖さを味わった分、「チームとしても、個人としても、もう一度、守備の意識を高めて、今回はしっかり対応したい」(瀬古)とチームとしての意識は上がっている。

もちろん、ただ守るだけでは勝機はない。相手の攻撃力を出させないために、自分たちがしっかりとボールを握って試合をコントロールすることも重要であり、「いいところで受けて、どんどんチャレンジしていきたい」と話す坂元達裕や、今シーズン、出色のプレーを見せている清武弘嗣にいい形でボールを入れていきたい。相手のプレスを回避しつつ、自信を持って、シュート、そして得点へとつなげていきたい。

「もちろん、最後まで諦めないけど、これ以上、勝点差を離されると(逆転優勝へ向けて)数字的には厳しくなる。ラストチャンス。やってきたことを全部、出したい」と強い覚悟を口にしたのは柿谷曜一朗であり、まさに背水の陣となる今節だが、同時に、周囲の注目度も高い“首位決戦”の舞台でプレーできることを、喜びや力に変えて戦うことも必要だ。リーグ7連勝中の相手を止め、首位との勝点差を縮めることができれば、今後のストーリーも大きく変わってくる。「自分たちに失うモノはない。一つひとつの局面で、厳しくも楽しみながらプレーして、いい結果を掴みたい」とはキャプテンの清武。


今節から再び観客数の上限が引き上げられ、コロナ禍の中断明けとしては今季最多の観衆で埋まることが確実なヤンマースタジアム長居。チームを後押しする空気も味方に付けて、これまで培ってきた全ての力を発揮し、“打倒・首位”を果たす。
■ロティーナ監督

Q:大一番となる今節へ向けて
「川崎フロンターレはこれまでのJリーグの歴史上でも1番と言える勝点数や得点数を叩き出していると思います。すでにシーズンも前半戦が終わっているので、データには意味があり、重要性があります。今節が難しい試合になることは分かっていますが、我々としては、美しい、素晴らしい挑戦になります。試合をしたい意欲に溢れています。選手たちは子どもの頃、プロサッカー選手になることを夢見ていたと思うが、まさにこういう試合を戦うために、夢見ていたのだと思います。こういう重要な試合を戦える喜びを持って、試合に臨みたいと思います」

Q:前回の川崎との対戦後、「このような相手にはミスの代償が大きくなる」という言葉もあったが、改めて、今節、勝つために必要なことは?
「対戦相手によって、エラーやミスが大きな代償になることもあれば、ならないこともあります。前回の川崎戦で大きな代償になったのは、相手には質の高い選手が揃っていたから。彼らのプレーが我々に集中力を強いるので、エラーが起こりやすい状況になっている、ということも言えます。試合でエラーを犯さないことは難しいですが、できるだけ少なくすることが、彼らと戦うためには大事になります」

Q:今節の結果が持つ意味について
「勝点差が近い3位や4位のチームと戦う時、引き分けには価値がありますが、11ポイント差を離されている首位を相手に引き分けでは意味がありません。引き分けのことは考えず、我々としては、勝つことだけを考えて臨みます」

■清武弘嗣

Q:大一番となる今節へ向けて
「勝点が離れているので、縮めるためにも大事な試合になります。アウェイでは負けているので、ホームではしっかり勝ちたいです。(川崎は)隙の無いチームなので、難しい試合になるとは思いますが、前回対戦時も先制はしています。その後、セットプレーから失点して逆転されてしまったので、そういうところでは集中していかないといけません」

Q:難しい相手だが、こういう大舞台で首位と対戦できるモチベーションも高いのでは?
「そうですね。今年はフロンターレが抜けているので、自分たちに失うモノはありません。毎試合そうですけど、楽しみながらサッカーをすることで、チームとしての内容にも返ってくると思います。一つひとつの局面で、厳しくも楽しみながらプレーして、いい結果を掴みたいと思います」

■坂元達裕

Q:大一番となる今節へ向けて
「川崎は攻撃力が高いチームなので、まずは自分たちも守るところはしっかり守って、自分たち攻撃陣が点を決めていきたいです。全員守備、全員攻撃で挑むことが必要だと思っています。いい形で攻めるためには、ボールの受け方が大事になると思うので、いいところで受けて、どんどんチャレンジしていきたいです」

Q:ロティーナ監督も、「こういう重要な試合を戦える喜びを持って、試合に臨みたい」と話されていたが、大一番を前に、モチベーションも高いのでは?
「そうですね。前回は悔しい負け方をした分、今回は勝ちたい気持ちしかありません。勝ったら大きな試合になりますし、大舞台でプレーできることを楽しみながら、しっかりと勝ちにいきたいです」
今季の運命を分ける大一番がやってきた。明治安田生命J1リーグ第20節。セレッソ大阪が、ホームに首位の川崎フロンターレを迎え撃つ。

今季の目標を「リーグ優勝」に定めてきたセレッソにとって、首位との直接対決となる今節が持つ意味は極めて大きい。「引き分けでは意味がない。我々としては、勝つことだけを考えて臨む」と勝利の重要性を語ったのはロティーナ監督だが、その意識は選手全員に浸透。「この試合を勝たないと上にはいけない」(瀬古歩夢)「優勝に向けて今節は勝たないといけない試合」(松田陸)と選手たちは想いを一つにしている。

もっとも、ここまでリーグ戦20試合を戦って勝点『53』、59得点を奪っている川崎との対戦が簡単にはいかないことも、誰もが分かっている。前回対戦時の第11節では2-5で大敗を喫し、改めてその強さを思い知らされた。「他のチームとは、個のレベルも攻撃のテンポも違った」(瀬古)「前回対戦時は、実力の差、サッカーの質の差を感じた」(松田)と率直な言葉が並ぶ。ただし、実際に肌を合わせて感じた思いは、今節に向けて確実に生きてくる。


壮絶な逆転勝利を収めた前節・ベガルタ仙台との試合後、今節に向けて、「アウェイで対戦した試合から、自分たちも修正するところは修正して、次はホームなので、勝ちにいきたい」と話したのはマテイ ヨニッチだが、前回対戦時で一つのミスが失点に直結する怖さを味わった分、「チームとしても、個人としても、もう一度、守備の意識を高めて、今回はしっかり対応したい」(瀬古)とチームとしての意識は上がっている。

もちろん、ただ守るだけでは勝機はない。相手の攻撃力を出させないために、自分たちがしっかりとボールを握って試合をコントロールすることも重要であり、「いいところで受けて、どんどんチャレンジしていきたい」と話す坂元達裕や、今シーズン、出色のプレーを見せている清武弘嗣にいい形でボールを入れていきたい。相手のプレスを回避しつつ、自信を持って、シュート、そして得点へとつなげていきたい。

「もちろん、最後まで諦めないけど、これ以上、勝点差を離されると(逆転優勝へ向けて)数字的には厳しくなる。ラストチャンス。やってきたことを全部、出したい」と強い覚悟を口にしたのは柿谷曜一朗であり、まさに背水の陣となる今節だが、同時に、周囲の注目度も高い“首位決戦”の舞台でプレーできることを、喜びや力に変えて戦うことも必要だ。リーグ7連勝中の相手を止め、首位との勝点差を縮めることができれば、今後のストーリーも大きく変わってくる。「自分たちに失うモノはない。一つひとつの局面で、厳しくも楽しみながらプレーして、いい結果を掴みたい」とはキャプテンの清武。


今節から再び観客数の上限が引き上げられ、コロナ禍の中断明けとしては今季最多の観衆で埋まることが確実なヤンマースタジアム長居。チームを後押しする空気も味方に付けて、これまで培ってきた全ての力を発揮し、“打倒・首位”を果たす。
■ロティーナ監督

Q:大一番となる今節へ向けて
「川崎フロンターレはこれまでのJリーグの歴史上でも1番と言える勝点数や得点数を叩き出していると思います。すでにシーズンも前半戦が終わっているので、データには意味があり、重要性があります。今節が難しい試合になることは分かっていますが、我々としては、美しい、素晴らしい挑戦になります。試合をしたい意欲に溢れています。選手たちは子どもの頃、プロサッカー選手になることを夢見ていたと思うが、まさにこういう試合を戦うために、夢見ていたのだと思います。こういう重要な試合を戦える喜びを持って、試合に臨みたいと思います」

Q:前回の川崎との対戦後、「このような相手にはミスの代償が大きくなる」という言葉もあったが、改めて、今節、勝つために必要なことは?
「対戦相手によって、エラーやミスが大きな代償になることもあれば、ならないこともあります。前回の川崎戦で大きな代償になったのは、相手には質の高い選手が揃っていたから。彼らのプレーが我々に集中力を強いるので、エラーが起こりやすい状況になっている、ということも言えます。試合でエラーを犯さないことは難しいですが、できるだけ少なくすることが、彼らと戦うためには大事になります」

Q:今節の結果が持つ意味について
「勝点差が近い3位や4位のチームと戦う時、引き分けには価値がありますが、11ポイント差を離されている首位を相手に引き分けでは意味がありません。引き分けのことは考えず、我々としては、勝つことだけを考えて臨みます」

■清武弘嗣

Q:大一番となる今節へ向けて
「勝点が離れているので、縮めるためにも大事な試合になります。アウェイでは負けているので、ホームではしっかり勝ちたいです。(川崎は)隙の無いチームなので、難しい試合になるとは思いますが、前回対戦時も先制はしています。その後、セットプレーから失点して逆転されてしまったので、そういうところでは集中していかないといけません」

Q:難しい相手だが、こういう大舞台で首位と対戦できるモチベーションも高いのでは?
「そうですね。今年はフロンターレが抜けているので、自分たちに失うモノはありません。毎試合そうですけど、楽しみながらサッカーをすることで、チームとしての内容にも返ってくると思います。一つひとつの局面で、厳しくも楽しみながらプレーして、いい結果を掴みたいと思います」

■坂元達裕

Q:大一番となる今節へ向けて
「川崎は攻撃力が高いチームなので、まずは自分たちも守るところはしっかり守って、自分たち攻撃陣が点を決めていきたいです。全員守備、全員攻撃で挑むことが必要だと思っています。いい形で攻めるためには、ボールの受け方が大事になると思うので、いいところで受けて、どんどんチャレンジしていきたいです」

Q:ロティーナ監督も、「こういう重要な試合を戦える喜びを持って、試合に臨みたい」と話されていたが、大一番を前に、モチベーションも高いのでは?
「そうですね。前回は悔しい負け方をした分、今回は勝ちたい気持ちしかありません。勝ったら大きな試合になりますし、大舞台でプレーできることを楽しみながら、しっかりと勝ちにいきたいです」

2020明治安田生命J1リーグ 第20節 川崎フロンターレ 1 - 3 2020明治安田生命J1リーグ 第20節