【Match Preview 仙台戦】連敗ストップへ。細部への集中力と判断力を高め、先手を取って試合を優位に進めたい

今季初の連敗となった前節のFC東京戦から中3日、セレッソ大阪は、敵地での明治安田生命J1リーグ第19節・ベガルタ仙台戦に挑む。

リーグ戦6連勝から一転、第17節の鹿島戦、前節と敗れ、今季初の連敗を喫したセレッソ。いずれも紙一重の内容ではあったが、上位対決、競った試合をモノにすることができなかった。この2試合を振り返って、キャプテンの清武弘嗣は、「守備が堅く、前は外国籍選手の個が強い相手に連敗した。こういう相手に勝てないのは、自分たちに原因がある。上位相手に勝てないのは自分たちの力不足だと思っています」と率直に話した。「守備での強度や、局面での1対1、守備であと一歩寄せる、体をぶつける、個人の戦うところ、そういう基本的なところに立ち返る必要があるかなと思います」と、より具体的に課題を指摘したのは藤田直之。攻守における型は磨きがかかってきたセレッソだが、形を支える個の強さを、今一度、取り戻したい。


また、FC東京戦では、前半から自分たちのペースで試合を進め、相手の長所を出させない賢い試合運びを見せていたが、後半、攻めている時間帯で、相手の陣地でのスローインにおける守備の対応を誤り、一気にボールを運ばれて、失点につながった。振り返れば、前々節の鹿島戦でも、2失点目は自分たちのスローインから。一瞬、ピッチに生まれる隙を突かれているだけに、今節は、細部に及ぶ集中力や判断力を、より研ぎ澄ませていきたい。連敗中の2試合、セレッソは先制され、追いかける展開となっているだけに、今節は、先手を取って、試合を優位に進めていきたいところだ。

仙台は、前々節のFC東京戦から形を[3-4-2-1]に変えている。そのFC東京戦では、守備で構える形を取っていたが、前節の横浜FM戦では、前から積極的にボールを奪いにいく姿勢を出し、先制点も取っている。今節、仙台がどのような出方をしてくるか。立ち上がり、見定めたい。また、直近の試合では思い切ったターンオーバーも敢行している。今節は再びフレッシュな選手が入ってくると思われるだけに、セレッソとしては、勢いに飲まれない試合運びも見せたい。


9連戦の9戦目となる今節。ここまでカップ戦での敗退を除くと、リーグ戦では5勝2敗。直近の連敗は痛かったが、過密日程を総力で戦い抜き、2位はキープしている。次節に迫った首位・川崎フロンターレとの大一番を前に、今節は、是が非でも連敗を止め、勝利で連戦を締めくくりたい。
■ロティーナ監督

Q:今季初の連敗を受けての教訓と、選手に話したことは?
「私が話したのは、良かった点と、悪かった点です。良かったことは、2試合ともしっかり戦うことができたこと。FC東京戦に関しては、60分までは自分たちの試合ができて、こちらがリードする可能性が高い試合でした。ただ、ああいったクオリティーの高い選手たちが揃う相手に先制を許せば、試合の展開は難しくなる。悪かった点は、例えば、1失点目につながったプレーです。あとは、他の要因に引っ張られないように、という話もしました。2試合とも、試合中に審判に抗議する場面がありました。その抗議は合っていたと思いますが、それによって集中力が削がれないように、と。サッカーでは起こり得ることなので、次の試合に集中すること。他の要因にとって、サッカーから外れていかないように、という話はしました。我々はファウルも少ないチームですし、退場者も昨季は出していません。今季も1度しかありません。自分たちのプレーを続けていくこと、自分たちが成長していくことを強調しました」

Q:9連戦の9試合目となる今節に向けての抱負をお願いします
「この9連戦を振り返って良かったことは、ケガ人が少なかったこと。FW陣に少しケガ人が出たのですが、それ以外は、ほとんどケガ人が出ませんでした。明日のベガルタ仙台戦に向けては、いつも通り、自分たちがやるべきことに集中して、自分たちのプランをより良く遂行していくこと。それによって、試合に勝つ可能性を高めていくことが重要です」

■瀬古歩夢

Q:この連敗を振り返って、今後に生かしていくべきことは?
「正直、ゲーム自体が悪かったとは思っていませんが、その中で、守るところを守れなかったり、決めるところで決め切れなかったり。一つひとつのプレーをしっかりやっていくことが勝利につながると改めて思いました」

Q:前節のFC東京戦も、失点するまではこちらがペースを握っていました。その中で、一つのプレーの怖さ、重みを実感した?
「そうですね。一つ、判断を間違えると、あのような失点につながってしまう。そこは勉強になったので、明日の試合からまた生かしていきたいと思います」

Q:この9連戦、カップ戦以外は全て先発フル出場でした。改めて、この9月の戦いを振り返ると?
「あっという間でしたね。選手としては、試合に出ることで成長することを実感しています。試合に出るにつれて、昨季に比べて、より自信も付きました。こういう過密日程はキツイですが、それはどのチームも同じなので。個人としては、とても充実しています」

Q:首位・川崎フロンターレとの勝点差については、どう捉えていますか?
「実際、難しいな、という思いもありますが、ここからの試合で勝点3を積み重ねていけば、どうなるかはまだ分かりません。直接対決もあるので、諦めることなく戦っていくことが大事だと思っています」

■木本恭生

Q:この連敗を振り返って、残った課題をどう捉えていますか?
「鹿島アントラーズ戦では、セカンドボールなどボールへの執着心。FC東京戦は、カウンターの場面で、守備の決め事で、少しのミスでやられてしまった、という印象はあります」

Q:大きく崩れたわけではないですが、2試合ともスローインから失点を喫しています。そのあたりについては?
「少しのポジショニングだと思います。チャレンジ&カバーは瞬間の判断なので、難しいところもありますが、この2年間、自分たちはポジショニングを大事にしてやってきたので、そこは大事にしたい部分。やっていることは間違っていないと思いますし、負けたこの2試合も、いい時間帯はありました。修正はすぐにできると思います。細かいプレーやポジショニングをしっかりやっていくことが、結果にもつながっていくと思います」

Q:個人としては、ケガから復帰後は、ボランチでのプレータイムが伸びています。ボランチでのプレーについて振り返ると?
「チームの一員として、チームを一番に考えているので、与えられたポジションで、100%でやることを大事にしています。その中で、(ボランチとしての)プレーのところでは、個人的に納得できるパフォーマンスを出せている試合は少ないので、個人的には、もっとやっていかないといけないと思っています」

Q:今節のベガルタ仙台戦に向けて
「ここ2試合は3バックでやっているので、そこでの対応には注意したいです。(仙台は)ボールをつなぐところもありますし、前にはドリブルでキレのある選手もいますので、そこは警戒したいです」

2020明治安田生命J1リーグ 第19節 ベガルタ仙台 3 - 2 2020明治安田生命J1リーグ 第19節