2020Jリーグ YBC ルヴァンカップ プライムステージ 組み合わせ決定

Jリーグは、本日開催いたしました「2020JリーグYBCルヴァンカップオープンドロー」の結果をもちまして、 プライムステージの組み合わせを決定しましたので、お知らせいたします。
なお、テレビ放送は決まり次第、発表いたします。 プライムステージの組み合わせは下記の通りです。


■プライムステージ開催概要

<大会方式>
グループステージを勝ち上がった 5チーム、およびACLに出場する3チームを加えた計8チームにより、1試合制のトーナメント戦を行う。

<試合方式および勝敗の決定>
●準々決勝、準決勝
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合はPK方式によって決定する。
●決勝
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は 30分間(前後半各15分)の延長戦を行う。それでも勝敗が決しない場合はPK方式によって決定する。

<選手交代>
試合中の選手の交代は5名以内とする。 ただし、決勝の延長戦についてはその直前の90分間の交代人数と合わせて、最大6名まで交代可能。

<警告累積>
JリーグYBCルヴァンカップにおいて警告累積が2回に達した場合、同大会の直近の試合が出場停止となる。
※JリーグYBCルヴァンカップの警告の累積は、明治安田生命J1・J2・J3リーグには影響しない

以下追加決定情報↓↓↓
●PK方式で示された警告の取り扱い
試合中に示された警告や注意はPK方式へ繰り越されない。ただし、PK方式で示された警告は大会の警告累積に含まれる。
※2020/21 サッカー競技規則にて、ペナルティーマークからのキック(PK方式)は試合の一部ではないと考えることになり、試合中に示された警告や注意は PK方式へ繰り越されないこととなる
※Jリーグでは、PK方式で示された警告も大会の警告累積に含めることを決定した

【事例】
プライムステージ準々決勝にて、試合中に警告を示された選手がPK方式で再び警告を示されても、1試合2回の警告を受けたことにはならず退場処分とはならない。ただし、試合中とPK方式で1度ずつ警告を受けた結果、警告累積数が2回となるため大会規定上、準決勝が出場停止となる。

●プライムステージ準々決勝で設けていた「警告累積の消滅」は行わない
大会方式変更により、プライムステージ準々決勝・準決勝が1試合制となり、決勝含め1チームの最大試合数が3試合しかないため、当初、準々決勝第2戦終了後に設けていた「警告累積の消滅」は行わず、プライムステージ通して警告累積を行う。