• Twitter
    • LINE
    • Facebook

    【Match Preview】再び白星街道へ。成熟度の高い広島を相手に問われる攻守の集中力

    • チーム
    ■ロティーナ監督 Q:今季初の敗戦となった前節を振り返って、学びになった部分は? 「勝った試合からも、負けた試合からも、全ての試合から学ぶことができます。より再確認したことは、このリーグは、どのチームも我々に勝つことができる、ということ。逆に、我々がやるべきことをやれば、どの相手にも勝つことができる、ということです」 Q:今節のサンフレッチェ広島戦へ向けて 「広島は、近年、常に上位にいる素晴らしいチームです。どのような試合になるかは、実際、始まってみないと分からない部分もありますが、難しい試合、拮抗した試合になるのではないかと思います」 ■松田陸
    Q:フル出場した再開後の3連戦を振り返って 「最初の2試合は、自分たちが思うようにサッカーができました。(前節の)名古屋戦は、入りは良かったですが、相手のプレスが速くなってきた時に、自分たちのミスが増えて、苦しい展開になりました。(プレスを受けた時は)もう一回、自分たちの立ち位置を明確にしながらやることが大事。(連戦中は)体をいかにいい状態で保つか。常にいい状態を保てるように、ケアしていくことが大事だと感じました」 Q:今節のサンフレッチェ広島戦に向けて 「相手もサイド攻撃に特長があるので、サイドの攻防はカギを握ると思います。そこで負けないように、僕たちが1個、2個、いいアイディアを持ちたい。チームが勝てるように、自分もいいポジション、いい立ち位置を取って戦いたいです」 ■丸橋祐介
    Q:フル出場した再開後の3連戦を振り返って 「そこまで疲れることもなく、乗り切れたと思います。(連戦は)大変というより、試合ができることは嬉しいことなので、そこまで気にはなりませんでした。(前節の)名古屋戦は残念な結果になりましたが、試合はどんどん続くので、負けた試合を引きずっていても良くない。今週、しっかり切り替えて、いい練習ができたと思います」 Q:今節のサンフレッチェ広島戦に向けて 「広島は堅いチームで、攻守のバランスもいいので、難しい試合になるとは思いますが、自分たちのプレーをしっかり発揮していきたいです。ここ3試合も、攻撃ではシュートまで行けていますし、感触もいいので、フィニッシュの精度をさらに高めて、チャンスをモノにしていきたいです」

    TOP > ニュース一覧 > 【Match Preview】再び白星街道へ。成熟度の高い広島を相手に問われる攻守の集中力