みんなで贈ろう!手話で伝える感謝と応援のメッセージ

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々とご家族の皆様に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
また、感染拡大防止や治療などに日々尽力されている保健機関、医療従事者の皆様、行政の皆様、商店等で生活必需品を提供してくださる皆様、物流を担ってくださる皆様、そのほか最前線におられるすべての皆様に深く敬意を表し、感謝申し上げます。
このたびセレッソ大阪では、交流を続けている支援学校の教諭たちと協働して、現在の厳しい状況を乗り切るための手話メッセージを制作して発信することを企画いたしました。
この取り組みを通じ、最前線におられる医療関係者や、罹患されて新型コロナウイルスと戦っておられる皆様、また、障がい児と関わりのある「放課後等児童デイサービス」「障がい児者支援事業所」などのスタッフや学童の指導員、各種会見等でマスクができない手話通訳者の皆様、そして緊急事態宣言にかかる制限の中「STAY HOME」を続けるすべての方々に対し、感謝や応援の気持ちを伝えて励まし合うことができればと考えております。
つきましては、皆様の手話メッセージ動画を募集いたします。
手話による「ありがとうございます」「一緒にがんばろう」というメッセージ動画をお送りいただき、森島寛晃社長、藤本康太アンバサダーや選手からのメッセージとともに一つの動画として発信いたします。
多くの皆様からの手話動画をお待ちしております。

【動画受付方法】
下記メールアドレス宛に動画をお送りください。
*受付メールアドレス hometown@cerezo.co.jp
*受付期間 5月8日(金)23:59まで5月15日(金)23:59まで
※送付の際はMP4形式にて添付ファイルとしてお送りください。手話を2種類お送りいただく場合は、それぞれ別のファイルとして添付ください。
【手話見本】
以下から、手話の見本をご覧いただけます。
聴覚に障害のある方の中には、口の動きで内容を読み取る方もいらっしゃいます。
手話に合わせてゆっくりと口を動かし、言葉を話してください。
手話指導:
大阪府立中央聴覚支援学校 黒川啓 教諭
大阪教育大学附属特別支援学校 岡真右 教諭

「ありがとうございます」




「みんなで一緒にがんばろう」