【Match Preview】いよいよ開幕するJ1リーグ。幸先良いスタートを切るべく、ホームで大分撃破を目指す


いよいよ開幕する2020年の明治安田生命J1リーグ。セレッソ大阪は、ホームのヤンマースタジアム長居に大分トリニータを迎えての一戦となる。

リーグ戦に先駆けて行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第1節では、同じくホームに松本山雅FCを迎え撃ったセレッソ。開始5分に先制こそ許すも、直後にブルーノ メンデスのゴールで同点に追いつくと、後半は丸橋祐介の強烈なミドルシュートを皮切りに、一挙3得点。松本を突き放し、4-1で快勝を収めた。

「シーズンのいいスタートを切れたという意味で、この勝利は大きかった」と柿谷曜一朗が話せば、「リーグ開幕に向けて勢いが付いた部分もある」とは、途中出場からチーム4点目をアシストした豊川雄太。攻撃力の向上がテーマの今季、最初の公式戦で4得点が生まれたことは、今後に向けて明るい材料になる。

大分とは昨季のリーグ戦の最終節でも対戦し、この時はセレッソが2-0で勝利。内容的にも相手を上回り、今季へ向けての希望がさらに膨らむ試合となった。もっとも「彼らとの試合はいつも難しい試合になる」とロティーナ監督も話すように、知将・片野坂知宏監督率いる大分が一筋縄ではいかない相手であることは間違いない。



それでも、「いい状態で開幕を迎えることができた」(ロティーナ監督)「昨年から同じコンセプトで継続してやっているので、思い切って、恐れずやれている」(松田陸)「選手それぞれ監督の戦術を理解でき始めたことで、今季の立ち上げは昨季の立ち上げとは全く違う」(キム ジンヒョン)と、監督、選手たちは一様にプレシーズンから開幕を迎えるまでの準備期間に手応えを感じている様子。ホームで迎える今季の開幕が待ち遠しい。

昨季はシーズン序盤で思うように勝ち星を上げることができず、最終的にACL出場権を逃す原因にもなっただけに、今季は必ずや開幕ダッシュを成し遂げたい。そのためにも、是が非でも勝利が欲しい開幕戦となる。
■ロティーナ監督

Q:リーグ開幕を控え、チームの仕上がり具合は?
「いい状態で開幕を迎えることができます。プレシーズンを活用して、いくつかの修正をすることもできました。これから始まるリーグ戦を楽しみにしています」

Q:今季、どんなサッカーを見せたいですか?
「昨季と基本的なプレーモデルは変わりませんが、よりチャンスを作れるように、より相手のエリアに入っていけるようにしたいと思っています。昨年の全体的なプレーやディフェンスには満足しています。その上で、より得点の機会を増やせるチームにしていきたい。そのために、いくつか細かい部分も強調しています。具体的な得点数の目標はありませんが、常に相手より1点でも多く取っていきたいと思います」

Q:対戦相手の大分トリニータについて
「大分は明確なコンセプトを持っている素晴らしいチームです。昨季も素晴らしいシーズンを送っています。このリーグに簡単な相手は一つもありませんが、大分も特長的なサッカーをしてくるチームです」

■柿谷曜一朗選手

「(開幕に向けて)ルヴァンカップも始まっているので、チームとしては、すでに開幕した雰囲気もあり、浮ついた感じはありません。今季は始動からJ1リーグ優勝を目標にスタートして、キャンプも含めて、いい準備ができました。もちろん、相手も同じようにいい準備をしていると思うので、簡単にはいかないとも思いますが、選手はみんな燃えているし、全員が戦える状態で開幕を迎えることができました。楽しみしかありません。ここからたくさんの試合があるので、いろんな選手の力が必要になります。チームが一つになってやっていくためにも開幕戦は大事。2020年をいい年にしたいと思います」

■奥埜博亮選手

「(開幕に向けて)いい緊張感を持ちながら、気負わず、いつも通り臨みたいです。戦術をしっかり理解して、自分自身はFWでもボランチでも、どちらでもプレーできるように、いい準備をしています。チームとしては、今年は得点力を高めるために新たな取り組みもしていますし、アクセントを加えることができる選手も入ってきたので、チームとしての攻撃は、試合を重ねるごとに良くなっていくと思います。1試合1試合、勝って上に行くことしか考えていません。リーグでタイトルを獲れるように頑張っていきたいです」

Q:対戦相手の大分トリニータについて
「チームのベースは変わらないと思いますが、前線に新しい選手も入っています。そういった選手が溶け込んで、個が合わさった時は、よりいいチームになると思う。GKを含めてボールを握る特長的なサッカーをしていますが、セレッソとしてもそういうサッカーを目指しているので、そこでも負けないようにしたいです」