セレッソ大阪は「ストップ風疹プロジェクト」に協力

2月4日(火)は「風疹の日」。風疹の感染拡大を食い止め、赤ちゃんの「先天性風疹症候群(CRS)」を無くそうと、企業や医療関係者、マスコミなどさまざまな分野が連携し、それぞれのノウハウで風疹に対する正しい知識や予防接種の必要性などの啓発活動を進めています。
セレッソ大阪でもJリーグと共に、啓発活動に協力いたします。
なお、40歳以上の男性は予防接種の「原則無料」制度があります。
子どものころにワクチンの定期接種の機会がなかった1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)生まれの男性について、2022年3月31日までの間に限り、全国で原則無料で抗体検査と予防接種が受けられるようになりました。
対象年齢の男性には自宅にクーポン券が郵送されますので、お近くの医療機関で抗体検査を受けてください。
検査の結果、抗体が十分あった場合はワクチン接種は必要ありません。
抗体が不十分だった場合は、風疹への免疫をつけるためにワクチンを1回無料で接種することができます。
詳しくは下記のサイトをご覧ください。
「ストップ風疹〜赤ちゃんを守れ!〜」
多くの皆様のご協力で、ストップ風疹!

【藤本康太アンバサダーからのメッセージ(動画)】
「2月4日は「風しん」の日。生まれてくる赤ちゃんを守るために、いま、私たちがしなければならないことがあります。
生まれてくる赤ちゃんを守るため、大切な人のために、抗体検査、予防接種を受けましょう!」