【Match Preview】連敗は厳禁。ルヴァンカップ決勝進出で勢いに乗る札幌を敵地で下し、再び上位浮上を狙う



前節は鹿島アントラーズに惜敗し、セレッソ大阪のリーグ戦での連勝は5でストップ。勝てばACL出場圏内、さらにその先へと肉薄するチャンスだっただけに、悔しさは募る。それでも、「選手の努力やチームのプレーぶりには満足しています」と試合後にロティーナ監督も振り返ったように、今季、取り組んできたサッカーを上位の鹿島相手にもしっかりと示し、悲観すべき試合でなかったことは確か。

「ある程度、自分たちがボールを握って、やりたいことができたシーンも多かった。先に点を取られたことで、割り切って守られたけど、ネガティブになる試合ではなかった。監督からもそういう話はあったし、僕たちも自信を失う必要はない。良かったところは継続してやっていけば、また結果も出ると思う」と藤田直之も話す。

約2週間のインターバルを経て迎える今節は金曜開催となり、アウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦に挑む。JリーグYBCルヴァンカップ決勝進出を決めたばかりの相手に対し、「リーグの中でも強いチームだという認識」と警戒するのはロティーナ監督。昨季から就任したペトロヴィッチ監督の元、攻撃力が格段に高まり、守備でも、かつてセレッソに所属していたGKク ソンユンやCBキム ミンテなど能力が高い選手が要所に揃う難敵だ。システムとしても、直近2試合の4-4-2同士のミラーゲームとは異なり、札幌は可変式の3-4-2-1。ワイドで幅を取ってくる攻撃に対し、サイドで数的優位を作られた際の対処など、いつもとは違った対応も求められる。

もっとも、「相手のことはリスペクトしているが、どの相手に対しても恐れを抱くことはない」と常々語るロティーナ監督。セレッソとしても、そういった相手の出方は分析済みであり、これまで通り、リーグ最少失点の堅守をベースに、ボールを握って相手のウィークを突く戦い方を徹底し、慌てず試合を進めていきたい。その中で、今節のポイントの一つはセットプレー。前節も鹿島にCKからファーサイドを狙われ、折り返しを決められたが、札幌との第7節の対戦時でも、福森晃斗のキックにファーサイドで進藤亮佑に決められている。流れの中から崩される回数は少ないだけに、“1発”への警戒は十分に払いたいところだ。

冒頭のように、「継続すること」の必要性を語った後、今節に向けて藤田は、「連敗しないことが大事。前節のような、いい内容だったとしても、結果が出ずに負けてしまうと、イヤな流れになりかねない。今節に関しては、内容もそうだけど、結果を出したい」とも話した。今季のリーグ戦は残すところ今節を含めて6試合だが、11月は4試合中3試合がホーム。ラストスパートをかける霜月へ良い形でつなげるためにも、今節、連敗は厳禁。ルヴァンカップ決勝進出を決めて勢いに乗る札幌を敵地で下し、再び上位浮上を狙う。
■ロティーナ監督
Q:前節、連勝は5で止まったが、今節に向けてやるべきことは変わらない?
「前節、負けはしましたが、チームはいいプレーをしました。いまの姿勢、自分たちが見せているプレーを続けていくことが大事になります。試合なので、勝つときもあれば、負けるときもあります。結果はいろんなことにも左右されます。ただ、自分たちがやるべきことをやる、ということは、自分たちでコントロールできます。いつものように、次の試合に向けていい準備をして、いいプレーをすることだけを考えたいと思います」

Q:北海道コンサドーレ札幌について
「リーグの中でも強いチームだという認識です。特に攻撃の局面では、リーグでも屈指のチーム。自分たち自身に対して、より強い要求をしていくことが必要な試合になります」



■キム ジンヒョン選手
Q:前節、連勝は5で止まったが、何かを変える必要はない?
「前節、負けたことは悔しく、優勝からは遠ざかってしまったけど、残り6試合、まだまだ自分たちも諦めていません。前節も今年やってきたサッカーはできたし、崩れることもなく、試合自体はコントロールできていました。うまく試合は運べていたと思います。ただ、最近は無失点で終える試合がないので、失点ゼロで抑えることは、もっと意識していきたいです」

Q:セレッソ大阪時代の弟分である、北海道コンサドーレ札幌のク ソンユンについて。前回対戦時は、互いの好セーブも光ったが?
「札幌でいいパフォーマンスを見せ続けたことで、いまのポジションを勝ち取ったと思う。それはソンユンの実力。セレッソ戦なので、より気合いも入れてくると思うけど、僕自身も経験ありますが、代表帰りは多少、コンディションでの難しさもあります。前回は負けてしまったので、今回はこちらが勝てるように、頑張ります」



■舩木翔選手
Q:前節は、丸橋祐介選手のアクシデントを受けて、急きょ出番が来たが、振り返ると?
「アクシデントだったので、入りは難しかったけど、うまく(柿谷)曜一朗くんもサポートしてくれました。後半もうまくできたシーンもあったけど、動きの質と量はさらに追求していかないといけません。ポジション取りも、より大事になります。今季、ここまでサイドバックはマルくん(丸橋)と陸くん(松田)が支えてくれました。先輩たちが頑張ってきた分を、ここで自分が崩すわけにはいかない。『マルくんの穴を埋める』というよりも、自分なりのプレーで貢献して、攻撃の最後の部分にも関わっていきたいと思います」

Q:今節について
「札幌も、しっかりとポジションを取った中で、ポゼッションして攻めてきます。自分たちも、今年はそういうプレーを目指してやってきました。自分は外から試合を見ることが続いたけど、チームとしては、今年1年間やってきたことを出して勝ちたいです。札幌は(右ウィングバックの)白井(康介)選手が仕掛けてくるイメージもあるので、対人で負けないようしたい。逆に自分たちが高いポジションを取って攻めていけば、やられることもない。そこの駆け引きは大事。前に行けるところは行きたいと思います」

2019明治安田生命J1リーグ 第29節 北海道コンサドーレ札幌 1 - 0 2019明治安田生命J1リーグ 第29節