【Match Preview】相手は新監督の初陣。特殊な状況だが、積み重ねてきたことを発揮し、連勝を目指す

明治安田生命J1リーグ第21節のFC東京戦からリーグ戦で連敗を喫していたセレッソ大阪だが、先週は、天皇杯3回戦・レノファ山口FC戦に続き、横浜F・マリノスのホームに乗り込んでのリーグ戦でも勝利。中2日でのアウェイ連戦という過酷な日程の中、チームの底力を示す1週間となった。

前節は、守備では、攻撃的な横浜FMに攻め込まれる時間も長かったが、全選手が最後まで体を張ってしのぎ、1失点に留めた。3試合連続で失点している点は気掛かりだが、安定感は保たれている。得点力を伸ばしていきたい攻撃も、前節は少ないチャンスを生かして2得点。FWで起用されている奥埜博亮がクロスに合わせて2得点と、結果を出した。FW陣は、天皇杯3回戦では澤上竜二が2得点。練習では柿谷曜一朗も豪快にネットを揺らし、新加入の鈴木孝司も前節、早速、J1デビューを飾るなど、競争が活性化されている。

今節は、前節に続いて再びアウェイに乗り込み、ジュビロ磐田と対戦する。磐田との前回対戦時は、内容も伴い2-0で快勝したが、相手のホームで迎える今節は、前回以上に厳しい展開が待ち受けているだろう。今節の磐田は、フェルナンド フベロ新監督の初陣。気持ちが入っていることは明らかであり、J1残留へ向け、ここでシーズンの流れを変えようと、全選手が目の色を変えて挑んでくるはず。

まずは、そういった激しい肉弾戦も覚悟の上、試合に臨みたい。セレッソとしては、“フベロ・ジュビロ”を分析する材料がないことはネックでもあるが、試合の中で対応していく力は磨いている。「相手のメンバーや戦い方はハッキリしない部分もあるけど、今の自分たちのベースを崩すことはない。ウチとしては、やってきたことをやり続けるだけ」と藤田直之も毅然と語るなど、セレッソには、ロティーナ監督の下、ここまで積み重ねてきた経験値がある。相手の出方も見極めた上で、効果的にボールを動かし、試合を優位に進めるべく先制点を狙いたい。

リーグ戦での連敗という苦しい状況を打破すべく、先週は、多くの選手が出場機会を掴んで公式戦連勝を果たしたことで、チームの一体感は増している。

「(前節は)勝ったとは言え、相手から学ぶことはたくさんあった。ただ、自分たちも、『何が何でも勝点3を取る』という戦い方はできた。プランとは違っても、『勝つためには手段を選ばない』ということも、強いチームには必要なこと。ただ、向上しないといけないこともたくさんあるので、課題として取り組んでいきたい。今節は、相手の状況もあるけど、自分たちが上に行くためには、負けてはいけない試合。前節での課題にも目を向けながら、次の試合に向けて、いい準備をしていきたい」と話すのは水沼宏太。

“勝利”という最も大切な目標は見失わず、チームとして、選手個々として、「常に『前の試合よりいいプレーができるように』という意図を持って、日々の練習に取り組んでいる」(ロティーナ監督)のが現在のセレッソ。その歩みを止めず、上位に肉薄していくためにも、“新監督の初陣”というモチベーションが高い相手に対しても怯まず立ち向かい、堂々と戦い勝点3を獲得し、8月の戦いを締めくくりたい。


■ロティーナ監督
「我々が意図していることは同じです。成長し、発展すること。自分たちのプレーモデルを発展させ、より成長していくこと。常に成長できる部分、改善する部分はあります。常に『前の試合よりいいプレーができるように』という意図を持って、日々の練習に取り組んでいます。今節は、(新監督の初陣のため)相手がどのようなプレーをしてくるか分かりませんが、試合の中で、より適応していきたいと思います」

■ブルーノ メンデス選手
「(前節の)横浜F・マリノス戦は厳しい戦いになったけど、勝てたことが一番。連敗を止めて、勝点3を取れたことで、次の試合に挑む気持ちは全く違う。Jリーグは簡単な試合は一つもない。今節は、相手は監督が代わって、最初の試合。どんなサッカーで来るか分からない部分もある。ただ、自分たちもコンディションを回復させつつ、いい準備ができたので、敵地で全力を尽くして、勝点3を取るミッションを達成したい」

Q:先週は、メンバーを代えつつ連勝したことで、チームの一体感もより増した印象だが?
「チームが一つになっていることはとても大事なこと。チャンスをもらった選手が、そのチャンスをモノにしている。グループ全体として、いい競争ができている。チームが一体となれていることは、これからの戦いでも違いを生み出せると思う」


■丸橋祐介選手
「相手は監督も代わったけど、相手を意識し過ぎず、自分たちが積み重ねてきたことを発揮することに意識を傾けたい。まずは失点ゼロで終えることを目指しつつ、攻撃でもシュートチャンスは増えているし、ここ2試合は得点も取れているので、続けていきたい。前節はかなり暑かったけど、次の試合も暑さはあると思うので、試合運びも考えながらプレーしたい」

2019明治安田生命J1リーグ 第24節 ジュビロ磐田 2 - 0 2019明治安田生命J1リーグ 第24節