【Match Preview】グループステージ突破が懸かった一戦。大分に“リベンジ”を果たし、首位通過を決めたい

JリーグYBCルヴァンカップも今節がグループステージの最終節。Cグループは全チームに突破の可能性が残っている大混戦となっている中、2勝2分1敗の勝点8で首位のセレッソ大阪は、2勝1分2敗の勝点7で2位につける大分トリニータをヤンマースタジアム長居に迎え撃つ。

セレッソとしては、この試合は引き分け以上で自力でのグループステージ突破が決まる。仮に敗れても、もう1つのカードでヴィッセル神戸が名古屋グランパスに勝つか引き分ければ突破は決まる。ただし、「首位通過を狙っているし、前節(・名古屋戦)は2点を先制しながら追いつかれてしまった。今節は無失点で勝って突破を決めたい」とGK圍謙太朗も話すように、セレッソが目指すのは、当然、勝利のみ。

大分のホームで行われたルヴァンカップCグループ第1節では、セレッソは前半にブルーノ メンデスのゴールで先制しながら、終了間際に立て続けに失点して逆転負けを喫した。「最初に負けているので、シンプルに大分に勝ちたい」とは田中亜土夢。“リベンジ”というモチベーションも、セレッソにはある。

大分とは、J1リーグの第9節でも対戦しており、今季、3度目の対戦となる。「我々も相手のことはよく知っていますし、彼らも我々のことを知っているでしょう」とロティーナ監督も話すように、互いに手の内は把握している。ただし、メンバー構成は毎試合、異なっているだけに、今節出場する選手たちがどのようなプレーで変化を付けるか。チームを勝利に導くか。グループステージ突破へ向けた意欲を前面に出して戦う、セレッソの選手たちのプレーに期待したい。

また、若手の登竜門としての立ち位置もあるルヴァンカップ。セレッソは、ここまで舩木翔や瀬古歩夢、西川潤といった選手たちがピッチに立ち、チームの勝利に貢献してきた。その中で、瀬古はリーグ戦での先発の機会も掴み、西川は瀬古らとともにU-20日本代表に選出された。

そんな中、今節は、今季J3で6得点を奪っている山田寛人に注目したい。「チャンスをもらえたら、チームのために全力で戦いたい。トップチームで試合に出るためにJ3で頑張っている。(ロティーナ監督に)J3も見てもらえていると思うし、期待に応えたい。出れば、何かしらチームに貢献するプレーを見せたいし、少しの時間でも爪痕を残したい」と語る進境著しい背番号34のプレーに期待が懸かる。

初戦のショッキングな逆転負けから盛り返し、首位通過も可能な状態まで巻き返して、グループステージ最終節を迎えることができた。チーム全員でつないできたここまでの歩みを「無駄にしない」(福満隆貴)ためにも、今節、ホームのサポーターの前で、プレーオフステージ進出を成し遂げたい。









■ロティーナ監督
Q:大分トリニータとは、今季3度目の対戦となるが?

「大分は常に同じやり方でプレーしているので、相手のことはよく知っています。ただ、彼らも我々のことは知っているでしょう。我々にとっても難しい試合になりますし、彼らにとっても、難しい試合になる。今節は、そういった試合になると思います。我々ができることは、我々がやるべきプレーをすること。そうすれば、勝つ可能性は高まると思います」

■舩木翔
Q:引き分け以上で自力でのグループステージ突破が決まる状況だが?

「勝てば1位通過が決まりますし、もちろん、勝利を目指して戦います。前節は自分も点を決めて、チームとしても2点を決めながら、追いつかれた。ルヴァンカップの初戦でも、先制した中で、逆転されてしまいました。ホームでは勝ち切る姿を見せたいし、ゴール前での粘り強い守備、さらには、守るだけではなく、攻める姿勢も持ち続けて、しっかりと試合を終わらせる展開を目指したいと思います」

Q:ルヴァンカップには、ルーキーイヤーの17年もプレーしていますが、そのときといまでは、心境も違う?

「そうですね。(プロ)1年目は、みんなに付いていくのがやっとでしたけど、今年は自分が引っ張る気持ちで戦っています。ルヴァンカップのタイトルも獲りたいし、ここでやっていることがリーグ戦にもつながると信じて戦っています。1戦1戦に懸ける想いは強いですし、目の前にある1戦に全力でぶつかりたいと思います」

■福満隆貴
「他会場の結果を待つのではなく、勝って、自力でグループステージ突破を決めたいです。今年のルヴァンカップは初戦で悔しい負け方をしてスタートしましたけど、選手全員で、首位で突破できる状況まで持ってくることができました。それを無駄にしたくないです。グループステージを突破することで、チームの雰囲気もさらに良くなりますし、その後のリーグ戦にもつなげていけます。もちろん、ルヴァンカップとしても、純粋に上にいきたいです。これまでのルヴァンカップの試合もそうでしたけど、次の試合も、一人ひとりが強い気持ちを持って臨むことが大事になります」

2019JリーグYBCルヴァンカップ 第6節 大分トリニータ 2 - 0 2019JリーグYBCルヴァンカップ 第6節