【Match Preview】成長のサイクルにある現在。令和初のホームゲームで、リーグ戦、今季初の連勝を目指す

JリーグYBCルヴァンカップ第5節・名古屋グランパス戦の翌日、後半に2度の決定機を外した高木俊幸は、「自分が3点目を決めていれば試合も決まっていた。内容も伴った試合になっていただけに、勝ち切れなかった責任を感じる」と引き分けに終わった責任を背負い、結果を悔やんだ。それでも、「それ(チャンスを逃すこと)もサッカーの一部」とロティーナ監督は話し、「多くの選手たちがプレーできるコンディションにあることを示してくれたことは我々にとってプラス。戦う姿勢も良かった」とプレーした選手たちを褒め称えた。

直近のリーグ戦、J1第10節の松本山雅FC戦から先発を総入れ替えして臨んだ一戦だったが、名古屋戦でプレーした選手たちが再びリーグ戦にも食い込んでくるようになれば、チームとしての底上げはますます進み、より一体感のあるチームへと成長していく。

そういった成長のサイクルにある現在のセレッソ大阪。前節は敵地で松本に2-0で快勝し、リーグ戦では5試合ぶりとなる勝点3を獲得した。リーグ戦では開幕戦以来となる先発を果たした水沼宏太も、「『自分が出たときは絶対に結果を残してやる』という気持ちはあったし、何かを変えないといけないと思っていた」と強い決意で試合に臨んでいたことを明かす。リーグ戦では第6節の川崎フロンターレ戦から4試合未勝利、第7節の北海道コンサドーレ札幌戦から3試合連続無得点という流れを断ち切る会心の勝利に、手応えを覗かせた。

迎える今節。リーグ戦では開幕戦以来となるホームでの勝利を、そして、今季初の連勝を目指す一戦となるが、相手の横浜F・マリノスは強敵だ。アンジェ ポステコグルー監督就任2年目となる今季、攻撃サッカーに磨きがかかり、三好康児やマルコス ジュニオールといった新戦力もすぐにフィット。直近の公式戦は4連勝中だ。そんな横浜FMの脅威は、セレッソも宮崎キャンプで行われたトレーニングマッチで、身を持って体験している。

もっとも、押し込まれる時間が長かった宮崎キャンプでのトレーニングマッチにしても、お互いレギュラークラス主体で臨んだ試合で勝ったのはセレッソであり、昨季のJ1リーグ最終節でも粘り強い戦いから逆転勝利を掴んでいる。「しっかりとつないでくるのが彼らのスタイルですが、昨季も含めて、自分たちは彼らに負けていません。自信を持って試合に臨みたい」と守備の要、マテイ ヨニッチも話すなど、セレッソとしても気後れすることなく、試合に挑む。

相手の巧みなパスワークを前に、守勢に回る展開も覚悟の上、守備一辺倒になるのではなく、ロティーナ監督の元、磨いているポゼッションを発揮する時間帯も必ず訪れるだろう。相手の高いディフェンスラインを攻略すれば、得点チャンスも作れるはずだ。「令和」最初のホームゲーム。スタジアムに詰めかけたサポーターとともに勝利を分かち合うために、セレッソイレブンが、持てる全ての力を発揮する。









■ロティーナ監督
Q:JリーグYBCルヴァンカップ第5節・名古屋戦グランパス戦について

「ポジティブな点は、たくさんチャンスを作れたこと。多くの選手たちがプレーできるコンディションにあることを示してくれたこと。それは我々にとってプラスです。戦う姿勢も良かったです。一方で、勝つに値するチャンスはあったけれども勝てなかったことが、ネガティブな点です。3-0や3-1にするチャンスもあったのですが、逃してしまった。でも、それもサッカーの一部だと思っています」

Q:今節の相手、横浜F・マリノスとは宮崎キャンプでも試合をしましたが、印象は?

「クオリティーの高い選手が揃っていて、ゲームを支配してくるチームという印象です」

Q:前節の松本山雅FCともまたタイプの異なる相手だが?

「いま、我々は自分たちの道のりを進み続けること、自分たちのやっていることをより伸ばしていくことを意識しています。確かに松本とは大きくキャラクターの異なるチームですが、我々はまず自分たちのことを考えるべきだし、成長し続けていきたいという欲を持って試合に臨みます」

■水沼宏太
Q:前節の松本山雅FC戦について

「チーム状況があまり良くない中、ルヴァンカップで結果を残した選手たちが出て、リーグでも勝ったことは、チームとしての力が一つ上がったのかな、とは思います。『自分が出たときは絶対に結果を残してやる』という気持ちはあったし、何かを変えないといけないと思っていました。それが何なのかということは、前節に凝縮されていたと思います。みんなが一つひとつの局面で戦っていたし、最後まで集中力を切らすことなく、コンパクトに戦えていた。昨季までベースにしてきた、走ることも出せていた。そこは、どんなサッカーをするにしても、ベースにしていかないといけません。そういったベースを発揮した上で、松本戦に向けて準備してきたことを体現できたことも進歩。監督やコーチが示してくれた戦術や、与えてくれたアイディアを体現することが、チーム力のアップにつながります」

Q:今節の横浜F・マリノス戦に向けて

「相手は特長がハッキリしているチームなので、自分たちがやるべきこともハッキリする。チャンスは作れると思うので、そこをしっかり仕留めることが求められます。誰が出たとしても、チームとしてやるべきことをやって、相手の出方も見ながら、自分たちが用意したことをしっかりと体現したい。それと、前節、試合をやっていて何より感じたことは、みんなが躍動していたということ。サポーターは、選手がピッチ上で躍動する姿、戦う姿を見に来てくれていると思う。『こいつら、戦っているな』というところは示さないと、選手としての存在意義も問われてきます。まず、何よりもそこ。内容もそうですけど、ピッチで戦って、勝ち切る姿を見せたいです。前節の松本戦は、大勢のサポーターがスタンドを埋めてくれて、選手たちもびっくりしていました。そういったサポーターの前で、オク(奥埜博亮)のゴールで喜べたことは、すばらしいこと。次はホームでそういったシーンを作って、みんなで一つになって、勝ちたいです」

■マテイ ヨニッチ
Q:前節の松本山雅FC戦について

「いいゲームができたと思います。ディフェンスも良かったし、攻撃でも2点を取れたので、良かったです。何より、ようやく勝てました(笑)ポジティブなことが多い試合になったと思います。(CBでコンビを組んだ瀬古歩夢とも)コミュニケーションを取って、バランスよく、気持ちよくプレーできました。彼は若いですが、才能がある選手。彼自身、前節はよくやっていました」

Q:今節の横浜F・マリノス戦に向けて

「今季、ここまでリーグ戦ではホームであまり勝てていませんが、いまは流れが来ているし、選手も自信を持ってプレーできているので、今節は勝つチャンスだと思います。もちろん、相手もいいチームで、難しい試合にはなるとは思います。しっかりとつないでくるのが彼らのスタイルですが、昨季も含めて、自分たちは彼らに負けていません。自信を持って試合に臨みたいと思います」

2019明治安田生命J1リーグ 第11節 横浜F・マリノス 3 - 0 2019明治安田生命J1リーグ 第11節