【Match Preview】勝てばグループステージ突破が決まる一戦は、チームのさらなる成長のためにも重要な試合

JリーグYBCルヴァンカップの前節・ヴィッセル神戸戦ですばらしい軌道を描いた見事なドライブシュートを決めてチームを勝利に導いた田中亜土夢は、試合後、「ルヴァンカップに出ている選手はリーグ戦での出番が少ないけど、『ここで勝利すればチャンスが広がる』という話を試合前とハーフタイムの円陣で確認し合いました」と話したが、リーグ戦の前節・松本山雅FC戦で、その言葉は現実のものになる。ブルーノ メンデス、水沼宏太、奥埜博亮、藤田直之、瀬古歩夢といった直近のルヴァンカップを連勝する原動力となった選手たちがリーグ戦でも先発に名を連ね、2-0の勝利に大きく貢献した。

「松本戦の結果で、ますますチームの雰囲気は良くなりました」と福満隆貴も証言するように、チームの一体感が増したことは間違いない。「練習からしっかりやれば、チャンスは来る」(福満)という気持ちを選手一人ひとりが改めて持つことにもつながった。今節の名古屋グランパス戦も、「出た選手が結果を残していけば、チームの相乗効果につながる」と山下達也は話す。

その名古屋とは、ホームで戦った第3節は3-0で快勝を収めた。序盤からアグレッシブなプレスで相手を追い込み効果的に得点を重ねると、後半には、来季加入が内定している2種登録の西川潤のアシストから福満がネットを揺らし、勝負を決めた。

そういった良いイメージが残る相手だが、名古屋にしてみれば、負けたままでは終われないはず。借りを返すべく強い気持ちで今節に挑んでくることは明白であり、相手のホームに乗り込む形となるセレッソとしては、前回よりも厳しい展開が待ち受けているだろう。アグレッシブな姿勢は継続しつつ、勝利を掴むためには我慢する時間帯はしっかりと耐え、訪れたチャンスを仕留める強かさが求められる。

今節は、セレッソにとって、勝てば無条件でプレーオフステージ進出が決まる重要な一戦。「戦いのステージを広げていけば、その分、チームも選手もチャンスは広がる」と山下も話すように、グループステージを突破することで、チームとしてはタイトルに近づき、選手としてもアピールの場が広がる。「(ルヴァンカップの)前節の神戸戦と比べれば、今節は選手の入れ替えはあるでしょう。そこでプレーを証明すれば、またリーグ戦にもつながります」とはロティーナ監督。チーム内での競争をより活発にするためにも、直近のルヴァンカップの2試合と同様、プレーする選手たちの奮起が求められる。

“奪還”へ向けて歩みを進めるためにも、チームのさらなる成長へつなげるためにも、“リベンジ”に燃える相手を返り討ちにし、グループステージ突破を果たしたい一戦だ。









■ロティーナ監督
「今節は、勝てばグループステージ突破が決まる重要な試合です。それ以上に、個人が成長するため、チームが成長するためにも重要な試合です。(直近の)リーグ戦に出た選手たちがプレーした理由は、カップ戦で力を証明したから、パフォーマンスが良かったからです。もちろん、日々のトレーニングでも成長するチャンスはありますが、試合は、より成長につながる機会です。我々にとって、明日のチームのパフォーマンスも重要になります。(ルヴァンカップの)前節の神戸戦と比べれば、今節は選手の入れ替えはあるでしょう。そこでプレーを証明すれば、またリーグ戦にもつながります。選手は自分自身でポジションを勝ち取ることが求められます。ピッチで証明することの重要性は、どの選手についても言えることです」

■田中亜土夢
「ここ2試合、ルヴァンカップで勝利することで、リーグ戦にもいい形で持っていけました。個人、個人、そういう意識を持って戦うことで、ルヴァンカップの勝利にもつながるし、リーグ戦にもつながります。個人の強い気持ちがチームの力になります。前節のルヴァンカップの試合前にも円陣で話したのですが、今節もまた、そういった(カップ戦でのプレーがリーグ戦にもつながるという)話を共有して、試合に臨みたいと思います」

Q:前節の神戸戦では素晴らしいゴールを決めました。今節も貪欲に狙っていきますか?

「どの試合でもシュートの意識は高く持って臨みたいし、本数が多いだけ、ゴールの確率も高くなります。今節も積極的に打っていきたいです。家族も含めて応援してくれている人はいますし、前節のゴール後は、フィンランドの知人からも連絡が来ました。いろんな人に応援してもらっている、ということはゴールを決めて改めて感じたし、そういった応援してくれている人たちの笑顔を作るためにも、という気持ちを持ってプレーしたいと思います」

■山下達也
「この2試合、ルヴァンカップでは結果も出ているし、いいサッカーができているので、続けていきたいです。誰が出ることになるか分からないですが、出た選手が結果を残していけば、チームの相乗効果にもつながります。(瀬古)歩夢みたいに、カップ戦でいいプレーをすれば、リーグ戦でチャンスをもらえる選手も出てきます。自分自身、ルヴァンカップでは、初戦に途中出場した後に逆転負けを喫してしまい、不甲斐なさを感じたし、途中から入る選手の責任も感じました。その分も、(第2節以降は)チームの勝利に貢献したい、という気持ちで戦ってきました。戦いのステージを広げていけば、その分、チームも選手もチャンスは広がります。今節、勝って、プレーオフステージ進出を果たしたいと思います」

2019JリーグYBCルヴァンカップ 第5節 名古屋グランパス 2 - 2 2019JリーグYBCルヴァンカップ 第5節