【Match Preview】勝てば神戸を上回る重要な一戦。試合に懸ける想いを結果につなげたい

2年ぶりの“奪還”へ向けて臨んでいる今季のJリーグYBCルヴァンカップ。セレッソ大阪は、Cグループの前節、名古屋グランパス戦で今季のルヴァンカップ初勝利を飾り、勝点を4に伸ばした。今節のヴィッセル神戸戦は、「勝てばグループで首位に立てる可能性もある重要な試合」(ロティーナ監督)となる。

ここまで、ルヴァンカップの3試合はいずれもリーグ戦から大きくメンバーを替えて臨んできたセレッソだが、今節もその方向性は継続される見込み。「いまはリーグ戦で勝てていない状況で、ルヴァンカップに出る選手たちは、ここで活躍すれば、リーグ戦にもチャンスが来ることを信じてやっています」と試合に向けて話したのは奥埜博亮だが、これは今節に出場する選手全員に共通した思いであり、この一戦に懸けるモチベーションは高い。

前節の名古屋戦ではキャプテンマークを巻いて2得点を挙げ、チームを勝利に導いた水沼宏太も、「ルヴァンカップに出る選手たちの1試合に懸ける想いは感じている」と話す。その上で、「自分自身、キャプテンマークを巻くことで、普段以上の力が出るような気がしています。前節の勝利がリーグ戦につながらず、悔しさはあるけど、グループステージ突破のためには大きな1勝でした。前節だけではなく、継続していくことが大事です」と続ける。

対戦相手の神戸は、先日、電撃的に監督が交代。フアン マヌエル リージョ監督が契約解除となり、吉田孝行監督が“再任”という形で指揮を執ることになった。

「タカさん(吉田監督)がどういうサッカーをしたいか、という部分はある程度、把握しています」と話すのは、“吉田ヴィッセル”でのプレー経験がある藤田直之。「監督が代わって、選手間の競争意識も高まっていると思う。“ここでアピールしてリーグ戦につなげていこう”という気持ちは絶対にあると思うけど、それはウチも一緒。そういう意欲で負けないようにしたい」と試合に挑む心構えを話す。

神戸とは、リーグ開幕戦、ルヴァンカップの第2節に続き、早くも今季3度目の顔合わせとなるが、過去2度は、いずれも1点を争う競った試合展開となった。この一戦も僅差での決着が予想され、細かい部分での戦いが勝敗を分けそうだ。勝てば、神戸を上回ることができる一戦。グループステージ突破に近づく1勝、そして、連敗中のリーグ戦に弾みを付ける1勝を、是が非でもホームで手にしたい。









■ロティーナ監督
「今節は、勝てばグループで首位に立てる可能性もある重要な試合です。前節の名古屋戦は、我々にとってベストな試合でした。ボールを持ったときに、我々が望んでいるプレーもできました。それを続けていきたいと思っています。神戸は監督が代わりましたが、サッカーのやり方に大きな変化はないと思っています。なので、自分たちの神戸に対する戦い方で何かを変えるということもありません。選手たちに要求したいのは、自分の持っている最大限のパフォーマンスを出す、ということです」

■奥埜博亮
「チームとしてやろうとしていることを表現することに加えて、出る選手の個性を上積みしていければいいかなと思います。毎回、対戦相手に合わせた練習をやっていますが、試合の中では想定以外の状況も生まれてきます。時には1対1で負けないことが重要になる局面もあります。そういうところでもしっかりと対応していきたいです。いまはリーグ戦で勝てていない状況で、ルヴァンカップに出る選手たちは、ここで活躍すれば、リーグ戦にもチャンスが来ることを信じてやっています。何よりまずはチームが勝つことが一番で、その中で、選手一人ひとり、それぞれの良さを出していければいいかなと思います」

■藤田直之
「神戸は監督が代わっても、しっかりポゼッションしてくるやり方は変わらないと思います。新体制になって、早く勝点3が欲しいと思っていることは間違いないですし、監督が代わって、選手間の競争意識も高まっているとも思います。『ここでアピールしてリーグ戦につなげていこう』という気持ちは絶対にあると思うけど、それはウチも一緒。そういう意欲で負けないようにしたいです。戦術や技術の前に、『目の前の相手に勝つ』という気持ちの部分で相手を上回りたい。それをベースにした上で、監督が示すプランをしっかり表現して、勝つ試合を見せたいと思います」

2019JリーグYBCルヴァンカップ 第4節 ヴィッセル神戸 1 - 0 2019JリーグYBCルヴァンカップ 第4節