【Match Preview】上向きのチーム状態をさらに加速させていくためにも、勝点3が求められる一戦。古巣戦となる都倉賢にも注目

10日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ 第3節・名古屋戦グランパス戦では、内容、スコアともに相手を凌駕。完勝と言っていい試合で今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。「起用する選手の選択肢が増えたことはポジティブなこと」。ロティーナ監督も収穫を強調する。

J1第5節のベガルタ仙台戦で勝利し、前節は川崎フロンターレから勝点1を獲得。そして、リーグ戦では出場機会の少ない選手たちが中心となって挑んだ前述の名古屋戦での勝利。チームはいいサイクルに突入し、前進を続けている。

だからこそ、リーグ戦では3試合ぶりにホームに戻って迎える今節の北海道コンサドーレ札幌戦。「自分たちがここからさらに上に行くために、この試合は落とせない」とキャプテンの清武弘嗣も話すように、チーム状態をさらに加速させていくためにも勝点3が欲しい。

そして、この試合に人一倍、強い気持ちで挑むのが、古巣戦となる都倉賢。第4節の浦和レッズ戦からは1トップに定着し、ロティーナ監督が求める「深さ」を作った上で、しっかりと前で収めつつ、フィニッシュにも顔を出すなど、桜の前線に欠かせない存在となっている。

「札幌には5年間在籍して、チームの成長とともに、僕自身も成長させてもらいました。これまで、移籍した翌年に前いたチームと戦ったことがなかったので、正直、どういう気持ちで試合を迎えることになるか分かりません。ただ、昨季までチームメートだった選手たちと戦えることは楽しみ。何が何でも勝ちたいですね。これほど負けたくない試合もありません。自分のゴールで勝ちたいです」

今節は、桜の新たな背番号9を後押しする雰囲気を、スタジアム全体で作っていきたい。

また、この試合は守備力も問われる一戦だ。現在、リーグ戦では3連敗中とは言え、ルヴァンカップ第3節の湘南ベルマーレ戦で4得点、リーグ第3節の清水エスパルス戦でも5得点を挙げるなど、爆発力があるのが札幌の攻撃であり、日本代表にも選出された鈴木武蔵、アンデルソン ロペス、チャナティップの前線3人は脅威となる。彼らにスピードに乗った攻撃を許すことなく、しっかりと抑えていきたい。

生みの苦しみとなった3月を経て、戦術の浸透が進んでチーム全体が形になり、結果もついてき始めた4月。ここで立ち止まることなく、さらに歩みを進めていくためにも、今節、是が非でも、リーグ戦では開幕戦以来となるホームでの勝点3を掴み取りたい。









■ロティーナ監督
Q:JリーグYBCルヴァンカップ 第3節・名古屋グランパス戦について

「勝ったことにも満足ですが、私がそれ以上にうれしいのは、チームがいいプレーを見せたこと。各選手が1カ月前より成長していることを証明したこと。それが私にとってはうれしい。リーグ戦の出番が少ない選手たちもいいトレーニングを続けてきた、ということを証明した試合。チームにとっても、我々にとっても、起用する選手の選択肢が増えたことはポジティブなことです」

Q:今節の北海道コンサドーレ札幌戦について

「札幌はクオリティーが高く、攻撃に特長のあるチームです。テクニック、スピードのある選手が揃っており、危険な相手だと思っています。よりアラートに戦うことが重要です。両チームともボールを持ちたがるチームで、ボールを持っているときに、より快適にプレーできるという意味では、似ているかも知れません」

■清武弘嗣
「リーグ戦ではここ2試合負けがありません。アウェイの2試合で勝点4を取れたことは大きかったけど、前節の川崎フロンターレ戦は課題の多い試合でもありました。再びホームに戻って迎える今節、いい試合をサポーターの皆さんに見せたいと思います。ルヴァンカップの名古屋グランパス戦は、スタンドから見ていても、気持ちのいい勝利でした。次はまたリーグ戦でいい姿を見せられるように、勝点3を取れるように、頑張りたいと思います。自分たちがここからさらに上に行くために、この試合は落とせない試合だと思っています」

■マテイ ヨニッチ
「第5節のベガルタ仙台戦で勝てたことは、自分たちにとって大きかったです。あの試合に勝ったことで、僕たちは自信が付きました。前節、戦った川崎フロンターレは、2年連続リーグチャンピオンです。その相手から勝点1を取れたことは悪くない結果であり、2つのアウェイゲームで勝点4を取れたことをポジティブに考えています。札幌は攻撃に特長があり、3人のトップストライカーを擁しています。パワーとスピードがあるチームなので、しっかりディフェンスをすることが勝利には必要になると思っています」

2019明治安田生命J1リーグ 第7節 北海道コンサドーレ札幌 0 - 1 2019明治安田生命J1リーグ 第7節