【Match Preview】開花が待たれる“ロティーナ・セレッソ”。連敗を止め、未来へつながる勝点3だけを目指す

開幕4試合を終えて1勝3敗という結果には、監督、選手、スタッフ、サポーター、セレッソ大阪を形成する誰一人、満足はしていないだろう。ただし、新たなスタイルに取り組んでいる今季。「自分たちの形は少しずつ見えている。目指しているサッカーを信じて取り組んでいるし、その点で、ブレている選手はいない」とキャプテンの清武弘嗣も語るように、チームは一歩、一歩、着実に前に進んでいる。

そういったチーム状況を、都倉賢は船で例えた。

「船で言えば、まず土台を作らないと、どこへも行けない。強くて、しっかりした船を作れば、より遠くまで人を運ぶことができる。僕自身、これまでの試合でゴールを取れればベストでしたけど、チームの基盤作りに関しては、焦りはないし、より大きくて頑丈な船体を作ることができれば、自分たちの目指しているところへ行ける。あとは、中の船員のクオリティーを上げていくこと。一人ひとりがこだわりを持って、チームに還元することが大事」

攻撃力のある相手に対して、守備に重きを置いた開幕戦と第2節。堅く守れた分、後ろに重くなる課題も生まれた中、前節の浦和レッズ戦では、前からアグレッシブに仕掛けていくサッカーを披露。両ウィングバックも高い位置を取り、ボールを失った後の切り替えも速く、敵陣でプレーする時間は増えた。「前節に関しては、(柿谷)曜一朗くんと自分と瑛ちゃん(片山瑛一)の役割をハッキリさせてプレーすることができた。コースが重ならないことも意識してできたし、背後も取れていた。相手に対して脅威は与えていたと思う」と松田陸は右サイドにおける攻撃の手応えを語る。

守備の安定を図りつつ、ポゼッションをベースにした新たなプレーモデルを構築途上の“ロティーナ・セレッソ”。第3節のサンフレッチェ広島戦、前節の浦和戦では、ボールを握って攻撃していく中で、決定力という課題も浮き彫りになったが、逆に言えば、フィニッシュにフォーカスできるほど、チーム状態がこの短期間で成熟してきたとも言える。

「前節は、試合全体を通して自分たちのいい形は作れていた。チャンスの数も、今までの試合の中では一番、多かった。少しずつみんなで共通理解をもってできていると思うので、あとはそれを結果に結び付けていくことが大事」(片山瑛一)

得点、勝利のみを求める今節のベガルタ仙台戦。ボールをしっかり握って相手を動かすなどの戦術の浸透に加え、何より大切なのは、ミラーゲームにおいて、1対1で負けないこと、勝負への飽くなき執念だろう。

再び、都倉の言葉を借りる。「昨季の札幌も、最初の方に勝っていた試合は、ミシャ(ペトロヴィッチ監督)の思い描いた内容ではなく、泥臭い勝ち方も多かった。きれい事だけでは勝てないのがサッカーでもあるので、結果に対して貪欲になることは大切。ステップを踏んだチーム作りの過程で、次は結果が求められる」

もっとも、今節での勝点3を欲するのは、今季のリーグ戦で未勝利の仙台も同じ。ホームの大声援を背に、強い気持ちで向かってくるだろう。また、今季のセレッソが志向するサッカーに、ここ数年、取り組んでいるのが仙台でもある。敗れた第3節のヴィッセル神戸戦でも、効果的に敵陣を崩す攻撃も披露しており、その部分で神戸と互角に渡り合っていた。そういった力のある相手を凌駕するだけのパワーを、セレッソはアウェイの地で発揮していかなければならない。

いよいよ桜も開花のシーズン。連敗を3で止め、未来へつなげる勝利を得るため、セレッソイレブンが持てる全ての力を尽くす。










■ロティーナ監督
Q:今節に向けて、選手たちに強調したことは何でしょうか?

「前節・浦和レッズ戦のプレー内容には満足している。チャンスを作れたことにも満足している。それを続けること、チャンスを作り続けることを要求した。そして、もちろん、チャンスを生かすこと、決めることの重要性も強調した。また、浦和戦では、相手に少ないチャンスを生かされた。(自分たちの)エリアの中では、よりアラートにプレーすることも要求した」

Q:ベガルタ仙台もセレッソ大阪と似たシステムで、ボールを大事にするサッカーを志している。今節のポイントは?

「よりボールを持つチームが、勝つ可能性が高くなると思っている。我々が信じていることをやり続けることが重要」

■都倉賢
「土台作りは着実にできている。今は結果が出ていないけど、個人、個人、焦ることなく、監督の求めるコンセプトやビジョンに乗って、ひたむきに毎日の練習を続けていけば、結果が付いてくるのは間違いない。ただ、前に進むには成功体験が必要。結果から得られる自信は確実に必要。積み上げてきたモノへの自信は付いているけど、結果は得られていないのが現状。そこが両方、噛み合ってくれば、飛躍的に成長できる。今節は、何が何でも、僕自身は得点ですし、チームとしては勝点3。そこを是が非でも取りたい」

■奥埜博亮
Q:アウェイとしてユアスタでの仙台戦に臨む心境について

「実際にスタジアムに行って雰囲気を味わってみないと、どういう気持ちになるのか分からないけど、楽しみは楽しみ。ホームの時は力強く後押ししてくれたスタジアム。いい雰囲気で試合ができていた。そこへアウェイとしていくことは、いろいろな思いも沸いてくる。ただ、今はセレッソの選手なので、セレッソが勝てるようにやっていきたい。ボールを握って相手を動かせば隙は出てくると思う。自分たちがいい形で、いい距離感で攻撃できていれば、ボールを失ったときもいい距離感にいるので、そこから連動して守備もできる」

2019明治安田生命J1リーグ 第5節 ベガルタ仙台 2 - 0 2019明治安田生命J1リーグ 第5節