【Match Preview】向上しつつある内容を結果につなげたい一戦。崩しの場面での精度と勇気がカギ

ヴィッセル神戸との開幕戦を勝利で飾ったセレッソ大阪だが、その後は第2節の名古屋グランパス戦、第3節のサンフレッチェ広島戦と連敗。JリーグYBCルヴァンカップも含めると、直近の公式戦で4試合勝ちなしと勝利から遠ざかっている。

組織的な守備という点では連結が保たれており、失点は最小限に留めることができているが、勝利するために、得点が足りない。ここまでのリーグ戦3試合で奪った得点は、開幕戦でセットプレーから山下達也が決めた1点のみ。前節の広島戦こそ相手が引いたこともあり、後半は猛攻を仕掛けることができたが、流れの中からシュートに至る回数は少なく、相手ゴール前で迫力を出し切れていない。

もっとも、攻守が連動しているサッカーにおいて、どちらか一方が良い、悪い、という話ではない。バランスの問題であり、比重のかけ方にもよる。今季はここまで全ての公式戦を[3-4-2-1]で戦ってきたが、守備時に5バックとなるため、後ろに重く、攻撃に移った時に前との距離が遠いという課題も抱えていた。

また、今季はロティーナ監督の元、相手の立ち位置を見ながら丁寧につないで試合を作っていくポゼッションスタイルに取り組んでおり、その過程において、選手間の共通理解にはまだまだ成長の余地がある。ただし、「監督が積み上げてきたコンセプトを体現するということでは、試合を重ねるごとにチームの成長が感じられる。(攻撃の)前提となるビルドアップも、徐々にチームとして共通意識の中でできはじめている」と都倉賢も話すように、チームは進歩の跡を見せている。

その上で、「ボールを保持するだけだと相手に与える怖さはない。どこかでリスクをかけないといけない。点を取るためのボール保持、ということを忘れないで全員がやっていく必要がある。アタッキングゾーンまで運ぶことが前提にあると思うけど、そこからいかに脅威となるプレーをチームとして増やせるか。その回数を増やして、結果にも結び付けたい」と片山瑛一。戦術的な練習は非公開が続くが、「次のステップという意味で、最近は最後の崩しの部分を意識したトライをしている」と都倉も話す。

開幕戦以来の勝利を目指す今節。相手の浦和レッズは、直近の公式戦では3試合連続無失点。守備の固さと粘り強さは特筆すべきであり、セレッソとしても崩すことは簡単ではないだろう。だからこそ、ボール保持をゴールにつなげるため、リスクをかける場面では思い切って前へ出て行く回数を増やし、より崩しの場面での精度と連係の質を高めていきたい。

守備の安定感は保ちつつ、向上してきたボール保持を得点という結果に結び付けたい一戦だが、その前提にあるのは、「勝ちにこだわる気持ち」(キム ジンヒョン)。「連敗中の現状、今節はどうしても勝ちたい。全員が勝つために必死に戦わないといけない」と守護神は熱く語る。舞台はホーム、ヤンマースタジアム長居。勝点3だけを目指し、桜の戦士たちは試合に挑む。









■ロティーナ監督
「チームは少しずつ良くなっています。日々、いいトレーニングができていますし、試合でも、いいプレーが出せています。もちろん、まだまだ成長の余地はありますが、毎日、成長を感じることができます。神戸とのカップ戦も、後半と、前半20分までのチームの出来、プレーには満足しています。ボールを持ってビルドアップするだけではなく、相手のエリアに入って、深さを持って、攻撃することができていました。成長の道のりを歩んでいますし、より強く要求して、歩み続けたいと思っています。もちろん、結果は重要で、常に勝ちたいですが、それよりも、勝つためにどのようにプレーしているかということに、私は着目しています」

Q:バランスを重視している中、得点を奪うために、よりリスクをかけることも必要でしょうか。

「もちろん、リスクを冒すことも重要だと思っています。ただ、規律を守って、各状況でどのようにプレーするか、どのように振る舞うか。それを分かった上で、リスクを冒していくことが重要です。ディフェンス面では多くの問題はないと思っています。リーグ戦のここ2試合、負けてはいますが、チャンスは多く作らせていません」

■奥埜博亮
「なかなか結果は出ていないけど、徐々に練習でやろうとしていることは出せています。今は自分たちのできることをちょっとずつ増やしている段階。その中で結果が出れば自信にもなるし、もっともっと思い切ったことや新しいこともできると思う。勝点3を取ることを一番に考えて戦う中で、試合の中でも、チームが少しずつでも成長していけるようにやっていければチームとして良くなっていく。それが結果につながれば、もっと良くなっていくと思うので、勝って、サポーターの皆さんと一緒に喜び合いたい」

■丸橋祐介
「(直近のリーグ戦2試合での)失点は自分たちのミスからで、やられている感じはしないので、守備に関しては手応えを感じている。ただ、攻撃の部分がまだまだ。連係を合わせていかないといけない。そこが合ってくれば、もっと面白いサッカーになると思うし、得点も入ると思う。全体として、少し引き過ぎているので、失点はしないけど、点が取れない状況になっている。もう少し前に行く時間帯も増やしていいと思う。そういった声は後ろの選手から出してあげれば、前の選手も攻撃にパワーを使える。自分自身、行けるときはできるだけ高い位置を取って、攻撃でも守備でも前に出ていけるようにしたい」

2019明治安田生命J1リーグ 第4節 浦和レッズ 1 - 2 2019明治安田生命J1リーグ 第4節