【Match Preview】今季、最初の踏ん張りどころ。ホームでアグレッシブに、勝点3を目指す

ヴィッセル神戸とのリーグ開幕戦を勝利で飾るも、その後は名古屋グランパスとのリーグ第2節、大分トリニータとのルヴァンカップグループステージ第1節と公式戦で連敗。ここが今季、最初の踏ん張りどころだ。

もっとも、昨季からの継続として、堅守をより磨いていきつつ、ビルドアップで成長を求める今季のサッカーは、まだ始まったばかり。試合ごとに課題が出てくるが、現状では、その課題すらも収穫と捉え、チームのベースを高めていく作業に注力することが重要だろう。

敗れた名古屋戦、大分戦にしても「いいシーンもたくさんあったし、ボールの回し方も良くなっている」(清武弘嗣)。自分たちのできることは確実に増えている。名古屋戦では、前半、あと1本パスがつながっていればビッグチャンスという場面も見られ、大分戦でも、先制点のシーンでは、複数のパスがつながった崩しがゴールに直結した。ただし、試合を戦う以上、勝利が何よりも求められることは言うまでもない。「チャレンジしても、負けてしまうとサポーターは納得しないと思う。自分たちとしても、結果が出れば、自信になる」(木本恭生)。勝利を目指すことが大前提であり、課題は早急に突き詰め、勝つ確率を高めていきたい。

連敗した2試合で課題となったのは、「重心が後ろ向きになっていること」(清武)。もちろん、神戸、名古屋と攻撃力のある相手に対して意図的に下がってスペースを埋め、守備から試合に入る形が戦略としては功を奏した面もあった。ただし、ロティーナ監督も「ボール保持こそ最大の守備」という考え方であり、選手たちも、「ディフェンスラインを下げ過ぎてしまうと、攻撃の回数を作り出しにくいということもある」(都倉賢)と、守備的に戦うことを積極的に是としているわけではない。

ましてや、今節はホーム。しっかりとした守備はベースに、攻撃に出たときはトップとサイドが高い位置を取り、深さと幅を作った上で、空いたスペースを積極的に崩していく形を多く作っていきたいところだ。ここまでのリーグ戦2試合で1失点の広島は手堅い守備に特長があり、そう易々と隙を与えてくれるチームではないが、“ここぞ”の場面では、前向きにボールを持ち、相手の守備を凌駕するクオリティーを発揮していきたい。

「日々、成長している実感はある」と都倉は話す。「うまくできたところをもっとフォーカスして、次につなげることができればチームは良くなっていく。前向きにやっていくことが今は大事」とは水沼宏太。試合終盤の守備や試合の終わらせ方といった、直近の公式戦2試合で出たもう一つの課題にも、監督、選手は目を向けて議論を戦わせ、改善に努めている。そんな新チームを後押ししてくれる力強いサポーターの声援も背に、ホームで勝点3を目指す。









■ロティーナ監督
「今週はカップ戦があったので、いつものルーティーンではありませんでしたが、いい準備はできました。カップ戦について言えば、我々はカップ戦も重要視しているので、もちろん勝ちたかったですが、良い面もありました。というのも、ケガをしてプレシーズンはプレーできなかった選手たちを見ることができたからです。公式戦を戦うことで、より見えてくるモノもありますし、全員のコンディションを高める上で、とても有意義な試合でした。いずれにしても、重要なことは、チームとして成長し続けていくことです」

Q:前節の名古屋グランパス戦と、ルヴァンカップ・グループステージ第1節の大分トリニータ戦。「前半はボール保持できていた中で、後半はボール保持できない時間帯が長いことが課題」と話されていました。明日の試合では、なるべくボール保持をする時間を増やしていきたい?

「そうですね。その部分は改善して、成長していきたいと思っています。ボールを持って、チャンスを作る。そういったプレーで勝っていくことを我々は求めて戦っています。ただ、そこには成長の余地もたくさんあります。90分の中で、よりボールを持つ時間を増やすこと。それは、チャンスを作るため、より相手のペナルティーエリアに入って、得点を奪うためです」

■清武弘嗣
「名古屋戦、大分戦と、いいシーンもたくさんあったし、ボールの回し方も良くなっている。ただ、自分たちがボールを回しているようでも、相手を動かせていないこともある。“ボールを動かす”ということは、自分たちがただ気持ちよく回すのではなく、相手を走らせることが大事。こちらがボールを走らせることで相手を守備しにくくさせて、疲れさせるという狙いをもって、ボールを回さないといけない。そのためには、一人ひとりのポジション取りも大事。シャドーとウィングバック、センターバックとウィングバックの位置関係、ボランチとセンターバックの距離感、全てが大事。みんな考えているけど、試合では、うまくいっているところとうまくいっていないところがある。重心が後ろ向きになっていることも今の課題。後ろになると、ボールを奪う位置も低くなる。今は、まずは守備を落とし込んでいる段階。準備の中で攻撃のバリエーションはたくさんあるけど、まだそこまで行けていないのが現状だけど、試合をやっていくごとにチームとして成長していきたい」

■都倉賢
「ここまでのリーグ戦2試合は、守備に関しては、リトリートして守るという部分では、焦れずに戦えば、ある程度、失点ゼロの時間は作れるのかなと思った。ただ、自分たちから網をかけてボールを奪うシチュエーションも作るなど、前へのベクトルも同時に持たないといけない。そのあたりは、この2試合で見えたチームの課題。攻撃にしても、いろいろなコンセプトを持って準備はしているけど、ディフェンスラインを下げ過ぎてしまうと、攻撃の回数を作り出しにくいということもある。より良くしていくために、みんなで(改善に)取り組みたい。開幕戦は最高の雰囲気で試合ができた。何より、そこで勝てたことがうれしかったし、移籍して初めての試合でチームとして成果が出たことも良かった。次は、個人としてゴールという形でサポーターの皆さんと勝利を分かち合いたい。毎日、しっかりチームとして準備しているし、日ごとに成長している。そういった自分たちが積み重ねているモノをピッチで出したい」

2019明治安田生命J1リーグ 第3節 サンフレッチェ広島 0 - 1 2019明治安田生命J1リーグ 第3節