《Match Preview》

2年連続でのACL出場権を獲得するために、乗り越えるべき壁。チームの力を結集させ、勝利を掴みにいく

前節はアウェイでFC東京を撃破したセレッソ大阪。再びACL圏内に肉薄する大きな勝利を得た。布陣を[4-4-2]に戻し、ある意味、原点回帰で掴んだ勝点3。「今季の残り試合、しびれる試合を続けるためにも大きな勝利だった」(水沼宏太)と選手たちも語るように、残り5試合、3位以内へ向けての機運をもう一度、高めるためにも、価値ある勝利だった。

今節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦に挑む。「勝点差は2。勝てば抜ける、非常に大事な一戦」(杉本健勇)だ。前節に続き、ACL出場権を争う相手との、アウェイでのビッグマッチ。そんな今節へ向けて、「ウチが勝つためには、前節のように粘り強く戦うことがベースになる」と話したのは田中裕介。「前節は誰かがミスをしても、誰かがそれをサポートするディフェンスができていた。鹿島は試合巧者という印象はあるけど、ウチも一人ひとりが100%の力を出せれば勝てる。前節と同様、ミスが起きても全員でカバーすることが大事」と山下達也は語気を強める。

アウェイで鹿島撃破を成し遂げるために、前節見せた粘り強い守備は欠かせない。その上で改善したいのが、攻撃におけるビルドアップ。4バックに戻り、木本恭生やオスマルといったプレスの逃しどころとなる選手がいなくなった影響もあってか、前節は中盤でミスが何度も起きた。幸い、ボールロストが失点にはつながらなかったが、鹿島はそういったミスを見逃してはくれない。前節のようなボールの失い方を繰り返せば、鹿島はシュートに、ゴールにつなげてくるだろう。「(ミスから)1発で決められることはしないようにしたい。ボールを失った後も含め、全員で粘り強い守備を継続していきたい」とは山口蛍。

また、今節の行方を占う上で外せない要素が、今節から中2日で鹿島がACL決勝の第1戦に臨むということ。昨季の浦和レッズでの体験も踏まえ、高木俊幸は次のように鹿島の置かれた状況を推測する。「もちろん、目の前の試合が大事だということは分かっているけど、ACL決勝とリーグ戦を両立させるのはなかなか難しい」。もっとも、「来年のACLに出ることを考えれば、リーグ戦もしっかり戦ってくると思う。それに、メンバーが替わっても鹿島が強いことに変わりはない。ACL決勝に出て勢いにも乗っていると思うし、その勢いに飲まれないようにしたい」と山口は気を引き締める。

今季のACLファイナリストのホームに乗り込む今節。「いま、自分が分かることは、『簡単ではない試合になる』ということ。ACLの出場権を懸けた直接対決。本当に大事な試合」と語ったのはソウザ。過去、C大阪は2年連続でACL出場権を獲得したことはない。クラブ初のタイトル獲得を果たした昨季に続き、クラブ史を塗り替える大きな挑戦となる。「波があり、今まで乗り越えることができなかった壁は、若さで言い訳にしていたけど、今はみんなも経験を積んで、代表選手もいる。そういう言い訳は利かない。一丸となって乗り越えないといけないし、そういう姿を見せたい」とキム ジンヒョンはキッパリ話す。

紛れもない大一番。セレッソにとって今節は、そういった位置付けの一戦となる。










■尹晶煥監督
「チームはいま、いい競争ができています。3位も狙える位置にいるので、選手は皆、モチベーション高く、頑張っています。残り5試合、1試合1試合を大事に戦っていきます。(今節の相手である)鹿島アントラーズは(今節から中2日で)ACLの決勝があるので、どういうメンバーで来るか分かりません。ただし、相手より、僕らがどういう準備をして、どういう戦いをするかが大事。それに、鹿島は誰が出ても変わらないと思います。名門と言われるチームはそういうところがしっかりしている。若い選手たちも、よく分かっています。(前節は)勝ったことは大きかったですが、ミスも多かった。もちろんミスはあるものですが、ボールの取られ方がよくなかった。いらないミスは減らすことが大事であり、そこは意識させないといけないと思っています」

■山下達也
Q:前節のパフォーマンスが各方面で高評価だが?

「やられるシーンもあったので、自分としては手応えもそんなになかったけど、周りの評価が高いので、びっくりした。あの試合に関しては、誰かがミスをしても、誰かがそれをサポートするディフェンスができていた。それはプラスの材料だと思います」

Q:先発から遠ざかっていたが、気持ちを切らすことはなかった?

「試合に出ないと、どうしても試合勘は失われていくものだけど、そういう時に、チームのために何ができるかは常に考えないといけない。サッカーはチームプレーなので、そういうところは一番大事だと思う」

Q:今節について

「ACLの準決勝を見ても、(鹿島は)みんなで戦っているし、試合巧者という印象はある。でも、ウチも一人ひとりが100%の力を出せれば勝てる。前節と同様、ミスが起きても全員でカバーすることが大事。リスク管理はしっかりしたい。上(位)と離されないためにも、何としてもここで勝って、ACL圏内に行きたい」

■キム ジンヒョン
Q:今節について

「前節、僕たちはアウェイのFC東京戦に勝って、いい流れを作ることができた。今節も前節のように全員でカバーすることが大事。我慢強く戦い、守備は失点ゼロで抑えたい。鹿島は今年のACLに優勝しても、それで来年のACLに出られるわけではないので、リーグ戦でのACL出場権獲得も目指してくると思う。なので、リーグ戦も普段どおりに戦ってくると思う。ACLの準決勝はハイライトで見たけど、鹿島は負けている状況でも、ブレずにやるべきことを全員でまとまってやれる強さがある。2年連続でJリーグ勢が決勝に行ったことは、Jリーグにとっては素晴らしいこと」

Q:リーグ戦の残り5試合。ACL出場権を掴む可能性があるという現状について

「残り5試合はキツイ相手だけど、ここを乗り越えることができればチームとして大きい。みんなの勇気や自信になる。今まで2年連続でACLに出たことはないけど、全員で乗り越えたい。そういう姿を見せないと、サポーターの皆さんも喜べない。『セレッソは変わった』という姿を見せたい」

2018明治安田生命J1リーグ 第31節 鹿島アントラーズ 0 - 1 2018明治安田生命J1リーグ 第31節