【3/31 湘南戦】Match Preview

“原点”を見つめ直し、走って、楽しんで、今季のリーグ戦初勝利を掴み取りたい

代表ウィークによる中断期間を挟み、約2週間ぶりの再開となるJ1リーグ戦。今節、ホームのキンチョウスタジアムに湘南ベルマーレを迎え撃つセレッソ大阪としては、何としても再開初戦で今季のリーグ戦初勝利を手にし、ここから浮上するきっかけを掴みたい。

4試合が終わったばかりとは言え、リーグ戦での1勝が遠い現状に、もどかしさを募らせているサポーターも多いだろう。前節のヴィッセル神戸戦後、「序盤といっても、もっと危機感をもってやらないといけない。みんながそういう気持ちを持ってやれば、少しずつでも変わっていく。チームがいい方向に進むようにやっていきたい」と話したのはキャプテンの山口蛍だが、選手一人ひとりも、状況を好転させるべく、現状と向き合っている。

「数字にも出ているけど、(結果が出ていない試合は)走れていないし、そういうところでイチからやることが大事」(水沼宏太)。「今は戦術的なことよりも、チームが良かった時の原点を思い出すこと。勝つために走り負けないこと、戦う部分を大事にしたい」(高木俊幸)。

今節を前に、そういった“原点”の大切さを話す選手も多かったが、今節の相手である湘南ベルマーレは、まさに走力とハードワークを持ち味とするチームなだけに、セレッソとしては今節を巻き返しの第一歩とするために、まずは相手に走り負けないことが重要になる。

その上で、システム的にマッチアップが噛み合わないサイドでの攻防や、相手の1トップ2シャドーをどう抑えるか、といった守備も問われてくる。「押し込まれると僕たちも前に出られなくなるので、できれば高い位置を取りながら、相手との駆け引きで勝ちたい」と試合を見据えたのは丸橋祐介だが、相手の長所を出させる前に、自分たちで積極的に試合を動かし、素早い攻守の切り替えから、試合を優位に進めていきたい。

「勝ちたい。ホンマそれだけ。一人ひとりが思いっきりプレーして、楽しむこと。それができている時のセレッソは強い」。短い言葉に力を込めたのは、日本代表での欧州遠征から戻ってきたばかりの杉本健勇だが、躍動感に溢れ、伸び伸びとしたサッカーを披露した先に、勝利も見えてくる。

今節から、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)を含めた最大12連戦のハードスケジュールとなるセレッソ。そのリスタートとなる今節の重要性は、誰もが理解している。「今シーズンのターニングポイントとなる一戦」(オスマル)にすべく、ピッチに立つ選手たちは全力を尽くして戦う。

今週に入り、気温が一気に上昇した関西地方では桜が咲き出し、見ごろを迎え始めた。そんな“桜の季節”にふさわしい、セレッソに関わる誰もが笑顔になる勝利を、この手で掴み取りたい。









2018明治安田生命J1リーグ 第5節 湘南ベルマーレ 2018明治安田生命J1リーグ 第5節