2017Jリーグアウォーズ レポート


本日12月5日(火)横浜アリーナにて、「2017Jリーグアウォーズ」が行われ、セレッソ大阪は「2017JリーグYBCルヴァンカップ優勝チーム」として全選手が参加しました。



選手が着用するのはタキシード。
今回はセレッソ大阪のスポンサー企業である「ワールドウェディング」(http://www.worldwedding.jp/)にサポートをしていただきました。皆様も式場探しの際はぜひセレッソ大阪のスポンサー「ワールドウェディング」をご活用ください!


タキシード着用後は様々な取材が行われ、丸橋祐介選手温井駿斗選手はJリーグ公式ツイッターの取材対応を行いました。動画はこちらからご覧ください→https://twitter.com/J_League/status/937950031465799685



会場である横浜アリーナにはレッドカーペットが敷かれ、続々と選手が入場していきました。









セレッソ大阪は以下の賞を受賞しました。
ご声援本当にありがとうございました!

◆2017JリーグYBCルヴァンカップ優勝
セレッソ大阪

◆フェアプレー賞(J1)
セレッソ大阪(初受賞)

◆フェアプレー賞(J3)
セレッソ大阪U-23(初受賞)

◆フェアプレー個人賞
柿谷曜一朗選手(2回目/2013年、2017年)

◆J1優秀監督賞
尹晶煥監督(初受賞)

◆ベストイレブン
MF:山口蛍選手(2回目/2013年、2017年)
FW:杉本健勇選手(初受賞)


◆優秀選手賞
DF:マテイ ヨニッチ選手
MF:ソウザ選手
MF:山口蛍選手
FW:杉本健勇選手



Jリーグアウォーズ」終了後には、記者会見が行われました。

■山口蛍選手コメント
Q.久しぶりのJ1、どんな気持ちで戦ってきたか?
「セレッソがJ2にいた2年間の間で年々レベルが上がってきていると思います。その中でまさかセレッソがこの順位で、タイトルをとるとは思っていなかったと思うのでそういう意味では充実した1年になったと思います。個人としては最後の1試合でケガをしてしまったので悔いは残りました」

■杉本健勇選手コメント
Q.大きく飛躍した1年になったかと思います。この結果は想像できていましたか?また得点王を逃したこの経験はどのように捉えていますか?
「想像を超えるシーズンになりました。ファン、サポーターの皆さんが待ち望んでいたタイトルがとれてよかったです。得点王がとれなかったことには何か意味があるのかなと思っています。いつかとれるように頑張っていきたい」

イベント