11月3日(木・祝)ジェフユナイテッド千葉戦におけるサポーター同士のトラブルについて

いつもセレッソ大阪に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
当クラブでは、11月3日(木・祝)にフクダ電子アリーナで開催された明治安田生命J2リーグ第39節・ジェフユナイテッド千葉戦のアウェイ自由席エリア内において、サポーターによるトラブルがあった事実を確認いたしました。以下の通り当事者と面談し事実確認を行いましたのでご報告いたします。
試合当日、フクダ電子アリーナでご観戦されたすべての皆様、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
今後はこの様な事態が起こらない様にセキュリティ強化を図り安全にお越し頂ける環境作りに努めて参ります。

■事象
試合開始前にアウェイ自由席エリアにいたA氏がB氏に一方的に暴力行為をはたらき、B氏は出血し救急搬送される事態となりました。その結果、B氏は顔面部分に打撲を負いました。
クラブではA氏とB氏の双方と個別に面談を行い、上記事象が事実である旨を確認できております。
上記行為は、Jリーグ統一禁止事項により禁止されている行為であり極めて危険且つ重大な行為であります。
A氏が行った行為及びその結果をJリーグにて定める試合運営基準に照らし合わせ、以下の処分を決定しました。
さらに今後このような問題行為・トラブルは二度と行わないこと、このようなことが発生した場合には更なる厳罰・処分を受け入れることを誓約しております。

■処分内容
A氏に対し、厳重注意を行った上で、2016年11月6日(明治安田生命J2リーグ第40節愛媛FC戦)~2017年シーズンに開催されるホームゲームの5試合入場禁止とします。
※セレッソ大阪U-23の試合も含む
※その期間中のアウェイゲームも含む
※その期間中に昇格プレーオフ、プレシーズンマッチがあった場合も入場禁止とする。