AED講習会が行われました。

本日、セレッソ大阪の試合運営スタッフやヤンマースタジアム長居やキンチョウスタジアムを管理しているスタッフが中心となって「AED講習会」を実施しました。
心肺停止による死亡者は年間約7万人にのぼるとの事で、試合会場や長居公園内での万が一に備えて、真剣な眼差しで「人命救助」を実践し、AED使用の重要性を再認識しました。