大阪教育大学とのフレンドシップ協定締結のお知らせ

この度、大阪サッカークラブ株式会社一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブは「国立大学法人大阪教育大学(大阪府柏原市)」とフレンドシップ協定を締結いたしましたのでお知らせいたします。この協定を結ぶことにより、各機関が有する知的資源、人的資源及び物的資源の相互利活用を通して各々が担う地域社会等への貢献ならびに様々な分野において活動の充実を図っていきます。

【国立大学法人大阪教育大学】


公式サイト http://osaka-kyoiku.ac.jp/
◆契約内容:セレッソ大阪アカデミックパートナー

◆大学長:国立大学法人大阪教育大学長  栗林 澄夫    

◆住所:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1

◆趣旨
大学の活動及び地域スポーツクラブの活動に関して相互に協力することにより、教育及び研究の振興並びに地域スポーツクラブの発展を図り、大阪教育大学とクラブが担う地域社会等への貢献に資することを目的としフレンドシップ協定を締結する。

◆協力事項
・各機関が有する知的資源、人的資源及び物的資源の相互利活用に関すること
・各機関が共同で実施する事業に関すること
・その他前条の目的を達成するため、各機関が必要と認めたこと

◆国立大学法人大阪教育大学 栗林 澄夫学長からのコメント 
「大阪教育大学は、学生数約5,000名、付属学校の児童生徒約5,000名。朝日新聞出版発行の「大学ランキング2017」では、小学校・中学校・高等学校の教員採用者数が全国1位を誇る西日本最大の教育大学です。今回、地元大阪にある人気プロサッカークラブである「セレッソ大阪」とフレンドシップ協定を締結し、お互いに協力し合うことで、相互のブランド力を高めるとともに、教育大学として、地域社会やサッカー文化の熟成に貢献していきたいと考えています。具体的には、学内にセレッソ大阪応援の横断幕等を掲示し、試合を積極的に観戦するなど全学でセレッソ大阪を応援します。また、大学教員が選手やサッカー指導者向けに教育関係のセミナーの実施や、学生がクラブ運営に貢献するボランティア活動を実施することも検討しています。本学には、スポーツ専攻の学生が在籍しており、セレッソ大阪での学生のインターンシップ活動なども是非、実現したいと考えています。本日は、大阪教育大学応援デーとして、14時から行われている清水エスパルス戦に大阪教育大学の学生、教職員、付属学校園の児童・生徒ら約1,500人が観戦しています。大学・付属学校全体でセレッソ大阪を応援し、盛り上げていきたいと思います」

◆報道記者会見の様子