LEADS TO THE OCEAN(リーズ・トゥ・ディ・オーシャン)の活動開始のお知らせ

セレッソ大阪はLEADS TO THE OCEAN(リーズ・トゥ・ディ・オーシャン)の活動に賛同し7月から2017年6月までのホームゲーム終了後に、長居公園をはじめ、駅周辺などでゴミ拾いを行うことになりましたので、下記の通りお知らせいたします。

≪LEADS TO THE OCEAN セレッソ大阪 活動≫


ホームゲーム終了後に長居公園をはじめ、駅周辺などでゴミ拾いを行います。
ご参加いただくと、オリジナルゴミ袋の配布やセレッソカラーのトングをお貸しいたします。
また、スタンプカードを発行し、たまったスタンプに応じて認定証を発行します。



≪ご参加方法≫
毎試合、試合終了30分後にお集まりください。
集合場所:総合チケットセンター付近
実施時間:30分間
※オリジナルゴミ袋とトングを貸し出しいたします。
※初回の開催は7月9日(※北海道コンサドーレ札幌戦の試合終了後)となります。

LEADS TO THE OCEAN(リーズ・トゥ・ディ・オーシャン)とは
半世紀にわたり海の問題解決に取り組む日本財団と、日本一面白いゴミ拾いを目指すNPO法人海さくらが推進する、スポーツと清掃活動を軸に、海・自然環境への意識を高め、次世代に美しい自然を残すためのプロジェクト。
海ゴミは、街からもやってきます。
つまりスタジアム周りがキレイになれば、海にいくゴミを減らすことができます。
その活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がっていけばと願います。

活動ホームページ http://www.uminitsuzuku.com/cerezo/