香川真司選手による「SHINJIシート」今シーズンもセレッソ大阪ホームゲームに設置のお知らせ

セレッソ大阪では、今シーズンもホームゲームにおいて、「SHINJIシート」を設置することになりましたので、お知らせいたします。

これは、香川真司選手(ドイツ ブンデスリーガ ボルシア・ドルトムント所属)からの申し出を受けて実施するもので、2011年にスタートして今年で6シーズン目となります。
これまでの5年で延べ10,000人を超える方々をスタジアムへ招待いただきました。
「SHINJIシート」についての詳細および香川選手からのコメントは以下のとおりです。

【SHINJIシートについて】

2016明治安田生命J2リーグ ホームゲーム開幕戦となる3月12日(土)のザスパクサツ群馬戦(16時キックオフ@キンチョウスタジアム)から、キンチョウスタジアムまたはヤンマースタジアム長居のメインスタンドに100席設置し、毎試合100名の方をご招待いたします。
なお、「SHINJIシート」は、ホームタウンを中心に寄付して活用いただくほか、香川選手の意向をくみ、幅広く子どもたちをご招待するべく現在調整致しております。
※J2リーグのホームゲームのみ対象となります。

■香川真司選手のコメント

「今シーズンも『SHINJIシート』を継続させて頂くことになりました。この5年で10,000人以上の子どもたちがスタジアムへ来て、セレッソを応援してくれたと聞きました。
これからも一人でも多くの子供たちが、選手たちの頑張る姿を見てサッカーやスポーツの素晴らしさを感じてくれたら嬉しいです。
セレッソが今シーズン必ずJ1に上がるためには、子供たちをはじめとしたサポーターの皆様の力が必要です。僕もドイツの地から応援しています!」