乾 貴士選手による「INUIシート」今シーズンもセレッソ大阪ホームゲームに設置のお知らせ

セレッソ大阪では、今シーズンもホームゲームにおいて、「INUIシート」を設置することになりましたので、お知らせいたします。
これは、乾 貴士選手(スペイン リーガ・エスパニョーラ・SDエイバル所属)からの申し出を受けて実施するもので、2012年にスタートして今年で5シーズン目となります。

【INUIシートについて】

2016明治安田生命J2リーグ ホームゲーム開幕戦となる3月12日(土)のザスパクサツ群馬戦(16時キックオフ@キンチョウスタジアム)から、キンチョウスタジアムまたはヤンマースタジアム長居のメインスタンドに30席設置し、毎試合30名の方をご招待いたします。
なお、「INUIシート」は、セレッソ大阪のホームタウンに寄付して活用いただくほか、乾選手の意向をくみ、幅広く子どもたちをご招待するべく現在調整中です。
※J2リーグのホームゲームのみ対象となります。

■乾 貴士選手のコメント

「今、僕は夢だったスペインでサッカーをやっています。子どもの頃からサッカーをするのもそうだけど、観ることも大好きでした。観ることでいろんな影響も受けてきたし、(プレーの)マネをしてみようとチャレンジもしました。そんな風にセレッソの試合を観ることで、子どもたちにもたくさんいい影響を受けて欲しいと思います。
サッカーのことを好きになって、自分でやってみるのもいいし、一生懸命応援するのもいいと思う。サッカー、セレッソがきっかけで、いろんなことにチャレンジしてくれるようになったら僕も嬉しいです」