2016シーズン新ユニフォームデザイン決定のお知らせ

2016シーズンのセレッソ大阪のユニフォームが決定しましたので、デザインおよびコンセプトとともにお知らせいたします。

【新ユニフォームデザインについて/メーカー・プーマジャパン株式会社】

 フィールドプレーヤーの1stモデル、及びGKモデルのデザインには、肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストライプ」を採用。2016年モデルにはこの「アパレルフォームストライプ」に同色のパイピングを施しています。ユニフォームを前身頃と背中にはドットで表現された太めのボーダーグラフィックを採用しています。また、シャツを出して着用した際にデザインアクセントになるよう、シャツの裾部分にはパイピングを施しています。
フィールドプレーヤーの2ndモデルは、セレッソ大阪とも関係が深くプーマがサプライヤーを務める、ドイツのボルシア・ドルトムントの2015-16シーズンの1stモデルと連動したピンストライプのボーダーグラフィックを採用しています。異なるイメージのグラフィックではあるもののボーダーグラフィックをフィールドプレーヤーの1st、2ndそしてGKモデルを通して採用しています。

【ユニフォーム素材】

スクエアードライニット (ポリエステル100%) 
優れた吸水力で肌をドライに保ち、水分を拡散して素早く乾燥します。

※2016レプリカユニフォーム1次予約に関しては詳しくはこちら ⇒
https://www.cerezo.jp/news/2015-12-17-5/