ヤンマーカップ2015 vsU-23ベトナム代表 前日会見について

ヤンマーカップ2015の前日記者会見での村田一弘監督小暮大器選手のコメントをお知らせいたします。
村田一弘監督
「シンチャオ(こんにちは)。皆様、こんにちは。今回の試合に限り、セレッソ大阪の監督を務めます村田一弘です。本日はご多忙のところ多くの皆さまにお集まりいただき、本当にありがとうございます。この度、「ヤンマーカップ2015」と題し、ベトナムU-23の代表チームと試合をすることが出来ることを大変嬉しく思っております。ベトナムサッカー連盟の皆様、マッチネーミングスポンサーのヤンマーの皆様、ご関係者の皆様のご支援とご協力により、このような試合に参加できることを心より感謝申し上げます。
U-23の代表チームはリオデジャネイロ五輪最終予選前ということもあり、チームとしてまとまり、気持ちも入り、非常に厳しい試合になることになると思います。セレッソ大阪はシーズンを終えたばかりですが、来シーズンに向けて良いスタートがきれるよう、必ずや勝利を収めたいと思っております。なおセレッソ大阪とベトナムサッカー連盟様との関係は深く、今年8月にはヤンマー様から話を受け、芝生の専門家であるターフアドバイザーの松村氏をベトナムサッカー連盟様に派遣し、ベトナムサッカーの発展のために芝生の質改善について助言のご協力をさせていただきました。
最後になりますが、今回マッチネーミングスポンサーになっていただいたヤンマー様は、セレッソ大阪のトップパートナーとして、ユニフォームの胸にも広告を掲出させていただいております。ヤンマーという企業がアジアの人々の暮らしをより豊かにしたい、という思いがありますように、我々セレッソ大阪もこの思いに協同し、プロフェッショナルとして素晴らしいサッカーエンターテイメントを提供していきたいと考えております。これからもセレッソ大阪へのご支援、ご声援を何卒よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」
小暮大器選手
「内容よりも結果にこだわりたいと思います。今シーズンは終わりましたが、来シーズンに向けていい準備をしていきたいので、緊張感をもってとにかく勝ちにいきます」
会見の最後には、相手チームの三浦俊也監督、グエン・コン・フオン選手を交えてフォトセッションを行ないました。キックオフは12月17日(木)18時(現地時間)です。