「三菱電機 presents 2015セレッソの日。」イベントレポート

8月30日(日)に「三菱電機 presents 2015セレッソの日。」を開催いたしました。当日の様子をお伝えいたします。
オープニングではパウロ・アウトゥオリ監督からご来場いただいた皆さまへ「J1の舞台を目指して最後まで戦い抜く覚悟です」と力強い挨拶から始まりました。
選手に続いて、先日第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会で優勝したセレッソ大阪堺ガールズも登場。選手を代表してキャプテンの年本有優香選手からサポーターの皆さんへの優勝報告が行われました。
当日8月30日は丹野研太選手(29歳)、翌日8月31日は岡田武瑠選手(21歳)の誕生日だったので、サプライズで選手全員でお祝いをしました。生クリームでほとんど顔が見えませんでしたが、お二人ともとても嬉しそうな表情をしていました。
選手は様々なイベントに参加し、サポーターとの交流を楽しみました。
フードパークでは「たこ焼き道楽わなか」に田中裕介選手が登場。たこ焼き販売のお手伝いをしました。慣れない様子でしたが、とても一生懸命に接客をしていました。
「鶴心」には秋山大地選手が登場。慣れた様子で接客販売のお手伝いをしていました。
「選手ご当地PRブース」の「三重県ブース」には山口蛍選手が登場。三重県の名産物の販売のお手伝いをしていました。
コンコース内で行われた「レッドブル」のサンプリングには、森島アンバサダーも参加し、サポーターと一緒に試飲を楽しんでいました。
ステージ上でも様々なイベントが行われました。こちらは「○×クイズ」の様子。少し難しかったのかエジミウソン選手のみが不正解になってしまったようです。
サポーターのチカラ”プロジェクト:七夕・ドリームナイト~あなたの夢をかなえます~」で当選された方の夢をかなえました!C-Dreamsダンスステージにはサプライズで前川大河選手阪本将基選手沖野将基選手池田樹雷人選手西本雅崇選手達も参加し、会場を大いに沸かせました。
選手が移動時に使用しているバスに乗って長居公園を周回するツアーも行われ、玉田圭司選手橋本英郎選手等が参加しました。移動時のエピソード等も聞け、参加された方々は大いに盛り上がっていました。
ライブストリーム「セレッソ大阪 ハングアウトファンミーティング」では、玉田圭司選手橋本英郎選手茂庭照幸選手が参加し、長居会場の中継ブースと、タイとベトナムをインターネットでつなぎトークショーを楽しみました。
イベントの最後には山口蛍選手が挨拶をし「皆さんの応援が一番力になります。どんな状況でも自分たちは戦い続けるので、最後まで応援お願いします」とサポーターへの感謝の気持ちを言葉にしました。

当日は約4,700名のファン、サポーターの皆様にご来場いただき誠にありがとうございました。これからもセレッソ大阪にご声援のほど、何卒よろしくお願いいたします。