大阪市立中央図書館「The legends of Cerezo Osaka “No.8”」展実施のお知らせ

今年度から実施している大阪市立図書館でのセレッソ大阪の常設展示で、8月7日(金)から「The legends of Cerezo Osaka “No.8”」展を実施することになりましたのでお知らせいたします。
8月の「8」にちなみ、これまでセレッソ大阪で背番号8をつけてきた森島寛晃アンバサダー、香川真司選手(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)、清武弘嗣選手(ハノーファー96/ドイツ)、柿谷曜一朗選手(FCバーゼル/スイス)の懐かしいセレッソ大阪時代の写真パネルや愛用品などを展示いたします。
ぜひ、この機会に大阪市立中央図書館へお越しいただき、読書に親しんでいただくとともに展示をご覧ください。

【The legends of Cerezo Osaka “No.8”とは】

セレッソ大阪にとって「8」は伝統的な背番号。チームにとって不可欠なエースナンバーとして、初代の森島寛晃(現アンバサダー)から始まり、次の世代の選手へと受け継がれてきています。
森島アンバサダーから香川真司選手、香川選手がボルシア・ドルトムント(ドイツ)へと飛び立ち、受け継いだ清武弘嗣選手もまたハノーファー96(ドイツ)へ、そして柿谷曜一朗選手へと受け継がれますが、さらに柿谷選手もFCバーゼル(スイス)へと海外挑戦を果たし、2015シーズンは「8」は欠番として、次の後継者を待っています。
セレッソ大阪の「8」は、チームの攻撃の中心となる選手というだけではなく、日本代表としても活躍する選手たちが背負ってきました。
これこそが「The legends of Cerezo Osaka “No.8”(セレッソ大阪 背番号8の伝説)」と言われる所以なのです。

【The legends of Cerezo Osaka “No.8”展詳細】

■場所:
大阪市立中央図書館
大阪市西区北堀江4-3-2 TEL 06-6539-3326
〔アクセス〕
◇地下鉄千日前線/長堀鶴見緑地線「西長堀駅」下車、7号出口すぐ
〔開館時間〕
 月曜日~金曜日、(第1・3木曜日は休館) 午前9時15分~午後8時30分
 土曜日・日曜日・祝休日 午前9時15分~午後5時
〔休館日〕
 毎月第1・3木曜日

■期間:2015年8月7日(金)~

■展示内容:森島 寛晃アンバサダーをはじめ背番号8をつけてきた選手たちの、加入まもない頃から世界へ飛び立つまでの写真パネルや当時の直筆サイン、愛用品など。