セレッソ大阪堺レディースが堺市長を表敬訪問しました

4月5日(日)の2015プレナスチャレンジリーグWESTの開幕戦を前に、セレッソ大阪堺レディースの選手、スタッフが、大阪府堺市の竹山修身市長を表敬訪問しました。

チームを率いる竹花友也監督は、「昨年は残念ながらなでしこリーグ2部に残れなかったが、今年は優勝して昇格できるように頑張ります。東西あわせて12チームのうち、1位が自動昇格、2位が入れ替え戦という厳しい条件ですが、しっかり走り込みを行って、開幕に備えてきました。頑張りますので、今年も応援よろしくお願いします」と決意表明。

キャプテンの西田明華選手は、「今年も堺市のJ-GREEN堺でたくさん試合ができるので、ホームで全勝して1位になれるように頑張ります」と意気込みを話しました。

竹山市長からは、「体格の大きい選手との対戦は大変かと思います。市民の皆さんにたくさん応援してもらえるように堺市としてもバックアップさせてもらいます。頑張ってください」と、激励をいただきました。


西田キャプテンから市長に新しいユニフォームをプレゼントしました。「このユニフォームを着て、今年も応援してください」(西田キャプテン)


堺市役所セレッソ大阪応援団の皆さんが制作してくださった新しい横断幕が披露されました。市長から「桜輝く」とのメッセージを書いていただきました。


横断幕を手に記念撮影。


そのあと堺市議会を表敬訪問、大毛十一郎議長(中央)に激励していただきました。

初戦まであと4日。今シーズンもセレッソ大阪堺レディースに温かいご声援をお願いします!