Jリーグ第29節vs徳島ヴォルティス 戦(10/22)ホームゲーム イベントレポート

Jリーグ第29節vs徳島ヴォルティス 戦では、「セブン-イレブン サポーティングマッチ」が実施されました。


試合開始前には、場外に特設された「セブン-イレブンブース」でスタジアム限定で「セレッソ大阪オリジナルnanacoカード」が販売されました。



ご来場者の皆様には大阪府、奈良県、和歌山県内のセブン-イレブンで使用いただける「紅茶花伝  ロイヤルミルクティー」無料引換券が配布されました。
また、オフィシャルスポンサー「サラヤ」の「匠の塩飴」も先着5,000名様にプレゼントされました。


対戦相手のホームタウン「徳島県PRブース」では、名産品の数々が販売されていました
徳島県のイメージキャラクター「すだちくん」もPRのお手伝いをしていました。



プライムセレッソ会員限定グッズ「フットボールマフラー」が、プライムブースで販売されました。
数量限定販売となっておりますので、お早目にお求めください。
※セレッシ大阪オンラインショップ(http://shop.cerezo-osaka.jp/)からもご購入いただけます。


プライムセレッソおよびクラブセレッソの会員の皆様を対象とした「ファンクラブサンクスDAY」が実施されました。
ご来場ポイントの特別ボーナスプレゼント、フードパークでのスペシャルサービスや事前のご応募によるイベント参加などを実施しました。
選手入場前には、フラッグベアラーの皆様が選手たちを先導してくださいました。


また、キックオフ前には開門前から集まって練習を重ねてくださった皆様が、力強いAnthemで選手たちを鼓舞してくださいました。



そして、ハーフタイムにはサブのメンバーがウォーミングアップを行う横で、グリーンキーパーとしてピッチの痛んだ部分を丁寧に補修してくださいました。



試合前には「第64回社会を明るくする運動」活動への協力に対して、民間協力者表彰を受けました。


「セブン-イレブン サポーティングマッチ」は、セブン-イレブンの皆様によるキックインセレモニーでキックオフしました!


三菱電機プレゼンツ「セレッソ大阪MVP賞」は、もちろんセレッソ大阪移籍後初ゴールとなった楠神順平選手が受賞しました。賞品として三菱電機冷蔵庫JXシリーズを授与されました。


平日開催にもかかわらず、1万人を超える多くのファン、サポーターの皆様にお越しいただき、キンチョウスタジアムでの今シーズン最後のホームゲームを勝利で終えることができました。
まだまだ厳しい戦いは続きますが、目の前の試合を「一戦一勝」で乗り越え、最後まで全力で戦い続けますので、引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします。


次回ホームゲームは、11月2日(日)13:00キックオフ、Jリーグ第31節vsヴァンフォーレ甲府戦@ヤンマースタジアム長居です。
皆様のご来場をお待ちしております!