食中毒予防街頭キャンペーンに参加しました

7月31日(木)に泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅前の噴水広場において食中毒予防のための街頭キャンペーンを実施し、セレッソ大阪からは森島アンバサダーが参加しました。



厚生労働省では、細菌による食中毒が多発する8月を食品衛生月間と定め、全国的な取組みとして食品衛生知識の普及啓発の推進を図ることとしています。セレッソ大阪もホームタウンである堺市と協力し、この月間の一環として街頭キャンペーンを実施することにより、広く市民に食中毒を予防していただけるよう啓発活動を行いました。

森島アンバサダーは地元少年サッカーチーム・竹宮FCのメンバーや堺市の職員さんとともに、駅前の広場で食中毒予防の啓発うちわの配布を行いました。竹宮FCの小学生たちも元気よく、「食中毒に気を付けてください!」と道行く人々に声をかけながら、積極的にうちわを配っていました。