2014年チーム始動記者会見を行ないました

本日(2014年1月20日)、セレッソハウスにおいて「2014年チーム始動記者会見」を行ないました。その様子をお知らせいたします。


■ランコ・ポポヴィッチ監督挨拶
みなさんこんにちは。セレッソ大阪監督のランコ・ポポヴィッチです。よろしくお願いいたします。
このような20周年という特別な年にチームを率いることができて、幸せに思っております。これまでのセレッソ史上に残せなかった結果を残したいと思っておりますし、その戦力は十分整っていると思っていますので、20年間で一番いい結果を残せるようにやっていきたいと思っています。


■新加入選手
(武田博行選手)
背番号1番。ゴールキーパーの武田博行です。
一日一日の練習から必死にやって、チームの勝利のためにやっていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

(染谷悠太選手)
京都から来ました背番号3番、染谷です。
セレッソはタイトルを獲らなければいけないチームだと思っています。そのタイトル獲得に貢献できるようにがんばるので、よろしくお願いいたします。

(長谷川アーリアジャスール選手)
FC東京からきました長谷川アーリアジャスールです。
目の前の試合に、結果にこだわってがんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(永井龍選手)
1年半ぶりに戻って来たことを本当にうれしく思います。
この番号を着けられることを本当にうれしく思っているので、また一からがんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。

(安藤淳選手)
京都サンガから来ました、背番号16の安藤淳です。
本当にめちゃめちゃがんばります。
ここ(胸)に星をつけれるように、精一杯全身全霊でがんばっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

(小谷祐喜選手)
関西大学から来ました小谷祐喜です。セレッソ大阪というチームのために全力を尽くしますので、よろしくお願いいたします。

(岡田武瑠選手)
AC長野パルセイロから復帰しました岡田武瑠です。
本当に成長した姿をみなさんに見せられればと、思っていますし
チームのために全力を尽くしたいと思います。

(丹野研太選手)

大分トリニータから加入しました丹野研太です。
2年半ぶりにセレッソに復帰、加入できて本当にうれしく思っています。
チームとしても、個人としても、結果を出せるようがんばりたいと思っています。
よろしくお願いいたします。


Q:セレッソの監督を受けた決め手は何ですか?
A:まず私の考え方、私自身がもっているサッカー観と(セレッソの)考え方が一致していたことと、やはり素晴らしい力をもった選手、能力が高い選手が集まったチームだということも、決断する理由になりましたし、またこの20周年という記念すべき年に優勝を狙ってチャレンジできるということ。そこもやはり決断する大きな理由のひとつとなりました。


Q:外からみたセレッソ大阪の印象と今日、実際に練習を見て変わった印象はありますか?
A:私がセレッソに来る前からセレッソに関する情報は得ていたのですが、選手の動きをみてさらに印象が良くなったというのが正直なところです。今までの良い所、良い部分を聞いてきたのですが、まさにその通りだと感じました。


Q:ちなみに良い所とはどのようなところでしょうか?
A:ポテンシャルだと思っています。
まだ伸びしろがある選手ばかりですし、もっているポテンシャルは大きいものを感じました。そして今日、実際に選手と接してみて、持っている意気込み、モチベーション、何かを成し遂げてやるという強い気持ちも非常に感じました。私たちが誰かに優勝してくれと言われたから、優勝を目指すのと、自分たちでトップを目指していくと考えるのでは違いますから、選手たち自身、私たち自身で本気でトップを狙っていくという気持ちをチームから感じられたので非常に良かったと思っています。

Q:今日の初練習の前に選手たちにグラウンドでいろいろ話されたと思うのですが
簡単にどうゆうことを選手たちに伝えましたか?
A:私が今日選手たちにかけた言葉というのは、選手のために言った言葉であって、
ここで皆さんにお伝えするために言った言葉ではありませんから。
何を言ったかについては、選手に聞いていただきたいと思っています。


Q:今日のトレーニングでは、ランニングが何度かあり、コーチの方も一緒に走っていて、今までのセレッソとはちょっと違う感じでしたが、どのような意図があったのでしょうか?またトレーニングのモットーをお聞かせください。
A:単純に選手に言い訳させないためです。
スタッフが走れるんだから、選手が走れるのは当たり前だよとプレッシャーをかけるのもありますし、いい雰囲気を全員でつくっていくという目的もあります。


Q:セレッソには若い選手を中心にタレント揃いだと思いますが、このチームでどのようなサッカーを目指していきたいと考えていますか?
A:私もセレッソ大阪で働くのが日本で初めてではないですし、みなさんも私がどのようなサッカーを志向するかは頭にあるかと思うのですが、攻撃的で魅力的なサッカー、そして見ている人を満足させられるサッカーを目指したいと思っています。
大阪で一番魅力的なサッカーをし、日本の中でも一番魅力的なサッカーをするということ。
そこにこだわっていきたいと思っています。


Q:今シーズンACLもありますが、どのような目標を設定していますか?
A:ACLというのは国を代表して戦う試合だと認識していますし、
そういった意味でも日本のサッカーの質をしっかりと見せつけられるようなパフォーマンスをしていきたいと考えています。その中でセレッソ大阪というクラブの名前を世界中に広めていきたいと思っていますし、単にACLに参加するだけでなく、結果にこだわってそしてサッカーの質にこだわって、日本サッカーのレベルを見せたいと思っています。


Q:今シーズンリーグ戦ではどういった結果を求めていますか?
A:タイトル争いをしていくこと、そしてタイトルを獲得していくことが私たちの目標です。


Q:短く今シーズンの意気込みを一言お願いいたします。
A:私は一番が一番好きですし、成功を収めるためにはその成功へのプロセスをしっかりとたどらなければいけない、というところも皆さんに理解していただきたいと思うのですが、タイトルを獲得するまでの時間、道のりをなるべく短く、今年タイトルを獲れるチャンスがあれば、しっかりと獲りたいと考えています。


Q:勝矢さんにお聞きします。
ポポヴィッチ監督にオファーを出した理由、今シーズンの強化の方針をお聞かせください。
A:今まで築き上げた攻撃的なサッカーができる監督を選出しました。
その中で日本のサッカーにも精通していますし、さらに攻撃を発展させてくれる監督だということで招聘しました。強化の質問に関しましては、昨年度抜けたポジションというのを数多く補強するのではなく、数少ない中で質の高い選手を補強する、というところに重点を置きました。


Q:加入した選手の皆様に自らのアピールポイント、意気込みをお願いいたします。
(武田)シュートストップと捕ったあとのフィードです。あとはタイトルをとるために一生懸命がんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。

(染谷)パスであったり、守備の部分だと思っているので、そこをチームの勝利に結びつけられるようにしっかりやっていきたいと思っています。

(長谷川)パスだったり、ドリブル、前への推進力だったり、得点もそうですし、アシストというところでも、ひとつひとつの結果にこだわってやっていきたいと思っています。

(永井)自分はオーストラリアで強靭なフィジカル(の選手)とやってきたので、そこを見てほしいです。

(安藤)僕はサイドバックなんですけど、いい意味でサイドバックらしくないサイドバックなのかなと自分では思っています。起点になるようなプレーであったり、前への推進力であったり、そういうところを見てほしいと思います。

(小谷)一対一のディフェンスであったり、相手を絶対止めてやるという強い気持ちをもった魂をこめたプレーです。

(岡田)僕はドリブルと、あとは右利きなのですけど、左の精度も高く蹴れるので、両利き、というかそういうところを見てくれたらと思っています。よろしくお願いいたします。

(丹野)一対一の反応だったり、ディフェンスラインとともにビルドアップに参加して、やっていけるように、そういうところを見てほしいです。


Q:外からみてのセレッソの印象、自分が入って加えられる力、戻ってきてどこが成長したかというところを教えてください。
(武田)若くて技術がある選手が揃っていますし、前へ前へとそういう強い部分もあると思うので、しっかり攻撃に参加できるようにやっていきたいと思います。
(染谷)セレッソ大阪というクラブはすごく華のあるクラブだと思うので、またこれからやっていこうとしているサッカーにも華があるので、自分も力添えができるようにやっていけたらと思っています。
(長谷川)外から見たイメージはほんと若くて、みんな運動量もありますし、おもしろいサッカーをしているという印象があります。ただ自分がFC東京にいるときは、セレッソ大阪から2点獲っているので、やりやすいチームだなというのは正直思っていたので(笑)結果にこだわってセレッソのためにがんばりたいと思います。

(永井)オーストラリアにいるときもセレッソの試合はチェックしていました。
本当に魅力的なチームだと外から見ていても思いました。
その魅力的なチームに自分がゴールという形で貢献できればいいなと思っています。

(安藤)技術がしっかりしているというのが第一印象です。
自分もその中で、年齢関係なく他の選手から見習うじゃないですけど、色々勉強して活かしていきたいと思いますし、攻撃的なイメージがすごくあると思うのですが、自分が入ることによって、守備の面でもすごく魅力のあるチームにできればと思っています。

(小谷)セレッソ大阪は中学校の時にいたのですが、離れてからもずっと試合は見ていて、わくわくする攻撃もあるし、堅い守備もあるということで、すごく魅力的なチームだと思っていました。僕が帰ってきてみんなに見てほしいことは一対一のディフェンスであったり、魂込めたプレーなので、そこをチームにプラスしていけたらなと思います。

(岡田)攻撃的なサッカーという印象が強くて、前線の選手はユースの先輩が多いので、息を合わせて攻撃的なサッカーを組み立てていければと思っています。

(丹野)去年トリニータで三度、セレッソと試合をして、たくさん攻められて、たくさんシュートを打たれたので、攻撃力の高さはすごく実感しています。自分としては守備の安定に貢献できればと思っていますし、チーム全体としての自分の役割を果たせればと思っています。