「2013新体制発表会見」を行いました

本日(2013年1月30日)、阿倍野区民センター・大ホールにおいて、「2013新体制発表会見」を行いました。その様子をお知らせいたします。


岡野雅夫社長あいさつ
皆さんこんばんは。いよいよという感じで非常に引き締まる思いで、今日ここに立たせていただいております。日頃はセレッソ大阪に熱いご声援を本当にありがとうございます。それから今日、平日開催をさせていただいたにも関わらず、こんなに多数の皆さまに来ていただきまして、本当にありがとうございます。今日は、いつも津守のクラブハウスでマスコミの方だけにしている新体制発表会見を、サポーターの皆さんにも見ていただこうということで、こういう日程を組ませていただきました。いろいろとご迷惑を掛けたかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
私ども、やはり昨年を振り返らないといけないと思います。皆さまには本当に最後までご迷惑をお掛けしました。最後のハラハラ・ドキドキ、結局14位という不甲斐ない成績に終わりました。
また、ヤマザキナビスコカップや天皇杯につきましてもベスト8で敗退するということで、去年一年間「追球」という言葉でタイトルを追い求めるということを宣言させていただいたにも関わらず、本当に不甲斐ない成績で皆さま方には大変ご迷惑を掛けました。改めてお詫び申し上げます。
さて、今年なのですが、すでに舞洲に新しい練習場・クラブハウスを作らせていただき、すでに使わせていただいております。これも多くのサポーターの皆さま方、それからスポンサーの皆さま方から多額の寄付を頂戴しまして、作らせていただきました。これは選手一同、わたくしたちスタッフ一同、非常にありがたく思っておりますし、真摯に受け止めて、この皆さま方のご期待に応えるようなチームにしていく必要があると考えております。のちほど紹介させていただく今シーズンの新しい加入選手たち。わたくしどもの今までの弱点を本当にある意味で補えた補強ができたとも思っております。また、今までいました柿谷選手をはじめとする若き有能なタレントたちと新しい選手たちとが融合して、必ずや今年こそタイトルを手に入れたいと考えております。


レヴィー・クルピ監督あいさつ
オヒサシブリデス。ミナサン、コンバンワ。今は眠いです。月曜日にブラジルを出発し、今日到着して駆けつけました。キャンプの前に選手たちだけではなく、ぜひともサポーターの皆さんにお会いしたいという気持ちがあって、私の方から今日開催してもらえないだろうかというお願いをしたのです。
今日は、ここで皆さんに誓いを立てなければいけないと思っています。それは、社長の話にもありましたけれども常にリスクを覚悟の上で、冒険をし続けて上位3チームに必ず食い込みたいと言うことです。
みんながバラバラに戦ったら絶対に結果は出ないと思うのですが、逆に我々の力、そしてここにいる皆さんの力がひとつになれば、絶対に達成できる目標だと思います。セレッソが設立されて20年という話が先ほどありましたけれど、この記念すべき年こそ、記念になる成果をしっかりと形に残したいと思っています。
リーグの中にはわれわれよりも資金力のあるチームがあるのですが、そういうすべてのことを乗り越えて、我々が絶対に目標を達成したいと思います。
それは確かに難しい、簡単なことではないと思っています。しかし、今日この瞬間から皆さんと心をひとつにしてシーズンを戦い抜いて、セレッソの楽しい、そして見て面白いサッカーを追求します。リスクを覚悟の上で、とにかく勝利を目指して戦う、これを重ねて行って最後は結果につなげたいと思います。
2007年にセレッソに復帰してから毎年毎年、皆さんの温かい声援、そしてサポートをいただいて、本当に気持ちよく仕事をさせていただいてもらっています。だからこそ、今年は恩返しの気持ちも含めて、必ず目標を達成しなければいけないという強い気持ちを持っています。
チームには選手、チームスタッフ、クラブスタッフとプロフェッショナルな人材がそろっているので、この力をひとつにして、ここにいる皆さんとともに結果を出し、そしてタイトルを獲りたいと思っています。
今日は、本当にお忙しい中たくさんの皆さまに駆けつけていただいて、心から感謝したいと思います。我々は明日からキャンプへ行くことになるのですが、タイキャンプから帰ってくるころにはシーズンに向けて準備万端というチームをお見せできるように、いい準備をしたいと思います。
そして開幕戦ですけれど、ここにいらっしゃる皆さんのスタジアムでの後押しを期待しています。開幕戦から我々の勝ち切る姿勢を見に来ていただきたいと思います。今日はどうもありがとうございました。


新加入選手紹介


・武田洋平(背番号1)
こんばんは、武田洋平です。チームの目標でもあるタイトルを目指して、自分自身少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。


・新井場 徹(背番号7)
アントラーズから来た新井場です。皆さんの力をひとつにして必ず優勝しましょう。よろしくお願いします。


・楠神順平(背番号10)
フロンターレから来ました楠神順平です。タイトルを取るためにこのチームに来ました。みんなで一緒にタイトルを取りましょう。よろしくお願いします。


・南野拓実(背番号13)
こんばんは、南野拓実です。優勝するために全力でプレーするので、応援よろしくお願いします。


・秋山大地(背番号26)
こんばんは、秋山大地です。1年目からどんどんタイトルを取るように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。


・小暮大器(背番号29)
こんばんは、小暮大器です。少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。


・岡田武瑠(背番号32)
こんばんは、岡田武瑠です。セレッソのタイトルのために少しでも力になれるようがんばるので応援よろしくお願いします。

・椋原健太(背番号33)
こんばんは、FC東京から来ました椋原健太です。レヴィー・クルピ監督の下、選手・クラブ・ファン・サポーターの方と一緒に力を合わせて、ぜひタイトルを取りましょう。よろしくお願いします。

※ク ソンユン選手(背番号27)はケガのため会見を欠席しました。


キャプテン藤本康太あいさつ
こんばんは。今年もキャプテンを務めさせていただきます。藤本康太です。よろしくお願いします。昨年は目標「タイトル」ということを掲げてスタートして、結果、残留争いということになってしまったのですが、あらためてJ1というリーグでやることの厳しさがわかったシーズンだったと思います。去年は最後まで本当にハラハラ、ドキドキさせてしまったので、今年は最後までみんながワクワクできるように、シーズン通してスタッフ・チーム一丸となって戦っていきたいと思いますので、今年も熱いご声援をよろしくお願いします。

 

この後の質疑応答はこちら