セレッソ大阪堺レディース 新体制発表会見を開催しました

本日、J-GREEN堺(大阪府堺市)において、2013年シーズンより「プレナスチャレンジリーグ」に参加するセレッソ大阪堺レディースの新体制発表会見を行いました。出席者のコメントなどを以下の通りお知らせいたします。

【セレッソ大阪堺レディース 2013新体制発表会見】
日時
 : 2013年1月23日(水) 16時30分~
場所 : J‐GREEN堺 クラブハウス2階会議室  大阪府堺市堺区築港八幡町145番地
主催 : 大阪サッカークラブ株式会社、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ

■大阪サッカークラブ株式会社  岡野社長 
「レディースU-15が出来た同じ年にJ-GREEN堺ができ、チームを育てていただいた堺で、チームを立ち上げることができ、うれしく思います。チームの運営方針としては、セレッソ大阪の育成型クラブという考え方を女子のほうでも実現したい、育成から上がってきた選手だけで運営していこうと考えています。活動場所としては、J-GREEN堺のS1フィールドを主なホームゲームの会場とし、また練習場所としては、(大阪市内の)南津守グラウンド、舞洲グラウンドなどを使用する予定です。また、セレッソ大阪堺レディースの下に、セレッソ大阪堺ガールズというチームを作ります。今年は、チャレンジリーグで何とか互角に戦えるように、そして、近い将来なでしこリーグに入れるようにしたいと考えています」

■堺市 竹山修身市長 
「セレッソ大阪堺レディースは、このJ-GREEN堺を中心に活躍していただけるということで、本当にうれしく思っております。堺市は、可能な限りのご支援をさせていただきたいと思っておりますし、広報誌を通じての啓発、広報、そしていろいろな形で地域との連携を図っていきたいと思っております。ここで育った選手が将来『なでしこジャパン』の一員になるということも夢ではないと思います。そして『スポーツタウン堺』の実現に向けて一歩進んで行きたいと思います」

■一般社団法人大阪府サッカー協会 鬼武健二会長 
「日本サッカー協会に登録された女子選手は30,000名弱、大阪府では1,000人弱という状況です。ただ、キッズを含めていきますと、登録されていない女子の選手というのは、おそらく何倍もいるんだろうと思います。その子たちを育てていくいい状況を提供する、いいアイデアを出していくというのが大阪府サッカー協会の役割で、精一杯いい環境を作っていきたいと考えています。同時に、セレッソ大阪堺レディースが一日も早く優勝するようなことがありうるなと、またそうなってほしいなと思います。今は、いい勢いで上り坂にあると思っていますので、精いっぱい支援していきたいと思っています。堺市・大阪市一体となって活躍をされますように、また我々が周りをうまく固めることができるように頑張っていきたいと思います」

■セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督
「セレッソらしい、攻撃的なサッカーを展開していきたいと思います。まず、守備の意識をしっかりしてしっかりしたディフェンスを作って、1年戦っていきたい、そして次の年につなげていきたいと思います。将来的にはなでしこリーグに昇格して、優勝をするというところを目指していきたいと考えています」