全国障害者スポーツ大会大阪府代表選手との交流会に参加しました

今年10月に岐阜県で「第12回全国障害者スポーツ大会(ぎふ清流大会)」が開催されます。
この大会は、障がい者の自立と社会参加を促進することを目的として、全国の身体、知的及び精神に障がいのある方々が一堂に会して開催される、国内最大の障がい者スポーツの祭典です。
10月7日(日)、J-GREEN堺において、この大会に近畿地区代表として出場する知的障がい者サッカーチーム大阪府代表と、Jリーグ関西4クラブ(セレッソ大阪・京都サンガF.C.・ガンバ大阪・ヴィッセル神戸)との交流会が開催され、セレッソ大阪から播戸竜二選手高橋大輔選手杉本健勇選手後藤寛太選手が参加しました。


開会式では、セレッソ大阪の岡野雅夫社長より、大阪府代表選手の皆さんへ
挨拶をさせていただきました。


開会式に続いて、メインフィールドでは大阪府代表選手と各クラブの選手との
合同練習を行いました。
ウォーミングアップや練習メニューをこなし、体が温まるとミニゲーム!
試合になると皆さんの表情は真剣そのものでした!


練習後はJ-GREENに併設のドリームキャンプ内レストランで壮行会が行われ、
播戸選手、高橋選手より激励のメッセージを贈りました。
これには「一生の思い出になりました!」と、代表選手の皆さんにも喜んでいただきました。
近畿地区の代表として全国の舞台でも活躍していただけるよう、
セレッソ大阪サポーターの皆さんも応援よろしくお願いいたします。