6/6川崎フロンターレ戦イベントレポート

6/6川崎フロンターレ戦のイベントの様子などをお伝えいたします。


この日、残念ながら出場停止の播戸竜二選手が、
川崎戦限定でセレッソの「一日社長」を務めることになりました。


まずは、入場ゲートでお客さまのお出迎えから仕事が始まります。


「ナビスコキッズイレブン」のアトラクションゲームは、今回も大好評で、
お子さんから大人の方まで、たくさんの方々がチャレンジしてくださいました。
アトラクションゲームの参加賞としてヤマザキナビスコのお菓子がプレゼントされたのですが、
引換コーナーでは、播戸社長から直接、賞品をお渡しさせていただきました。
このスペシャルイベント「ナビスコキッズイレブン セレッソ大阪といっしょにファイナルを目指そう!!」
6/27(水)開催のヤマザキナビスコカップ第7節 サガン鳥栖戦(19:00キックオフ)でも実施いたします。
ぜひ、ご参加ください!(詳しくはコチラ>>>


次は、フードパーク各店へのあいさつ回りです。
この日限定の「一日社長」の肩書きの名刺を手にごあいさつ。
休む間もなく、今度は売店に向かい、グッズ販売に励みました。


川崎戦は「住吉区民デー」でした。フラッグベアラーは住吉区内の小学生の皆さんです。
笑顔の方や、緊張した面持ちの方など様々ですが、
その表情から入場するときのドキドキした気持ちがこちらにも伝わってきます。


両チームキャプテンと主審に、住吉区長、住吉区地域振興会会長、住吉区子ども会副会長より、
激励の花束が贈呈されました。


ベンチの横に立つのは、応援に駆けつけてくれた住吉区のマスコットキャラクター「すみちゃん」。
すみちゃんは、住吉区の花「かきつばた」をモチーフにデザインされたそうで、
花と緑と潤いのあるまちへの願いが込められているそうです。


そのすみちゃん、実は選手との集合写真に一緒に入るための出番を待っていたのでした。


写真をよく見ますと、隣に立っている茂庭照幸選手の左手が、すみちゃんの肩に
ちゃんと添えられています!


試合結果は、3-2でセレッソ大阪の勝利!
ヒーローインタビューは、この日2ゴールを決めた柿谷曜一朗選手でした。


ヒーローインタビューを終えた柿谷選手と、ガッチリ固い握手を交わす播戸社長。
さらに、このあと写真撮影会を行い、「一日社長」としてのすべての業務が無事終了しました。

出場停止のため、「ピッチの外で貢献できることを」と、
「一日社長」になって、おもてなしすることに全力で取り組んだ播戸選手。
今度は「ピッチの上での貢献」を、応援してくださっている皆さんの前で誓ったのでした。

次回のホームゲームは、6月16日(土)J1リーグ 第14節 vs.サンフレッチェ広島 19:00キックオフ(@キンチョウスタジアム)です。
皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております。