2011Jユースカップ決勝トーナメント準決勝の結果

2011年12月23日(金・祝)14時キックオフ @キンチョウスタジアム
清水エスパルスユース 1-5 セレッソ大阪U-18
                                      (前半0-3)

■得点者(セレッソ大阪U-18のみ)
木暮(20分)、丸岡(26分)、南野2(42分、50分)、藤原(55分)
■警告(セレッソ大阪U-18のみ)
丸岡(28分)、永田(66分)、丸岡(66分)
■退場(セレッソ大阪U-18のみ)
丸岡(66分)
■メンバー(セレッソ大阪U-18のみ)
GK鶴崎
DF藤原(→83分 坂手)、小池、永田慎二(→88分 平田)、岡田
MF丸岡、西村洋亮、小暮、長谷川(→74分 西村拓馬)
FW南野(→90分+1 魚里)、風間(→81分 大津)
SUB 射庭、坂手、勝田、西村拓馬、大津、魚里、平田

※この結果、セレッソ大阪U-18は決勝に進出、決勝は12月25日(日)13時キックオフ vs名古屋グランパスU18@キンチョウスタジアム です。

大熊監督コメント
今日の試合は先に得点できたこともありますが、2点目が効果的でした。積極的になれたし、精神的に優位に立てました。一人少なくなりましたが、普段から10人の練習もしているし、焦りはなかったと思います。
(10人での練習とは、退場者が出た時のことを想定して?)そうです。10人でもやることは変わらない。変えないで対応するということです。(ケガ人と今日の退場で、決勝はレギュラーのボランチ2人ともいないですね)そこは厳しい。いる選手で考えます。
(今日の立ち上がりはどうでしたか?)物足りなかったです。それでも流れを変えられたのは、U-18プレミアリーグで勝っていて最後の方は連敗した。それがいいきっかけになっていると思います。自分たちに足りない部分を教えられました。
(今日の清水対策は立てておられましたか?)いえ、全くです。(広島が負けてプレミアの最終節のリベンジマッチはできませんね)そうですね。この年代は難しいので、どこが勝つかはわかりません。
(レギュラーのツートップがそろうと爆発力はありますね)正直そうですけど、いなくても(これぐらい)やってほしいです。
(決勝の名古屋戦に向けては)スタンスは同じです。自分たちの積み上げてきたものを出すだけです。

丸岡 満選手
(2点目のミドルシュートは)狙ってました。昨日からああいうシュートの練習はしていました。
ボールを持った時シュートコースが見えて、キーパーの身長はさほど高くないし、前に出ていたし、思い切って打ちました。
試合前にはしっかりディフェンスから入って、チャンスがあればどんどん行くように言われていました。
(今日の退場で次は出場できませんが)3年生の分までがんばろうと思っていましたが、僕は出られないので、3年生や他のみんなに期待します。勝ってほしいです。

南野拓実選手
1点目のゴールは楽な形で、キーパーもいないしゴールに流し込むだけでした。8割から9割はチームメートの得点です。2点目は裏に抜けて、いい形で冷静に決められました。
(決勝の相手・名古屋の印象は?)センターに大きい人(ハーフナーニッキ選手)がいて、彼の高さとセットプレーが大きな武器ですし、勢いもあるチーム。
でも、特徴はよくわかっているし、受け身にならずに、立ち上がりから積極的に行きたいと思います。




アカデミー