4/29 vs.アルビレックス新潟戦ホームゲームイベント

この度の東北地方太平洋沖地震におきまして、被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

                               


東日本大震災の影響により約1ヶ月半遅れて、キンチョウスタジアムでの2011Jリーグ戦ホームゲームが開幕しました。
15時キックオフにもかかわらず、朝早くから待ちきれないサポーターのみなさんがスタジアムへ集合し、開門までの時間を思い思いに過ごされていました。

スタジアム正面に設置されている撮影スポット「ロビー像」前には長蛇の列ができ、この記念すべきホームゲーム開幕の日程入りロビーと一緒に撮影される方みなさんが笑顔でした!

また、同じくスタジアム正面には「ユニフォームで観戦しよう」パネルが設置されています。
「セレッソ大阪ユニフォームキャンペーン」が今シーズンよりリニューアル。自慢のユニフォーム姿の写真を撮って応募いただくと、抽選で当日の試合球などが当るというもの。
こちらの男の子もカメラマンのお父さんの様々な要求に応えて、かっこいいポーズを決めまくっていましたよ。

Jリーグ特命PR部女子マネージャーの足立梨花さんが応援に駆けつけてくださいました!
ロビーからの切なるお願い、「今日からセレサポ」はセレサポみんなの願い?!
セレッソユニフォームがとっても似合っていました。

「チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-」東日本大震災被災地復興支援活動として、サンユー都市開発プレゼント「キックスピード義援金」と「大声応援義援金~被災地への応援メッセージを大きな声で叫ぼう!」が行われました。
開門前から行われており、たくさんの方たちが並んでご参加くださいました。

時速1キロ=1円をクラブが義援金として寄付、力を込めた分だけどんどん義援金がアップということで、参加された皆さんが力強いシュートをみせてくださいました。

1デジベル=1円を義援金として寄付させていただく、「大声応援義援金」ではみなさん事前に考えてきてくださっていたメッセージで参加してくださいました。
こちらの男の子は、身体全体を使って声の限り「がんばれ日本!」を叫んでくださいました。

足立梨花さんが東日本大震災チャリティーブック『We'll Never Walk Alone』の販売と「今、すぐ必要なものを送ろう」ブースでお手伝いしてくださいました。

大人気の梨花さん、写真撮影にも気さくに応えてくださっていました。

被災地の子供たちに届けることになった文房具があっという間に、たくさん集まりました。
皆さんのお気持ちをセレッソが代わってお届けさせていただきます。

みんな大好きピカチュウがキンチョウスタジアムへ登場!
近日公開となるポケモン映画の主役・ビクティニのセレッソバージョン・サンバイザーがゲートで子供さんたちにプレゼントされました。

コンコース内には大きなポケモンのパネルが設置され、記念撮影スポットとなっていました。

大阪観光コンベンション協会によって立ち上げられた「大阪国パスポート」プロジェクトのブースがコンコース内に設置されました。

その大阪国特別サポーターであるセレッソ大阪のクラブセレッソの会員カードでポイントが貯まったり、チャリティー募金できたりと、様々な大阪独自の共通ポイントシステムにご参加いただけます。
さっそくサポーターの皆さんも試しておられました。

アンセム斉唱はもちろん「高木まひことシェキナベイベーズ」の皆さんでした。
この独特のアンセム斉唱を聞くと、セレッソのホームゲームだと感じるくらいにお馴染みとなりました!

選手入場の際には、サポーター有志の皆さんが準備していただいたコレオグラフィが実施されました。
スタンドがセレッソ・カラーのピンクに染まり、まさに桜満開!

ピッチへ向かう選手たちの力強く後押しとなりました。
結果は引分けではありましたが、サポーターの皆さんが心待ちにしていた乾選手によるゴールで、キンチョウスタジアムの不敗記録は継続されました。
次はアウェイのアレマ・インドネシア戦です。決勝トーナメント進出のためにも、強い気持ちで選手たちは臨みますので、引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします!

次回ホームゲームは5月7日(土)19:00キックオフvs.ベガルタ仙台戦@キンチョウスタジアムです。
イベント盛りだくさんで皆様のご来場をお待ちしております!