Jリーグ新人研修「地域ボランティア」

4月3日(金)、山口選手と丸橋選手がJリーグ新人研修の一環である「地域ボランティア」として、
住之江区社会福祉協議会のデイサービスセンター「さざなみ」を訪問しました。
「さざなみ」は、ご高齢者の健康チェックに始まり、お食事やご入浴、そして季節感を楽しむ行事
などで、ご利用者の自立した生活を支援する施設です。
今回、山口選手と丸橋選手は、ご高齢者の方の車椅子の援助、歩行の援助などの介護援助の

お手伝いをさせていただきました。

 

「さざなみ」に到着して、まずは皆さんに自己紹介をします。
最近はいくつかの取材をこなしているので、人前で話をするのも少しは慣れてきているのか、
緊張しながらも、笑顔で自己紹介を行いました。

 

そして、皆さんの前でリフティング・デモンストレーション。
鮮やかなボールさばきに、皆さんから感嘆の声と拍手をいただき、おおいに盛り上がりました。
こういった場でのリフティングなどはなかなかやったこともなく、「少しは恥ずかしかったけど、
喜んでもらえたから嬉しかったです」と丸橋選手。
そして、セレッソ大阪からささやかなプレゼントをして、とても喜んでいただきました。

 

その後、「さざなみ」のすぐ近くにある、大阪護国神社までお散歩に行きました。
レクリエーション・ルームも桜満開の飾りつけでしたが、こちらの神社の桜もまもなく見ごろという
ところまで咲き始めており、お花見を兼ねてのお散歩でした。


ここでは、山口選手が歩行の援助、丸橋選手が車椅子の援助をお手伝いしました。
ご高齢者の方とは普段なかなか接することのない2選手ですが、「たくさんおしゃべりをしましたし、
昔話しをたくさ聞かせていただいて楽しかったです」と山口選手。
皆さんとてもお元気で、とても楽しい時間を過ごすことができたようです。