2009Jリーグキックオフカンファレンス

2月27日、東京都内のホテルでJリーグの開幕を宣言するイベント「2009Jリーグキックオフカンファレンス」が開催されました。同イベントは、J1、J2全36クラブから監督と選手1名が参加し、メディアやJリーグスポンサーの方々を招いて行われるものです。セレッソ大阪からは、レヴィー・クルピ監督と乾選手が参加しました。

 


第1部では、全クラブの監督紹介、そして選手紹介が行われました。まずは、舞台の上での監督の紹介。

 

 

続いて、選手の紹介。開幕戦の対戦カードごとに、選手たちはそれぞれユニフォームを着用して登場します。全員が登壇した後、代表3選手が今シーズへの意気込み、抱負などのインタビューを受けました。J1の巻選手(千葉)、宮本選手(神戸)そして、J2では唯一、セレッソ大阪の乾選手がインタビューを受けました! 「今年こそは絶対にJ1へ昇格する! という意気込みをもって臨みます。チームとしても個人としても攻撃が魅力だと思っているので、それをぜひ観に来てほしいです」。いつものピッチ上とは違った舞台上。スポットライトに照らされて、目の前には数え切れないスチールカメラやテレビカメラが並び、かなり緊張した様子。それでも、短いながらも昇格への熱い気持ちが強く伝わるコメントでした。(第1部終了後、しきりに「なんで俺が?」を繰り返していた乾選手。それだけ周囲から注目され、期待されているということです!)

 

 

第2部は場所を移して、クラブごとのPRブースでメディアの方々へ、チームの魅力を伝える自由取材を行いました。乾選手も積極的にメディアの方々にセレッソ大阪の資料および“長居名物自由軒×セレッソ大阪名物カレー”を配りました。レヴィー監督と乾選手は、約2時間の間、テレビカメラを始め、数々の取材を受けました。