「セレッソ大阪 サポーターズコンベンション2017」レポート【第一部】

2017年2月2日(木)に開催しました「サポーターズコンベンション2017」について、以下のとおりお知らせいたします。
約800人のサポーターの皆さんにお集まりいただきました。たくさんのご参加、ありがとうございました。
◆玉田 稔社長あいさつ

「皆さん、こんばんは。初めに、平日の開催になってしまったことをお詫びしたいと思います。ご存じの通り、チームのキャンプをタイでやって、明日から宮崎でやりますが、どうしても土日でできなくて、大変申し訳なく思っております。
昨年1年間、応援ありがとうございました。当初の目標とは随分違ったのですけども、皆さんの声援のおかげでなんとか最後の椅子を掴んで、今年J1で戦うことができます。大変、厳しいリーグだと思っております。
今年は、いろんな意味で新しい体制を取りました。過去、会社のほうでは事業部があって、事業部長もいたのですが、私が来てからは兼任になったり、いなかったりということもありました。今年は新しく事業部長に来ていただきました。チーム統括部も、昨季は宮本が兼務していたのですが、今年は社団と株式会社でキッチリと業務を分けるということも含めて、昨年まで監督をしていただきました大熊清さんにチーム統括部長に就いていただくとともに、その下にフットボールオペレーショングループということで、これは強化の担当ですけども、森島寛晃さんに就いていただきました。尹晶煥監督とは、2000年から2002年まで一緒にプレーしていたということもありまして、意思の疎通が図られた上で強化が進めて行けるのではないかなと思っています。
昨日、発表したのですが、実は清武弘嗣選手が来てくれることになりました(場内、拍手)。攻撃的な選手が1人欲しいなとは思っていたのですが、先立つものもありません。本当は断ろうか辞めようかとも思ったのですが、ヤンマーさんに相談したところ、『彼がそこまで言っているのなら、日本の他のチームでプレーさせるのはやめておこう、日本に戻ってくるならセレッソで』ということになりました(場内、大きな拍手)。明日、大阪に来て、メディカルチェックを終えてから正式契約になります。チームに合流するのは日曜日からになると思います。彼だけではなく、後ほど紹介する新加入選手も含めまして、クラブ、チームが一丸となって今年度を戦っていきますので、どうぞ引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします」

◆成田竜太郎事業部長あいさつ

「皆さん、こんばんは。初めまして。昨日、朝の9時に着任いたしました成田と申します。できたてホヤホヤ、なり立てホヤホヤです。1月31日まで、北海道にありますプロ野球球団、北海道日本ハムファイターズで首都圏事業部長および事業統括本部長を務めていました。約10年間、元セレッソの社長でもある藤井(純一)さんとも一緒に仕事をしております。スポーツは違いますが、今、社長の玉田からもありましたように、より一層、サポーターの皆さん、および、数多くいるセレッソ大阪のファンの皆さんに楽しんでいただけるように、しっかりと、まず我々事業部は稼いで、皆さんにより熱く、楽しく応援していただけるチームを目指そうと思います。昨年までも、スタジアムに来ていただいた際にはグッズをお買い上げいただいたと思いますが、今年はそれを2倍、3倍と買っていただいて。我々もちょっと入用ができましたので(場内笑)、しっかり稼ぎながら、チームのほうも頑張って、上のほうを目指していくクラブにしていきたいと思います。楽しいシーズンにしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」
◆新加入選手紹介
圍謙太朗選手

「こんばんは。FC東京から来ました圍謙太朗です。今年はセレッソのために、セレッソの繁栄とタイトル獲得のために毎日全力で頑張りたいと思います。苦しい時もあるかと思いますが、皆さんの声援が必要です。これから、よろしくお願いします」

水沼宏太選手

「こんばんは。FC東京から加入しました水沼宏太です。まず、セレッソに加入できたことをうれしく思います。尹監督のもと、新しい仲間とともに目標達成に向かって一生懸命頑張りたいと思いますので、一緒に戦っていきましょう。よろしくお願いします」

福満隆貴選手

「皆さん、こんばんは。レノファ山口FCから来ました福満隆貴です。セレッソのタイトルに貢献できるように、毎日の練習をしっかりして、自分の力を最大に出せるように頑張りますので、よろしくお願いします」

マテイ・ヨニッチ選手

「皆さん、こんばんわ。私はクロアチア出身のマテイ ヨニッチです。ポジションはセンターバックです。セレッソ大阪のために一生懸命頑張ります。皆さんよろしくお願いします」

以下、新人研修先から

山内寛史選手
「こんばんは。FW、MFでプレーします。特長は、ゴール前でのプレーから得点力が自分の強みだと思っています。いち早くJ1のピッチで試合に出て、得点して、サポーターの皆さんに認めてもらえるようにイチからやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

舩木翔選手
「皆さん、こんばんは。セレッソ大阪U-18より昇格しました舩木翔です。ポジションはDFです。僕の持ち味は、運動量を生かした攻撃参加と、そこからの左足のキックの精度です。試合に出て結果を残し、結果を残し続けて、サポーターの方々に早く認めてもらえるように頑張るので、スタジアムに足を運んでください」

大山武蔵選手
「皆さん、こんばんは。札幌大谷高校から加入しました背番号30番、大山武蔵です。自分はスピ―ドに自信があるので、スピードを生かしたドリブルが武器です。その武器を生かして、1日でも早く試合に出てチームに貢献できるように頑張るので、ぜひスタジアムに足を運んでください」

斧澤隼輝選手
「皆さん、こんばんは。セレッソ大阪U-18から加入しました背番号36番、斧澤隼輝です。僕の持ち味は、運動量を生かしてゴール前でチャンスメイクや得点を取ることです。僕が試合に出た時は、みんなを魅了できるようなプレーをします。よろしくお願いします」

森下怜哉選手
「こんばんは。セレッソ大阪U-18から昇格しました背番号37番、森下怜哉です。自分の持ち味は左右両足のロングキックです。そして、どんな試合も全力で戦います。よろしくお願いします」

茂木秀選手
「皆さん、こんばんは。桐光学園から来ました背番号45番、GKの茂木秀です。身長を生かしたダイナミックなプレーを見てください。桜の守護神となれるように頑張りますので、ともに勝利の喜びを分かち合いましょう」

以下、ビデオメッセージ
清武弘嗣選手

「清武弘嗣です。帰って来ました。4年半前にセレッソから海外に行く時、サポーターの皆さんが『また一緒にプレーしたい』という横断幕を掲げてくれたことがすごくうれしかったのを覚えています。またここに帰って来られたことを僕は幸せに思っています。皆さんのために今シーズン全力でプレーします。よろしくお願いします」
◆尹晶煥監督あいさつ

「皆さん、こんばんは。お会いできてうれしいです。大阪に15年ぶりに帰って来ました。うれしく思っております。
鳥栖にいた時、試合をしに大阪に来ましたけど、こういうふうに戻ってきたら、また新しい気持ちになっています。試合に来て、温かく歓迎していただいた時には気持ちも温かくなりました。僕はシャイなので、皆さんにいい表現はできませんでしたけど、その時は本当にうれしく思っていました。
今、この場に立っていることはそれ以上の喜びになっています。セレッソ大阪が3年ぶりにJ1の舞台に立つことができました。僕は大きな責任感を感じています。このチームをずっとJ1に残したいです。そして、上を目指して僕らがやることはいっぱいありますので、その責任感を感じながら皆さんと一緒に戦いたいと思います。もちろん、今すぐに結果を出すことは無理があると思いますが、最初のベースをうまく作って、これからもっといいチーム作りをして、上を目指せるように頑張りたいと思います。この場に立つと、昔の思い出が頭に浮かんできます。感激の気持ちがあります。1日だけこの感激を感じて、明日から宮崎キャンプに行って、また新たなチームを作るために頑張りたいです。
選手たちに話したことがあります。フロント、サポーターの皆さんはいい準備ができていると思います。でも、まだ我々の選手たちは準備ができていません。サポーターの皆さん、フロント、選手が三位一体となれば、もっと上を目指して行けると思っています。なので、もっときつい練習をさせなければいけないと思います。皆さんの期待に応えるためには、もっと努力しないといけないと思っています。それが我々の仕事だと思っております。皆さんと子どもたちに夢と希望を与えるためには、グラウンドで必死に走らないといけない。皆さんの応援が必要です。その力をもらって、もっと走れるように頑張ります。今年1年、皆さんと一緒に戦えるように力をください。我々もその力をもらって、走って、いい結果を出せるように頑張ります。今日、お会いできて本当にうれしく思っています。またグラウンドで皆さんとお会いしたいと思います。
(日本語で)ありがとうございました」

◆キャプテン柿谷曜一朗選手あいさつ

「こんばんは。今日は2017サポーターズコンベンションにお集まりいただき、ありがとうございます。選手一同、疲れています(場内笑)。でも、すごく楽しく、厳しく練習をやれているので、早く試合がしたい気持ちでいっぱいです。
去年は、個人としてはケガをしてしまい、皆さんを含め、チーム、スタッフにも大きな迷惑をかけたなと思っていますが、今年は、ケガすることなくJ1の舞台で大きく羽ばたけるよう、一生懸命頑張りたいと思います。皆さんも知っていると思いますが、キヨ(清武弘嗣選手)が帰って来ます。ただ、キヨだけじゃなく、今日紹介された選手も、セレッソのために一生懸命プレーしてくれると思います。全員が1つになって、J1でなにかタイトルを取りたいと思います。皆さんの応援を背に選手は一丸となって戦いますので、今シーズンも応援よろしくお願いします」
◆2017シーズンユニフォーム紹介

◆公式サポーター見習い たこやきレインボー紹介

◆「Cerezo(サクラ)満開 」 合唱