セレッソ大阪U-18関係者 新型コロナウイルス感染症の陽性判定について

このたび、セレッソ大阪U-18関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。
現時点では他のスタッフ・選手等の関係者に体調不良は確認されておりません。

◆当該の経過・症状
本日4月2日に朝、倦怠感を感じたため病院を受診し、医師の指示でPCR検査を実施したところ、陽性判定を受けました。
今後は保健所の指示に従って経過を進めることになります。


◆今後の対応
当該選手との濃厚接触者については現在調査中ですが、保健所の指示のもと、濃厚接触者の特定を行ってまいります。
明日以降のスケジュールについては、保健所、チームドクターの指示のもと検討いたします。
クラブとして、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知、徹底を図って参ります。

※トップチーム選手・関係者はJリーグの定めるガイドラインに沿って濃厚接触者の特定を行った結果、該当者はありません。



U-18