TWELFTH
cover image cover image

終わることのない限界への挑戦

写真=フォトレイド 文=小田尚史

桜の戦士たち一人ひとりにフォーカスし、そのサッカー人生の歩みを紐解いていく
ファンクラブ会報誌『TWELFTH』のウェブ限定コンテンツ「SAKURA BIOGRAPHY」。
第6回は、ロングスローという武器に加え、複数ポジションをこなす万能性も備える片山瑛一が登場。
自身が歩んできたキャリアを、充実度を示すグラフを描きながら振り返ってもらった。
前編ではサッカーとの出会い、そして紆余曲折の学生時代にスポットを当てる。

これまでのサッカー人生を振り返りつつ、片山自身が描いたバイオグラフ。マイナスがたった一度しかないことからも分かるように、充実したキャリアを積み重ねてきたようだ

#01
“泣き虫”克服がサッカーとの出会い
中学・高校は無名校で文武両道を貫く

 サッカーを始めたのは、幼稚園の年中。きっかけは、僕が泣き虫だったことでした(笑)。毎日のように泣いて帰ってくる姿を見かねた両親が、サッカー教室に入れたようです。両親からは「サッカーを始めてからは泣かなくなった」と言われました(笑)。実際、友達もできましたし、楽しかったですね。

 小学生になると、幼稚園で一緒にサッカーをしていた友達と同じ少年団に入りました。地元は埼玉県川越市なのですが、入団したのは隣の市の少年団。毎日ではないですが、学校が終わってから練習に通っていました。最初のポジションはDF。小学生ながら両足でボールを蹴れたこともあり、最終ラインに入って守りつつ、大きく蹴ってクリアしていました(笑)。

 5年生くらいからは中盤でもプレーするようになりました。選手としてのレベルを考えると、レギュラー格ではあったものの、僕よりもうまい友達もいましたし、突出した選手ではなかったです。ただ、スポーツテストの成績は良かったので、運動神経は良かったほうだと思います。肩は当時から強かったですね。ソフトボール投げもよく飛んでいましたから(笑)。何か特別なトレーニングをしたわけではないですが、ドッジボールも好きでしたし、遊びの中で自然と(肩の)力がついたんじゃないかなと思います。

 中学進学前には、大宮アルディージャのジュニアユースのセレクションを受けました。でも、落ちてしまって……(苦笑)。結局、地元の川越西中学校に進学したんです。サッカーが強い学校ではなかったですが、少年団で一緒にサッカーをしていた友達も同じ中学に進学したので、「みんなで(サッカー部を)強くしていこう」という感じでしたね。といっても、サッカーと並行して塾にも通っていましたし、勉強にも力を入れていました。文武両道というか、サッカーばかりの学生生活ではなかったです。

写真提供=片山瑛一 幼稚園の頃にサッカーと出会った片山(写真左上)。強豪チームや有名校でプレーしたわけではなかったが、「いる環境の中でベストを尽くす」精神のもと、勉強とサッカーの両方と真摯に向き合い、高校時代は10番を任された

 中学卒業後は埼玉県立川越高校という、いわゆる“進学校”に入りました。もちろん、高校時代もサッカー部。中学と同じように、同じ塾に通って川越高校に進学した友達と一緒に「強くしような!」と意気込んでいた記憶があります。

 といっても、川越高校のサッカー部は強くなく……僕が3年生時に7年ぶりくらいに県大会に出場できたレベル。それまでは県大会に出るための地区予選で負け続けていました。ただ、当時は「プロになろう」とは全く考えていなくて、サッカーに関しては「いる環境の中でベストを尽くそう」という考え方でした。だから“サッカー漬けの3年間”ではなく、“学校教育の一貫として部活動に励んでいた”という感じでしたね。
 
 もちろん練習は毎日ありましたが、あまり強くないサッカー部は使えるコートの広さも限られていて……(苦笑)。陸上部と野球部にグラウンドを占領される中、限られたスペースで練習していました。陸上部が走っているところにボールが飛びでもしたら、めちゃくちゃ怒られるような環境で、かなり肩身が狭かったです(苦笑)。

 ポジションは、中学時代はサイドハーフなどの中盤でしたが、高校ではFWを預かることになりました。性格的に目立ちたいタイプではないので、僕自身としてはDFをやりたかったのですが、点を取る選手がいなくてFWを任された感じです(笑)。でも、結構ゴールを決めていたんですよ。それにサッカー自体はずっと楽しかったので、グラフもずっと右肩上がりでした。

#02
一般入試で名門・早稲田大学の門を叩くも
レベルの高さについていけない日々を送る

 中学・高校とも強豪ではなかったので、いわゆる「指導者」という感じの人はいませんでした。中学時代の監督はサッカーに詳しい方ではなく「楽しくやれ」みたいな感じでしたし(笑)、高校時代も顧問の先生はいたものの、練習メニューは自分たちで決めていました。

 でも、一つ心に残っているのは、小学生時代に通っていた少年団の監督に言われた言葉です。「お前はサッカー中心ではなく、しっかり勉強も頑張って、中学、高校と進んだほうがいい」。その言葉によって「しっかり勉強もしながら、サッカーを頑張っていこう」と決めました。だから早稲田大学にも一般入試で合格できたのかもしれません。といっても、完全に詰め込み式だったので、受験が終わった次の日には全部忘れました(笑)。

 進学先に早稲田大学を選んだのは、体育の先生になりたかったことも理由の一つ。教員免許を取ろうと考えていたんです。もちろん「サッカーをやりたい」という気持ちも強く、「やるからにはレベルの高い環境で揉まれて、自分の限界までやってみたい」という気持ちもありました。

 ただ、早稲田大学サッカー部(ア式蹴球部)は僕たちの代から少人数制になってしまい、入部するためのセレクションもあって、かなり人数が絞られました。当然ながらスポーツ推薦で進学した選手が多いので、一般入試からの入部はかなり狭き門だったんです。僕は何とか無事にセレクションに合格して入部できましたが、もし受からなかったら、ラクロス部に入ろうかなと思っていました(笑)。

 サッカー部に入部してまず感じたことは、「めちゃくちゃレベルが高い!」ということ。これまでとレベルが違い過ぎて、最初は戸惑いしかなかったくらいです。全国高校サッカー選手権大会に出場したり、Jクラブのアカデミーで活躍していたような選手が多い中、無名の高校から入った僕は「ついていくのがやっと」とも言えないくらい、ついていけなかった(苦笑)。ただ、そこで「サッカー辞める」という考えはありませんでした。辞めてしまったら、自分の限界を知ることができませんからね。限界にチャレンジしたかった僕としては、「辞める」という考えが浮かぶことすらなかったなかったです。だから、入部1年目は「ひとまず、ついていけるように頑張ろう!」と決意してプレーしました。

写真=フォトレイド 早稲田大学サッカー部に入部した当時について「(周りのレベルに)ついていけなかった」と振り返る片山。それでも気落ちすることなどなく、自分の限界に挑戦するために日々全力を尽くしていたという

#03
常に100パーセントを心掛けて初の“選抜”入り
4年時にどん底を味わうも先輩をきっかけに念願のプロへ

 当時の早稲田大学サッカー部はAチームからCチームまであって、部員数は80人くらい。一番上のAチームでは20人ほどがプレーしていました。ただ、僕が2年生になってからCチームがなくなり、AチームとBチームの2チーム構成に変わったんです。僕自身は2年生頃から少しずつ(早稲田大学のレベルに)慣れてきたのですが、そこでケガをしてしまい、Aチームには絡めませんでした……。3年生になってからも前期はケガで出遅れましたが、後期からようやくAチームで出場機会を得られるようになった。ただ、Aチームで試合に出られるようになっても、「まだまだ」という気持ちでしたね。できないことも数多くありましたから、とにかく「自分のできることを100パーセント出そう」という気持ちで日々の練習や試合に取り組んでいたことを覚えています。

 大学時代のポジションはずっとFWでした。ただ、一学年上に富山貴光選手(大宮アルディージャ)がいたので出場機会は少なく、トミくんがケガをした時期にチャンスをもらったりしていました。その後、一つのターニングポイントとなったのが、4年生になる前の3月にデンソーカップチャレンジサッカーの関東大学選抜Bに選出されたこと。“選抜”と名の付くチームに選ばれたのは、この時が初めてでした。だからというわけじゃないですが、「職業としてのプロサッカー選手」を意識し始めたのも、この頃。3年生になって試合にも出始め、選抜にも選ばれた。「本気でプロサッカー選手を目指してみよう」。そう思ったタイミングでしたね。

 4年生になる頃には「行けるのであれば、プロに行きたい」と気持ちは固まりました。ただ、進級したばかりの春先に膝をケガしてしまい、半年も離脱したんです。「これから」というタイミングでの大ケガだったので、この時期はサッカー人生の中でもどん底。グラフも一気に「マイナス100」まで落ち込みました。

 ただ、プロになれる可能性が少しでもあるのなら、そこに懸けてみたいという思いは変わらなかったです。もちろん焦りはありましたが、しっかり治すために手術を選択しました。もしもプロになれた時に、ずっと(膝が)痛いままの状態は嫌だったので、不安を取り除くためにも手術を決断したんです。復帰した頃には卒業が迫っていましたが、ファジアーノ岡山へ加入することが決まりました。

 きっかけは、一学年上の先輩・島田譲選手(V・ファーレン長崎)でした。大学卒業後に岡山へ加入したユズさんがまだ4年生だった頃、岡山のスカウトの方が大学の練習を見に来て、その時に自分のプレーも見てくれて「練習参加してみないか?」と誘っていただいたんです。ただ、岡山の練習に参加する直前に、先ほど話した膝のケガをしてしまって……。その結果、練習にも参加もできなくなってしまったんですが、その後もずっと気にかけてもらい、ケガが治った後に練習参加させていただきました。ただ、治った頃にはシーズンも終わっていて、練習参加で何かをアピールできたわけではなかったと思いますが、それでもオファーいただいて、何とかプロになることができたんです。

 僕を獲得してくれた岡山には今でも本当に感謝していますし、ユズくんがいなかったら岡山のスカウトの目にも留まっていなかったと思うので、ユズくんにも感謝しています。プロの道に進むことについて、両親は「やってみて、後悔したらいいんじゃない?」という反応でした。たぶん、通用するとは思っていなかったんじゃないですかね(笑)。ちなみに、結果的にはプロサッカー選手になれましたが、当初の目的だった体育の教員免許もしっかり取りました。

写真=アフロ 1年時こそレベルの差に戸惑ったものの、日々の鍛錬により急成長。3年時には自身初の選抜入りを果たすなど、早稲田大学時代は選手として飛躍的にレベルアップした4年間となった
cover image cover image

終わることのない限界への挑戦

写真=フォトレイド 文=小田尚史

桜の戦士たち一人ひとりにフォーカスし、そのサッカー人生の歩みを紐解いていく
ファンクラブ会報誌『TWELFTH』のウェブ限定コンテンツ「SAKURA BIOGRAPHY」。
第6回は、ロングスローという武器に加え、複数ポジションをこなす万能性も備える片山瑛一が登場。
自身が歩んできたキャリアを、充実度を示すグラフを描きながら振り返ってもらった。
後編では4年間を過ごした岡山時代、そしてセレッソでのチャレンジについて語ってくれた。

片山自身が描いた心の充実度を表現したバイオグラフ。上下動こそあるものの、マイナスがほとんどなく、楽しんでキャリアを重ねてきたことが見て取れる

#04
プロ1年目から「まさか」のレギュラー奪取
自信をつけ「もっとやれる」手応えを得る

 ファジアーノ岡山ではプロ1年目の開幕戦から試合に出られたのですが、自分としても「まさか」という感じでしたね(笑)。さらにシーズンの早い段階でゴールを決めることができたので、それも大きかったです。得点を決めたことによって、自分の中に「(プロの舞台でも)できる」という感覚と少しの自信がつき、勢いに乗れました。

 といっても、最初の頃は早稲田大学に進学した時と同様、レベルの違いを感じました。当然ながら、大学よりもプロのレベルはさらに高い。加入当初は練習についていくのがやっとでした。最初から試合に出ることができた理由? ……何でしょうね(笑)。

 プロになってまず思ったのは「試合に出られても、出られなくても、腐らずにやる」ということ。シュート練習も最後まで残ってやる、守備も手を抜かずにやる。“人と違いを作る”という部分で「一生懸命にやる」ところは大事にしていました。当時、指揮を執っていた影さん(影山雅永氏/U-20日本代表監督)もハードワークやチームへの献身性を重んじる監督だったので、そういった部分が評価されて試合でも起用してもらえたのかなと思います。

 サッカーと真摯に向き合う姿勢は、その後も持ち続けるように意識しました。そうやって練習に取り組む中で、プロの練習を通じてよりサッカーを勉強できたように感じます。大学までの自分は、どちらかと言えば一対一の競り合いや走り勝つといった身体能力に頼ったプレーをしていたんです。でも、プロになって頭を使ったプレーや連動して崩すことことを知って、サッカーの奥深さを学ぶことができました。

 その一方で、岡山と言えば、シーズン前の“地獄の合宿”も有名ですよね(笑)。僕がプロ1年目の時は、小豆島を自転車で巡る2泊3日の合宿で、プロに入って最初に買い揃えたのは登山用のバッグでした(苦笑)。またキャンプ出発前夜は全員でユニクロに集まり、ヒートテックを購入したことも思い出深いです。2年目も同じようなキャンプだったのですが、3年目の合宿は無人島でした(笑)。しかも、3泊4日と長くて……。テントと寝袋はチームが用意されくれるのですが、それ以外は限られた予算の中で出発前に自分たちで必要なモノを買い揃えるんです。そしてキャンプ最終日には、無人島に落ちている浮遊物を集めていかだを作り、隣の陸に渡って脱出する。そんな合宿でした(笑)。

 合宿自体も大変ですが、それに加えて1月の夜って寒いんですよ。ホントにハンパなく寒くて、よく過ごせたなと思います(苦笑)。まあでも名物でしたし、その合宿で新加入選手とも一気に仲良くなれますからね。グッと仲が深まって、初対面じゃないような雰囲気になるんです。ただ、シーズンに向けて(自主トレ等で)体を作ってきた選手が無人島で3泊4日の合宿をやると、コンディションが戻ってしまうという弊害もあって、だんだん過酷さは和らいでいったようです(笑)。

 プロ1年目を振り返ると、FWやシャドーを預かる中で多くの試合に出場でき、ゴールも決められたことは本当に良かったです。ちなみに、プロデビュー戦のことは正直あまり覚えていません(苦笑)。カターレ富山との開幕戦で、スコアレスの中で途中出場したのですが、そのまま無難に過ぎた感じでしたから。逆にプロ初得点のことは、鮮明に記憶に残っています。J2第5節大分トリニータ戦だったのですが、0-1で負けている状況で途中から出場して同点ゴールを決めたんです。結果的には1-1の引き分けでしたが、僕自身にとっては大きな自信になりましたし、シーズン終了後には「もっとやれた」、「もっと点を取れた」という感覚も残りました。

写真=Jリーグ プロ入りした岡山では、ルーキーイヤーから開幕戦に出場(写真)。その後も順調にピッチに立つと得点も積み重ね、35試合出場6得点という堂々たる結果を残した

#05
サッカーを深く学んだ岡山での時間
偉大な2人の存在も良きお手本に

写真=Jリーグ 岡山には計4シーズン在籍。ロングスローという“武器”を手にしたことに加え、複数ポジションを任せた指揮官や経験豊富な先輩たちの存在も手伝い、サッカー選手としての経験値や幅を広げる貴重な時間となった

 プロ2年目には日本代表経験もある岩政大樹さんと加地亮さんが岡山に加入しました。「すごい選手が入ってきた!」と驚きましたよ。どちらかと言うと、大樹さんはしっかり言葉で伝えてくれるタイプで、加地さんは(やるべきことを)背中で示してくれました。本当にいいお手本が身近にいたので、日々すごく勉強になりました。

 チームとしては、2人が加入した2015年あたりから本格的にJ1昇格を目指すことを打ち出すようになって。15年は11位に終わりましたが、翌16年には6位に入って初めてJ1昇格プレーオフに進出。プロ3年目だった僕は、シーズンを通じてウイングバック半分、センターバック半分という感じで主に最終ラインでプレーし、プレーオフでも3バックの一角を担いました。

 アウェイに乗り込んだプレーオフ準決勝の松本山雅FC戦は劇的でしたね。すごく熱量のあるスタジアムでプレーできて楽しかったですし、最後の最後、アディショナルタイムに劇的な勝ち越しゴールが決まって勝てたので、めちゃくちゃ盛り上がりました。今までの岡山の歴史の中で最もJ1に近づいた瞬間でしたし、岡山の街全体が盛り上がって、反響も大きかったことを覚えています。

写真=Jリーグ 岡山には計4シーズン在籍。ロングスローという“武器”を手にしたことに加え、複数ポジションを任せた指揮官や経験豊富な先輩たちの存在も手伝い、サッカー選手としての経験値や幅を広げる貴重な時間となった

 そしてプレーオフ決勝の相手はセレッソ。試合に向けた1週間はメディアの注目度も高く、それまでと全然違いました。セレッソにとってもそうだったように、岡山にとってもこの一戦は特別な舞台でした。結果的には0-1で負けましたが、自分たちは(レギュレーション上)昇格するには勝たないければいけない試合で、正直もう少し0-0のまま試合を進めたかった。でも後半早々に失点してしまい、難しい試合展開になってしまいましたね。セレッソは一人ひとりの能力が高いので、岡山としてはいかに描いたゲームプランに持ち込むかが大事だったのですが、早い時間帯の失点によってプランが崩れました。まあ、この時はまさか自分がセレッソでプレーすることになるなんて思いもしなかったですよ(笑)。

 翌シーズンも岡山でプレーし、岡山には4年間お世話になりました。この時間は自分にとって本当に大きかったし、成長させてもらったと感じています。様々なポジションを経験させてもらったことで、選手としての幅も広がりました。どのポジションの選手の気持ちも味わえたことは大きかったと思います。

 「サッカーを突き詰め切れていない」状態でプロに進んだ自分としては、素直に様々なことを吸収できた4年間でもありました。大樹さん、加地さんといった経験豊富な選手にいろいろなことを聞ける環境も有り難かったですし、試合に出続けることで、失敗もありましたが、得たモノも非常に多かったです。(代名詞でもある)ロングスローも、大学までは“武器”だとは思っていませんでしたが、岡山に入ったことで武器にすることができました。それも影さんのおかげです。プロ入り直後、どこからか情報を仕入れてきた影さんから「投げてみろ」と言われて投げたところ、「飛ぶじゃん」と(笑)。Jリーグではナオくん(藤田直之)が先駆者だと思いますが、自分もロングスローという一つの“武器”ができて良かったです。

16年のJ1昇格プレーオフ決勝では激しい雨の中でセレッソと熱戦を繰り広げたが、「この時はまさか自分がセレッソでプレーすることになるなんて思いもしなかった(笑)」と当時を振り返った

#05
自ら求めたハイレベルな環境
「全力」の信念を崩さず挑戦し続ける

 セレッソへの移籍が決まったのは、岡山での4年目を終えた17年のシーズンオフ。大熊清さんに声を掛けていただきました。16年のJ1昇格プレーオフで敗れ、翌年も岡山でチャレンジしましたが、J1に昇格できず……。でも、個人としては「上のカテゴリーにチャレンジしたい」という気持ちが強くなっていたタイミングでした。その中でオファーをいただいたので、迷わず(移籍を)決めました。大熊さんからはDFとして見てもらい、「アグレッシブさと前向きな推進力」を評価していただきました。「ウチにはあまりいないタイプだから」と話してくださったことも覚えています。「J1にチャレンジしたい」という気持ちは強かったですが、正直「まさかセレッソから声が掛かるとは」という感じでしたね(笑)。

 対戦相手としてのセレッソは「個の能力が高い選手の集まり」、「サッカーがうまい選手ばかりいる」という印象で、加入後もその印象は変わっていません。カテゴリーがJ1に上がり、選手一人ひとりのレベルもさらに上がった環境ですが、早稲田大学時代も、岡山時代も、最初はレベルの違いを感じていましたからね。それに「全力で毎日の練習に取り組む」信念を持ち続けて頑張れば、いつか道は開けると過去の経験から実感しています。だからセレッソでも、試合に出ても出なくても、全力で練習に臨むことだけは常に心掛けてきました。それを継続していれば、気付けば成長を感じられますし、今も「日々手を抜かずに頑張る」ことだけは欠かしていません。

 セレッソに移籍してから出場機会は少なくなりましたが、加入前から「甘くない」と分かっていたし、まだまだ自分の力が足りないことも分かっていたので、「やり続けるだけだ」と思っています。その上で「訪れたチャンスで、自分の持てる力を出そう」と。岡山時代は3バックだったこともあり、(昨シーズンまでの主要システムだった)4-4-2に慣れるまでは頭の整理も難しかったところもあります。それでも、やり続けていれば慣れていくだろうと。もちろん(昨シーズンも)試合には出たかったですが、チームとしていい方向に向くように、「全力でやる」信念だけはずっと持っていました。

 サッカーは考え方一つでもっともっとうまくなれる奥が深いスポーツ。今シーズンはロティーナ監督のもと、またサッカーのスタイルが変わりましたが、すごく楽しいですね。チームとして新しいことにチャレンジできていますし、その中で個人としてはチームが目指すことだったり、求められることをより深く理解して、表現することが大事になります。選手としての価値を上げるためにもプレーの幅は広ければ広いほどいいですし、それが結果につながれば、さらにいい。だから、どんどん(新しいことを)吸収していきたいですね。

18年に岡山からセレッソへ加入。最初は戸惑いもあったが、ハイレベルな環境の中で日々の練習に全力で取り組み、今シーズンは3バックの一角として激しいレギュラー争いを繰り広げている

 プレーヤーとしての理想像? ……どうですかね、気が利く選手になりたいです。周りの選手が伸び伸びやれる環境を作るというか、穴を埋めるというか。前線のポジションで出るのであれば囮になる動き、後ろで出るのであればカバーする動きというように、主役でなくていいので、裏方として汗を流し、チームのために気の利くプレーをしたいという気持ちはずっと持ってます。だから、それが理想なのかもしれませんね。

 改めて振り返ってみると、僕のサッカー人生における大きなターニングポイントは2つあったと思います。まず一つは、大学3年。ようやく試合に出始め、プロになることを決意した年です。そしてもう一つは、岡山でのプロ3年目。テツさん(長澤徹氏/FC東京U-23監督)が監督になり、FWからDFへコンバートされたこと。「お前の生きる道はFWじゃない。より生きるのは後ろのポジションだ」と言ってもらいました。僕自身も高校時代からずっとDFをやりたかったので、気持ちを見抜いてくれたなと(笑)。その上、試合でも起用してもらい、DFとして成長できたことは本当に大きかったですし、それがセレッソへの移籍にもつながったと思っています。

 セレッソに加入して2年目の今シーズンは、チームとして新しいチャレンジをしている最中ですが、自分の良さも失わずに、求められるプレーを表現したいと思っています。もちろん、結果も出していきたい。まだまだ「サッカーをやり切った」という感覚はないので、これからもサッカーを続ける中で自分の可能性を追求していきたいし、限界にチャレンジし続けていきたいですね。

写真=フォトレイド 「気が利く選手になりたい」と理想像を語った片山。練習で一つひとつ積み重ねてきた選手としての強固な土台、そして柔軟性のあるプレースタイルはセレッソでも重要度を増しており、今後のさらなる飛躍が期待される
shop image

取材協力店
旨味食堂 べじ吉

住所:大阪府大阪市福島区鷺洲1-2-11
電話:050-5594-7056
営業時間:ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27088691/

Latest Articles