TWELFTH
cover image cover image

波乱万丈。歓喜と失意に満ちた激闘譜

写真=安田健示 文=小田尚史

桜の戦士たち一人ひとりにフォーカスし、そのサッカー人生の歩みを紐解いていく
ファンクラブ会報誌『TWELFTH』のウェブ限定コンテンツ「SAKURA BIOGRAPHY」。
第1回は、チーム最年長の頼れる兄貴分、茂庭照幸が登場。
紆余曲折のフットボールライフを心の充実度を表すグラフとともに、振り返ってもらった。
前編ではキャリアの前半、サッカーとの出会い、そして自ら語る「絶頂期」に迫る。

茂庭が自ら記してくれたサッカーキャリア折れ線グラフ。浮き沈みの激しい波乱のサッカー人生であることが一目で見て取れる

#01
名門チームでFWとしてゴールを量産
センターバックへのコンバート理由はキック力?

 サッカーを始めたのは小学3年生から。近所に住んでいた一つ上のお兄ちゃんたちとよくキックベースをやっていたんですけど、学校が終わってキックベースをした後、どこかに行くから「どこに行くの?」と聞いたら、「サッカー」だと。「じゃあ、僕も行く!」と遊びの延長で、安易な気持ちでついて行ったのがサッカーとの出会いでしたが、エグイほどスパルタなチームでした(苦笑)。

 ボールを蹴る前に、とにかく走らされました。初めて練習に行った時は「絶対、明日は行かない」、「3日で辞めよう」と思っていたんです。それくらい本当に走りがキツかったから、グラフの充実度も最初は右肩下がり(笑)。でも、家族のサポートもあって何とか続けていくことができました。小学5年と小学6年でグラフが上がっているのは、全国大会に出場してサッカーが楽しくなってきたから。所属していた厚木ゴールプランダーズは、サッカーをやっていれば神奈川県では知らない人はいないくらいの超名門チームで、めちゃくちゃ強かったんです。うまいヤツも多くて、試合ではほとんど負けなかった。俺は初心者でしたけど、デカくて、足も速かったから、FWとしてゴール前に立っていたら1試合で10点くらい取れちゃうような感じでした。小学生の頃は、どんなスポーツをやっても結構できていたし、運動神経は悪くなかったと思います。

 現在の本職であるセンターバックにコンバートされたのは、小学6年の時。県予選が終わって全国大会に出る前でした。理由ですか? 「5年生に双子のすごいヤツがいる」とチームで話題になって、その双子がMFとFWだったんです。それで「お前、どうする?」と監督に聞かれて「FWで出られなくなりますね」と答えたら、「お前は下手くそだから、守っておけ」って(笑)。「ボールが来たら、思い切り外へ蹴れ!」みたいな感じて言われたんです。当時はセンターバックをやったこともなかったから、最初は本当に来たボールを思い切り外へ蹴り出していました。

 ある時、4面くらい作れるコートで大会があったんですけど、俺がクリアしたボールが一番端のコートまで横断しちゃって。小学生にしてはキック力がすごくあったんですよ。小学生の試合にはボールボーイなんていないじゃないですか。だから、めちゃくちゃ強い相手に1-0で勝っている時とかは「とにかく思い切り外へ蹴り出せ!」って指示がめっちゃあって(苦笑)。当時、試合は15分ハーフだったんですけど、ボールが外に出て、戻ってくるまでに時間が掛かるから、それだけで結構時間が稼げた。予選を突破するために、「このチームには負けられない」という試合では、攻撃せずに俺のところにボールが集まってきましたからね。で、どんどんボールを外に蹴り出すことを繰り返していたら、プレー時間が5分くらい、なんて試合もありました(笑)。

 そこからポジションはずっとセンターバックです。あっ、一度プロになって、あの加地(亮氏/FC東京時代のチームメート)から右サイドバックのポジションを奪ったなんてこともありましたけどね(笑)。

写真=安田健示 幼少期について笑顔で振り返る茂庭。サッカーを始めた当初は、初心者ながらFWとしてゴールを量産していたという

#02
ベルマーレ育成組織で充実の6年間を送るも
充実度「100」の直後に待ち受けていた失意

写真=Jリーグ アカデミー時代を過ごしたベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でメキメキと力をつけ、高校3年生にしてプロデビュー。年代別代表にも名を連ねた

 中学からはベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)のジュニアユースに入りました。小学生時にプレーしていたチームが神奈川県でもダントツに強いチームだったので、何人もの選手がJクラブのアカデミーや強豪校に進む中、俺にもチャンスが来て。「お前、どうする?」と聞かれて、当時はJリーグができて間もなくて、俺自身も憧れがあったから「練習参加したいです!」と伝えたことが始まりでした。ただ、ベルマーレのジュニアユースに入った当初は、正直プロになることは全く考えていなかったんです。小学生の時も県選抜や関東選抜とは無縁だったし、自分がどれほどの実力かも分からないような感じでしたからね。

 「入れるなら、行きます」みたいな感じで加入したベルマーレでしたが……そこからは充実の6年間でした。ジュニアユースでも、ユースでも、仲間や指導者に恵まれて、チームとしても、個人としてもどんどんうまくなっていく実感がありましたから。サッカーに関しては、ほぼいい思い出しかありません。当時のベルマーレは、とにかく自由奔放なチーム。ロン毛のサーファーみたいなヤツも多かったですよ(笑)。メッシュを入れているヤツもいて、練習の時だけ(髪が)黒くなるスプレーをかけて、練習が終わってシャワーを浴びて、帽子を被って帰るような感じでした(笑)。本当に毎日がめちゃくちゃ楽しくて、グラフもどんどん右肩上がりになっていった6年間でしたね。

 俺自身もメキメキ上達して、高校1年の春には高校3年の試合に出るようになり、その頃から自分の中で「プロに行けるぞ」と思い始めました。高校1年の夏あたりからは、当時サテライトと言われていたトップチーム(の2軍)で練習していましたしね。俺以外にもそういう選手が何人かいて、U-21という括りのチームも作られ、練習時間も俺たち高校に合わせて18時半から始まることもありました。

 そして高校3年の時、17歳でトップチームデビューを果たしました。当時の思い出と言えば、俺が高校3年になる前、ペルージャに移籍する前のヒデさん(中田英寿氏)と2人組で練習したこと。5~10メートル離れた位置でインサイドパスを交換する練習だったんですけど、ヒデさんのパススピードが速過ぎて、誰も止められなくて。他の選手たちはヒデさんと組みたがらなかったんですよ(苦笑)。当時のヒデさんは平塚を飛び越えて世界しか見ていなかったから。「じゃあ、誰が組むか」となると、一番下っ端の俺しかいなかった(笑)。その後、日本代表で再会することになったんですけど、当時、高校生の俺とパス交換をしていたことなんて、たぶんヒデさんは覚えていないでしょうね。

 その後、初めてキャリアグラフがMAXの「100」になったのは、プロ2年目の2001年。ワールドユース(現U-20ワールドカップ)のU-20日本代表に選ばれた時です。ただ、試合3日前にケガをしてしまい、帰国を余儀なくされました。アルゼンチンから日本に着いてMRIを撮り、「肉離れ」と言われた時にはさらに気持ちがガクッと落ちて……グラフも「100」から一気に「-100」まで下がりました(苦笑)。そんな失意の帰国でしたが、ちょっとした裏話があって。当時の俺は金髪。予定の便をキャンセルしての緊急帰国で、なおかつ金髪のスーツ姿……。「こんな格好で急遽帰るんだから、コイツは何かやったのかもしれない」と空港職員の方に思われてしまったらしく、経由地のフランクフルト空港では筋骨隆々の警官とシェパードに待ち構えられたり、荷物も全部ひっくり返されたり、本当に散々な目に遭いました(苦笑)。

写真=Jリーグ アカデミー時代を過ごしたベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でメキメキと力をつけ、高校3年生にしてプロデビュー。年代別代表にも名を連ねた

#03
怖いモノなしの「絶頂期」
今明かされる“長居の悲劇”の裏話

 一度は「-100」に落ち込んだキャリアグラフですが、また徐々に上向いていきます。ケガも完治し、02年にFC東京へ期限付き移籍。完全移籍した03年には日本代表にも選んでもらって、自信もつきました。そんな右肩上がりの中で迎えた2度目の「100」は、2004年のアテネ・オリンピックの時です。この頃はクラブで練習していてもすごく楽しかったというか、「何でもできる!」という気持ちで、怖いモノなしでした。

 FC東京でスタメンをつかみ、アテネ五輪のアジア予選も突破して、意気揚々と本大会に臨んだんですが……組み分けられたグループが悪過ぎました(苦笑)。最終的に銀メダルのパラグアイと、銅メダルのイタリア。その2チームにグループリーグで1勝1分だったガーナですからね。本当に強豪揃いでした。

 でも、そんなガーナを相手に俺たちはグループリーグ最終戦で勝ったんです。結果的には銅メダルに輝いたイタリアですが、日本がガーナに勝たないと決勝トーナメントには進めない状況だったので、諦めて帰国の荷造りをしていたみたいですよ。「日本じゃ(ガーナに勝つのは)無理だろ」って(笑)。でも、そこで日本が勝って決勝トーナメントに行けたもんだから、一気にテンションが上がって3位にまで勝ち進めたんじゃないかなって思います(笑)。そのイタリアには、アルベルト・ジラルディーノをはじめ“バケモノ”が何人かいました。俺のキャリアの中でも一番インパクトが強い選手たちです。

 そんなアテネ五輪の後、クラブではナビスコカップ(現ルヴァンカップ)で優勝しました。まさにサッカー人生の絶頂期ですね。FC東京としても初優勝だったので、すごくうれしかったことを覚えています。

写真左=アフロ 写真右=Jリーグ 自ら「絶頂期」と振り返るのは2004年。アテネ五輪で日本代表の主力として奮闘し、クラブではナビスコカップ(現ルヴァンカップ)を制してFC東京に初タイトルをもたらした

 その翌年の“長居の悲劇”のことも、もちろん覚えています(※茂庭はFC東京の一員としてフル出場)。確か(1-1で迎えた)前半にセレッソがPKを外したんですよね。誰でしたっけ? あっ、ゼ・カルロスだ。当時の監督(小林伸二氏)がミーティングで「ザ・カルロス」って言っていたんですよね。この試合の話になると、いつもその話題になるんですけど、何回聞いても面白い(笑)。でも、もしもあのPKが入っていたら(セレッソの歴史は)本当に変わっていたかもしれない。実はあの時、俺はゼ・カルロスの足をちょっと触ったんですよ。というのも当時、俺がキッカーの足を触ると、かなりの確率でPKを外してくれていたので(笑)。だから、セレッソの初優勝を阻んだのは、もしかしたら俺かもしれません(苦笑)。

 でも、あの試合ですごく印象的だったのは、前半と後半でセレッソの空気が違ったことです。前半に対戦していて感じたのは「チャンピオンになるチームだ」ということ。意気込みや勢いがすごくて、本当に手がつけられなかった。森島(寛晃)さんもそうですけど、とにかく西澤(明訓)さんがすごくて、ファウルでも止められないくらいでした。だから前半は「これは今日、何点入れられるか分からないぞ」と思っていたんです。でも、後半になると雰囲気が変わってきて、硬さや判断の遅さが見られるようになり……。その時は分からなかったけど、今思えば、それが“勝てば優勝”という独特の状況で生まれるプレッシャーだったんでしょうね。

shop image

取材協力店
Trattoria Pappa(トラットリア パッパ)

住所:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町2-3-9
電話:06-6536-4188
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00(L.O)
定休日:日曜・第3月曜
HP:http://www.pappa.jp/